ライトコインを購入したいけど、どうやって買えばいいのかわからない...

そのように悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

確かに、そもそもどの取引所がライトコインを扱っているのか、どの取引所がおすすめなのか分からないですよね。

この記事では、ライトコインの購入におすすめな取引所の紹介から、各取引所でのライトコインを購入する手順、そしておすすめのウォレットまで解説していきます!

読み終わったあなたは、すぐにライトコインを購入できるようになっているはずです!

ライトコイン買うならココ!

おすすめの取引所ランキングへ!

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは

ライトコインの特徴をおさらい

ライトコインの特徴

  • ビットコインの次に古い暗号資産(仮想通貨)!
  • 送金遅延問題を改善している!
  • 送金速度がビットコインより速い!

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは、ビットコインを補助する目的で作られた暗号資産(仮想通貨)です!

ビットコインと特徴が似ていて「ビットコインが金ならライトコインは銀」と開発者は自称しています。

Segwitというシステムを実装したことで、送金時間が遅くなってしまうスケーラビリティ問題を改善しています。

さらに、高速送金を可能にするライトニングネットワークの導入も目指しているのもライトコインの特徴です。

ビットコインの下位互換だと批判されることもありますが、ライトコインは非常に将来性が高い暗号資産(仮想通貨)です!

Segwitについてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

Segwitとは、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。実は、これは暗号資産(仮想通貨)の抱える問題を解決する策の1つなんです!この記事では、Segwitの仕組みやメリット・デメリットをイラストも交えて解説します!
 

ライトニングネットワークについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ライトニングネットワークとは?ビットコインにsegwitが導入されたことで最近話題になっているライトニングネットワークですが、決済が早い!って情報しか知らない人も多いですよね。詳しい仕組みや問題点はないのか解説します!!!
 

ライトコインの購入をおすすめする理由

ライトコインは将来性が高い

「ライトコインは絶対に値上がりする!」というわけではありませんが、ライトコインには確かな将来性があります!

ここでは、ライトコインの購入をおすすめする理由を2つ紹介します!

ライトコインの購入をおすすめする2つの理由

  • 決済サービスが好調!
  • 高速送金に向いている!

決済サービスLitePal(ライトパル)が好調!

2018年に「LitePal」というライトコインを用いた決済システムがリリースされました。

ライトコインは、時価総額だとビットコインにはまだまだかないませんが、現実で決済に使われようとしてるごくわずかな暗号資産(仮想通貨)のうちの一つです。

今後「LitePal」が普及すればライトコインを使う人も増え、ライトコインの価値も上昇するのではないかと予想されています!

高速送金に向いている!

ライトコインは高速送金に向いています!

その理由は、ライトコインのブロック生成速度がビットコインの4倍だからです!

ビットコインのブロック生成速度は約10分ですが、ライトコインはわずか2.5分しかかかりません!

今後、ビットコインが普及したときに「ビットコインをもっと早く送金したいのに、遅い...」という状況になる可能性があります。

その時に、ビットコインの代わりにライトコインで送金するようになれば、ライトコインの価値は上昇すると考えられます!

ライトコインの特徴や将来性をもっと詳しく知りたい方はこちら!

ライトコインは、日本ではそこまで人気の高い通貨ではないですが、実はアメリカでは結構人気な通貨なんです。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるその所以は?この記事でその全てを理解できること間違い無し!
 

ライトコイン購入におすすめの取引所3選

おすすめの取引所ランキングを発表

ライトコインの特徴や将来性についてしっかりと把握していただけましたか?

ライトコインを購入するためには、まずはライトコインを扱っている取引所に口座開設しておく必要があります。

ライトコインの購入におすすめな取引所をランキング形式で3つ紹介します!

ライトコイン購入に
おすすめな取引所BEST3

  • 第1位:Coincheck
  • 第2位:GMOコイン
  • 第3位:bitFlyer

第1位|Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)は2014年に誕生した暗号資産(仮想通貨)取引所です。

金融界大手のマネックスが運営しているため、国内トップクラスの信頼性・セキュリティを兼ね備えているのが大きな特徴です!

ライトコインは販売所での取り扱いなので、直感的な操作でストレスなく取引ができるでしょう。

さらにライトコインの取引手数料も無料となっています!

「ライトコインってどこで買うのが一番いいんだろう....」と迷っている方はCoincheckを使えばまず間違いないと思います!

ライトコイン買うならココ!

まずは無料口座開設!
Coincheck公式サイトへ

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
 

第2位|GMOコイン

GMOコイン ロゴ

ライトコインを購入する取引所として、GMOコインも適しています!

東証一部のGMOインターネットの傘下企業であるため、セキュリティがとにかく強いと話題です。

GMOコインでは現物l取引だけでなくライトコインのレバレッジ取引もすることが可能です!

倍率は最大4倍なので、レバレッジ取引に慣れていない初心者でも低リスクで取引できると思います!

まずは無料口座開設!
GMOコイン公式サイトへ

GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に参考にしてください。
 

第3位|bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーロゴ

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内初の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

国内初の補償制度があることで知られており、資産の盗難にあってしまっても最大500万円まで補償してくれます。(条件あり)

ライトコインは販売所での取り扱いなので、初心者の方でもストレスなく売買ができるはずです!

まずは無料口座開設!
bitFlyer公式サイトへ

bitflyer(ビットフライヤー)とは2014年1月に設立された日本初の暗号資産(仮想通貨)取引所です!この記事では、bitflyerの評判やメリット・デメリットについて分かりやすく紹介します!
 

Coincheck(コインチェック)でのライトコインの購入方法

コインチェック

ライトコイン買うならココ!

Coincheckの
登録がまだの方はこちらから!

Coincheckでライトコインを購入する手順

  • STEP1:日本円を入金する
  • STEP2:ライトコインを注文する

STEP1:日本円を入金する

1.ホーム画面の左側にある「日本円を入金する」をクリックすると、このような画面になります。

2.入金方法は銀行振込・コンビニ入金・クイック入金の3つの中から選択します。

3.自分のIDが正しく表示されているか確認したら、指定された口座に日本円を入金します。

これで入金は完了です。

より詳しい入金方法はこちらの記事をご覧ください。

コインチェックの入金の仕方がわからないそこのあなた!コインパートナーが入金の選択肢をお教えします!銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ振り込み・クイック入金のそれぞれの特徴とおすすめの方法を紹介しています。
 

ライトコインを注文する

日本円を入金したら、さっそくライトコインを購入しましょう!

Coincheck ライトコイン購入画面

1.ホーム画面左のメニューから「コイン購入」をクリックします。

2.上のような購入画面になったら、ライトコイン(LTC)をクリックし、数量を選択します。

3.購入内容を確認したら、「購入する」をクリックします。

これでライトコインの購入は完了です!

ライトコイン買うならココ!

まずは無料口座開設!
Coincheck公式サイトへ

Coincheckの使い方をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(coincheck)の使い方を解説します!入出金や現物取引の仕方に加え、初心者でも使いやすいと評判のアプリの使い方も詳しく説明していきます。この機会にコインチェックの使い方を習得しましょう!
 

GMOコインでのライトコインの購入方法

GMOコイン ロゴ

GMOコインの登録がまだの方はこちら!

GMOコインでライトコインを購入する手順

  • STEP1:日本円を入金する
  • STEP2:ライトコインを注文する

GMOコインに日本円を入金する

GMOコインに日本円を入金する場合は上図左の出入金の「日本円」の箇所をクリックします。

すると上図のように、入金する銀行が表示されるので振り込む銀行を決定します。

今回は住信SBIネット銀行を例に説明します。

住信SBIネット銀行の箇所をクリックすると、上図のように入金額を入力する箇所があるため入金金額を入力します。

入金開始を押すとその銀行のホームページに発リンクされるので、あとはいつも通り入金すれば入金が完了します。

GMOコインでライトコインを購入する

販売所でライトコインを購入する場合は、まず①にある販売所の箇所をクリックします。

次に購入する通貨を選んで、ライトコインである②の箇所をクリックします。

GMOコインでは購入する日本円分コインを購入する方法と、コインの購入量を指定して購入する方法があります。

④で数量を決定し、⑤の箇所をクリックして、購入しましょう。

GMOコインでライトコインを購入する

GMOコインの使い方を画像付きでわかりやすく教えます。登録・入出金方法から現物取引・暗号資産FXのやり方、アプリ「ビットレ君」の使い方まで徹底解説!この記事を読んで、人気取引所・GMOコインをバッチリ使いこなせるようになりましょう!
 

bitFlyer(ビットフライヤー)でのライトコインの購入方法

ビットフライヤーロゴ

bitFlyerの登録がまだの方はこちら!

bitFlyerでライトコインを購入する手順

  • STEP1:日本円を入金する
  • STEP2:ライトコインを注文する

日本円を入金する

振込先口座を選ぶ

1.まずはホーム画面左にある「入出金」をクリックし、次の画面で「日本円」を選択します。

2.振込に利用する銀行を選択します。
(bitFlyerではSBIネット銀行を利用すると手数料がかかりません)

3.支店口座番号が表示されるので、その口座に日本円を入金します。

これで日本円の入金は完了です。

より詳しい入金方法を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

日本一の暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤーでの入金法を教えます!暗号資産(仮想通貨)の取引を始めるには入金が不可欠!やり方はもちろん、どの入金法をどういう時に利用すべきかがわかります。最も安い方法でお得に取引をしましょう!!
 

ライトコインを注文する

bitFlyer ライトコイン購入画面

1.メニュー画面の「アルトコイン販売所」を選択します。

2.購入する銘柄を選択します。今回はライトコインをクリックします。

3.購入する数量を選択し、内容を確認したら「コインを買う」をクリックします。

これでライトコインの購入は完了です。

bitFlyerでライトコインを購入する!

bitFlyerの使い方をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

ビットフライヤーの使い方が分からない!ビットコインや他の暗号資産(仮想通貨)を買ってみたいけど手続きがめんどくさそうと思っている人は多いですよね。ここでは1から順番に丁寧に説明して行くので暗号資産(仮想通貨)初心者は必見です!
 

購入したライトコインを保管!おすすめウォレット2選!

ライトコインを安全に保管しよう

購入した暗号資産(仮想通貨)を取引所に放置するのはセキュリティ的にあまりよくありません。

そこで暗号資産(仮想通貨)を保管するための専用アイテム「ウォレット」を使ってみましょう。

ウォレットは暗号資産(仮想通貨)を安全に管理するために、非常に高いセキュリティ技術が施されています。

ライトコインのおすすめウォレット2選

  • Ledger Nano S(レジャーナノエス)
  • Trezor(トレザー)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger Nano S多くのトレーダーから圧倒的な信頼を集めるハードウェアウォレットです。

インターネットに接続していないコールドウォレットであるため、ハッキングによる資産の盗難などのリスクが圧倒的に低いです。

価格は15,000円程度とやや高めですが、巨額の暗号資産(仮想通貨)を失ってしまうリスクを考えれば値段以上の価値があると言えます。

Ledger Nano Sは対応する通貨も多く、ライトコインの他にリップルも保管できる点で他のハードウォレットとは一線を画しています。

Ledger Nano Sの公式サイトへ

Ledger Nano Sを購入してみる!

Ledger Nano Sの購入方法についてはこちらの記事をご覧ください。

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します

 

Trezor(トレザー)

TrezorLedger Nano Sと並んで人気を集めるハードウェアウォレットです。

安全性や使いやすさなどは申し分ないのですが、値段がほぼ同じにも関わらずLedger Nano Sに比べて対応通貨が少ない点、特にリップルが保有できない点でやや劣ると言えます。

ですがライトコインはもちろん他の主要通貨(BTC, BCH, MONA, NEM等)にもしっかりと対応しています。

Ledger Nano SとTrezorのどちらを選ぶかは、完全に個人の好みの問題です!

どちらか一つを持っていれば十分だと思います。

Trezorの公式サイトへ

Trezorを購入してみる!

Torezorについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

Trezor(トレザー)はあなたの大事な暗号資産(仮想通貨)を守ります。この記事では、Trezorについて機能や・メリット・デメリットをはじめ、コインパートナーのトレーダーの分析・総合評価、購入方法から使い方まで徹底的に解説します。

 

ライトコイン(Litecon/LTC)の購入方法 まとめ

ライトコインの購入方法 まとめ

  • ライトコインは将来性が非常に高い。
  • ライトコインの購入ならCoincheckがおすすめ。
  • 安全に保管するならウォレットを使うと良い。

今回はライトコインの購入方法についてまとめました。

ライトコインは今後、決済に使われていく可能性が高く、今のうちに購入しておきたい暗号資産(仮想通貨)です!

まずはCoincheckに口座開設をして、ライトコインを購入してみてください!

ライトコインを購入するなら!

まずは無料口座開設!
Coincheck公式サイトへ