ライトコインを買いたいけど、どの取引所で買えばいいかわからない・・・

と考えている方も多いと思います。

ライトコイン(Litecoin/LTC)はビットコインを支える役割を持っている、将来性の高い暗号資産(仮想通貨)です。

この記事ではコインパートナーが、ライトコインを購入するのにおすすめな取引所をランキング形式で紹介してきます!

これを読めばライトコインをどの取引所で購入するか決められるはずです。

 

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?

ライトコインとは、アルトコインの中で時価総額第5位を占める暗号資産(仮想通貨)(アルトコイン)の一種です。

"ビットコインを金とするならば、ライトコインは銀を目指す"という目的のもと、Google出身で大手取引所Coinbaseの重役として勤めてもいたチャーリー・リー氏を筆頭として開発されました。

そのコンセプトに対応するように、ビットコイン(2100万枚)より発行枚数はやや多く(8400万枚)なっており、ビットコインの問題点である送金スピードなどは改善されたコインとなっています。

それでは、ライトコインを購入するのにおすすめの取引所をランキング形式で発表していきます!

ライトコインは、日本ではそこまで人気の高い通貨ではないですが、実はアメリカでは結構人気な通貨なんです。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるその所以は?この記事でその全てを理解できること間違い無し!
 

第1位:Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheckは初心者に大人気の取引所

  • スマホアプリのDL数が国内最多!
  • 初心者でも使いやすいシンプルな設計!
  • 豊富なアルトコインを取引可能!

メリット

Coincheck(コインチェック)は東証一部上場のマネックスグループが運営する取引所です。

他の取引所と比べても信頼性がとても高く、200万人以上のユーザーを抱える圧倒的な人気を誇っています。

販売所でライトコインを購入することができ、アプリを使えばスマホ一台で取引をすることができます。

ライトコインを購入するならCoincheckを利用すれば、まず間違いないありません!

Coincheck公式サイトへ

ライトコインを買うなら!

Coincheckでライトコインを購入する!

デメリット

Coincheckではライトコインのレバレッジ取引をすることができません。

そのため、ライトコインの価格が高騰しても大きな利益を出すことが難しいです。

また、販売所形式のみの取り扱いのため、スプレッドが多くかかってしまうのがデメリットと言えます。

Coincheckの評価まとめ表

ポイント 評価
手数料 無料
取り扱い通貨 BTC,ETH,ETC,XRP
LTC,LSK,FCT,BCH
MONA,XEM,XLM
使いやすさ ★★★★★
信頼性 ★★★★★
おすすめの人 初心者の方

Coincheckの公式サイトへ

ライトコイン買うなら!

Coincheckでライトコインを購入する!

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
 

第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーロゴ

bitFlyerは取引量が世界レベルの取引所

  • 運営会社の信頼性が抜群!
  • 多くの大企業が株主!
  • スマホアプリが使いやすい!

メリット

bitFlyer(ビットフライヤー)は三井住友銀行やみずほキャンピタルなど多くの大企業を株主に持つ取引所です。

その信頼性の高さ操作画面の見やすさから第2位となっています。

スマホアプリがあるので手軽にライトコインの取引ができるのも魅力であり、操作画面も見やすいと好評です。

ライトコインは販売所での取り扱いとなっており、難しい操作なしに簡単にライトコインを購入することができます。

bitFlyerの公式サイトへ

bitFlyerでライトコインを購入する!

デメリット

ライトコインは取引所形式に対応しておらず、販売所形式での取引となるため、スプレッドがかかってしまいます。

また、bitFlyerではライトコインのレバレッジ取引に対応していません

そのため、ライトコインを取引してより大きな利益を得たいという方には少々不向きかもしれません。

bitFlyerの評価まとめ表

ポイント 評価
手数料 無料
取り扱い通貨 BTC,XRP,ETH,ETC
LTC,BCH,MONA,LSK
使いやすさ ★★★★★
信頼性 ★★★★
おすすめの人 使いやすさを特に意識する方

bitFlyerの公式サイトへ

bitFlyerでライトコインを購入する!

bitflyer(ビットフライヤー)とは2014年1月に設立された日本初の暗号資産(仮想通貨)取引所です!この記事では、bitflyerの評判やメリット・デメリットについて分かりやすく紹介します!
 

第3位:GMOコイン

GMOコインはレバレッジ取引に特化した取引所

  • 東証一部の上場企業が運営!
  • 取引所形式でライトコインを取引可能!
  • ライトコインのレバレッジ取引が可能!

メリット

GMOコインは東証一部上場企業であるGMOグループが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

ライトコインは販売所だけでなく取引所でも購入できるため、安くライトコイン取引ができるのが大きな魅力です。

国内の取引所では数少ないライトコインのレバレッジ取引をすることも可能です。

資本金は数億程度(取引所の中では標準の類)ですが、背景にGMOグループがついている絶大な安心感があります。

GMOコインの公式サイトへ

GMOコインでライトコインを購入する!

デメリット

GMOコインでのレバレッジ取引にはロスカットがあります。

ロスカットはユーザーの損失を抑えるための仕組みですが、暗号資産(仮想通貨)の相場は一時的に下落してもすぐに上昇することが珍しくありません。

取引所によって強制的に決済されてしまうと、時には利益を上げるチャンスを逃してしまう可能性もあります。

GMOコインの評価まとめ

ポイント 評価
手数料 無料
取り扱い通貨 BTC,ETH,BCH,LTC
XRP,XEM,XLM
使いやすさ ★★★★
信頼性 ★★★★★
おすすめの人 ライトコインのレバレッジ取引をしたい方

GMOコインの公式サイトへ

GMOコインでライトコインを購入する!

GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!東証一部上場企業が運営する国内最大級の取引所の実態はどうなのか。手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に一読下さい。
 

ライトコイン取引所の手数料を比較

  入金手数料 取引手数料
(スプレッド)
ライトコイン
送金手数料
Coincheck 無料
(銀行振込)
296円
(販売所)
0.001LTC
bitFlyer 無料
(SBIネット銀行)
320円
(販売所)
0.001LTC
GMOコイン 無料 45円
(取引所)
無料

入金手数料とライトコイン送金手数料にそこまでの差はありません。

しかし、取引所での購入が可能であるGMOコインではスプレッドがかなり狭くなっています。

安さを重視してライトコインを購入するならGMOコインを選ぶのが良いと思います。

ライトコインの取引所を選ぶ基準5選!

ライトコインを購入する取引所を選ぶ上で、重要なポイントを5つ紹介します。

実際に私たちもこのポイントを総合的に分析して、先ほどのランキングを作成しました!

取引所選びで考慮すべきこと

  • 手数料
  • サーバーの強さ
  • 取引所の信頼度
  • 使いやすさ
  • 取り扱い通貨数

①手数料

一口に手数料といっても、大きく分けるとなんと5種類もあります。

ここで紹介すると長くなってしまうので、以下のようにまとめました。

気になるところをクリックして詳しく読んでみてください。
(星の数は重要度を表しています)

取引所の手数料まとめ

取引手数料とは、暗号資産(仮想通貨)を売買する際に取られる手数料のことです。売買手数料ともいいます。

例えば取引手数料が0.1%だった場合、ライトコインを10万円分買うと100円の手数料がかかります。これは、取引所でのみ発生します。

入金手数料出金手数料をまとめて入出金手数料といいます。

入金手数料とは入場料のようなもので、日本円を取引所の口座に入金する際にかかる手数料のことです。
取引所としてはなるべく多くの人に取引を行ってほしいので入金手数料は無料であるところがほとんどです。

反対に出金手数料とは退場料のようなもので、取引所の自分の口座の日本円残高を日本円として引き出す際にかかる手数料です。
取引所としてはなるべく取引所内に多くのお金を残しておいてもらうために出金手数料は高めに設定していることが多いです。(500円程度)

頻繁に出金していると手数料が多くかかってしまうので、出金する際は一度にまとめて行うことを心掛けましょう。

送金手数料とは、取引所の自分の口座から他の口座・ウォレットに暗号資産(仮想通貨)を送る際にかかる手数料です。
暗号資産(仮想通貨)版「出金手数料」とも言えます。

これは取引所に支払われるわけではなく、取引を承認するマイナーに支払われるもの(送金手数料は別名マイナー手数料)であるため、送金手数料は自分で決めることができます。
しかし、マイナーもある程度自分がどの送金を承認するか選べるため、あまりに手数料を低く設定するといつまで経っても実行されない可能性があります。
そのため多くの取引所では送金手数料の最低額を設定したり定額にしています。

ですから送金は頻繁には行わず、まとめてするようにしましょう!

レバレッジ手数料とは、自分のお金を担保に実際に持っているお金以上の額の仮想取引を行うレバレッジ取引にかかる手数料です。

イーサリアムやリップルをはじめとするビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)をアルトコインと呼びますが、アルトコインのレバレッジ取引ができる販売所・取引所はとても少ないです。

レバレッジ取引は一攫千金を狙いやすい一方で、大きな損失を出してしまうリスクも大きいため、コインパートナーとしては取引初心者にはおすすめしません。

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!
 
「取引手数料」の販売所バージョンとも言えるのがスプレッドです。

これは店側が提示する価格が実際の値段より高い、あるいは店側が買い取る価格が実際の値段より安いことを指します。

例えば、ライトコインの実際の価格が15,000円だった時に 店側が15,500円で売っている、あるいは14,500円で買い取りをしているとしましょう。

この瞬間に一瞬で1ライトコインを買って売ったとすると、1000円損してしまいますよね。

この1000円分がスプレッドで全て販売所の利益になります。

小さければ小さいほど私たちにとってはありがたいですよね。

暗号資産(仮想通貨)のスプレッドとは、買値と売値の差のことです。この差が広ければ、広いほど取引で損をすることになります! スプレッドは暗号資産(仮想通貨)販売所で大きく発生する傾向にあります。スプレッドの狭いお得な取引所を紹介します!
 

星の数からもわかるように、この中で最も重要なのが「取引手数料」と「スプレッドです。

暗号資産(仮想通貨)を購入・売却するたびにかかってしまうからです。

これらの手数料が安い取引所を選ぶことで、費用を最小限に抑えながら取引をすることが可能になります。

②サーバーの強さ

「サーバーの強さ」とは、アクセスが集中した時などに、その取引所がしっかりサービスを続けられるか、ということです。

具体的な例を挙げてみましょう。

2018年2月にbitFlyerが暗号資産(仮想通貨)リスクを取り扱うことをアナウンスした際、bitFlyerでリスクを買おうとアクセスが集中し、あっという間にサーバーがダウンしてしまいました。

しばらくbitFlyerは動かなくなり、その間にリスクは反発を始め、サーバーが復旧する頃にはもう変動は落ち着いていました。

このように、サーバーの強さは取引に大きく影響するので、十分な判断要素となるでしょう。

国内でサーバーの強い取引所としてはCoincheck(コインチェック)が有名です。

Coincheckの公式サイトへ

この記事では、実際トレードしている人たちの口コミや評判をもとにサーバーの強さをランキング形式で解説しています。サーバーの強度は大事な局面で取引ができない!というような事態を回避するために、この記事を読んでサーバーの強い取引所を選びましょう!
 

③取引所の信頼度

取引所の信頼度もとても重要な尺度です。
これは運営会社の倒産などで自分の資産が損失するリスクをどれだけ小さくするか、という話です。

例えばその会社の社長は誰でどんな経歴なのか資本金はどれくらいか他にはどんな事業をしているのか、などからその運営会社の規模を推し量ることができます。

また、その会社は暗号資産(仮想通貨)をどのように保管しているのか(ホットウォレットかコールドウォレットかなど)、その取引所での暗号資産(仮想通貨)の取引量はどれくらいか、なども重要な判断材料となります。

実際に、取引所の管理体制が原因で暗号資産(仮想通貨)が盗まれてしまうハッキング事件が今までに何件も起きていますから、運営会社については十分な情報収集をしておきましょう。

ライトコイン取引所ランキングで2位だったbitFlyer(ビットフライヤー)は運営会社の信頼性もトップクラスです。

bitFlyerの公式サイトへ

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
 

④使いやすさ

画面上の見やすさもとても重要な点です(この「画面の見やすさ」のことをUI(ユーザーインターフェース)と呼びます)。

画面の見やすさってそんなに重要なの?」と思ってる人もいるかもしれません。

しかし、このUIの見やすさは頻繁にトレードをする際に「あ、間違えて〇〇円で注文出しちゃった!」といったうっかりミスを潜在的に防いでくれます。ですから侮ってはいけません。

Coincheck(コインチェック)のスマホアプリは初心者でも使いこなせると好評で、260万DLを突破し国内No.1の人気を誇っています。

Coincheckの公式サイトへ

Coincheck(コインチェック)のアプリで暗号資産(仮想通貨)の取引は簡単にできます。この記事では、Coincheckのアプリの使い方をお教えします。これを読めば、アプリの始め方や暗号資産(仮想通貨)の購入方法、便利な機能の使い方まで全てわかります。
 

⑤取り扱い通貨数

取り扱い通貨数が多いことは単純に、儲けを出す選択肢が多くなるという点で重要です。

取引所に多くの暗号資産(仮想通貨)があればあるほど、様々な購入の選択肢がありますし、取引をしていて楽しく思えます。

特に海外の取引所では、一攫千金の可能性を秘めた「草コイン」を多く取り扱っている取引所も存在しますので、将来性のある暗号資産(仮想通貨)を取り扱っていることも重要なポイントです。

海外取引所のBinance(バイナンス)取り扱い通貨が100種類以上もある人気の取引所です。

Binanceの公式サイトへ

バイナンス(Binance)は初めて海外取引所を使うという人に最も適した取引所です。手数料が安く取扱通貨数が100を超える豊富さで、さらに本人認証なしで本格的に取引をできるからです。レバレッジ125倍の先物取引も開始。そんなバイナンスをコインパートナーが詳しく解説!
 

ライトコイン取引所 まとめ

ライトコイン取引所まとめ

  • 総合的なおすすめはCoincheck
  • 信頼性重視ならbitFlyer
  • 安さ重視ならGMOコイン

 今回は、ライトコインの購入におすすめの取引所や、取引所を選ぶ判断基準を紹介してきました。

ライトコインは数ある暗号資産(仮想通貨)の中でも将来性が非常に高い通貨の一つです。

ぜひ、今のうちにCoincheck(コインチェック)を利用してライトコインを購入してみてください!

ライトコインを購入するなら!

Coincheckでライトコインを購入する!