流行りの仮想通貨・ビットコインの始め方が知りたいけど、どうすればいいか分からない…

たしかにビットコインって難しそうで、最初はよくわかりませんよね。

そこで仮想通貨について知り尽くしたコインパートナーが、ビットコインの始め方をわかりやすく解説します。

また、ビットコインを始めるにあたって知っておかなければいけないリスクやその対策方法まで教えます!

またビットコイン投資をするときの仮想通貨の安全な保管方法もご紹介します!

この記事を読んで、ビットコイン投資を始めてみましょう!

ビットコインの始め方を
ざっくり説明すると・・・

  1. 取引所を選ぶ
  2. 取引所に登録する
  3. ビットコインを購入する

bitFlyer(ビットフライヤー )

今からビットコインを始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

セキュリティが世界1強固で、ビットコインの取引手数料が無料です!

おすすめ取引所No.1

 
仮想通貨の始め方-基礎編

そもそも仮想通貨・ビットコインとは?

暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上でやりとりされるお金です。

暗号通貨とも呼ばれ、投資だけでなく、実際に使って買い物をすることもできます。

資金決済法によって政府にも価値があるものとして認められていて、決してあやしい物ではありません。

 

暗号資産(仮想通貨)は「仮想通貨取引所」で購入でき、日本だけでも20社ほどの取引所が存在します。

登録は簡単で、インターネットでメールアドレスなどの個人情報と本人確認書類(パスポートの写真など)を提出するだけ。どこの取引所も無料で約5分ほどで終わります。

1000円以下でも購入できる手軽さから、多くの方が暗号資産(仮想通貨)を始めています。

よく「ビットコイン=暗号資産(仮想通貨)」と勘違いされることがありますが、ビットコインは1000種類以上ある暗号資産(仮想通貨)のうちの一つです。

暗号資産(仮想通貨)ブロックチェーン技術などの暗号技術を組み合わせて成立する通貨全体のことを指します。

まずは、この違いを押さえておきましょう!

ビットコインについてもっと知りたい方はこちら↓

​ビットコインとは?世界初の仮想通貨の仕組み・将来性・歴史・購入方法など徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている暗号資産(仮想通貨)です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!
 
仮想通貨の始め方-基礎編

仮想通貨・ビットコインを始める2つのメリット

市場の将来性が高い

世界初の暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは2009年に誕生しました。

生まれてからまだたった10年しか経っていないのです。

ですので、暗号資産(仮想通貨)の市場はまだまだ成熟しておらず、今後さらに伸びる可能性を秘めているんです!

仮想通貨は今後どうなる?価格予想・おすすめ通貨・注目ポイントを詳しく紹介! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)の今後や将来性に不安を覚えていませんか?この記事ではコインパートナーが現在の暗号資産(仮想通貨)市場を分析し、今後の展開や価格を予想します。さらに今後もっともおすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄も紹介します。

小額でも大きな利益が出しやすい

暗号資産(仮想通貨)は、値動きが大きいことで知られています。

たとえば為替FXでは、一日に数パーセント動くと良い方ですが、暗号資産(仮想通貨)は一日に数十パーセント変化することがあります。

元手の資金があまり用意できない方でも、暗号資産(仮想通貨)は大きな利益が狙いやすいと言えます!

 
仮想通貨の始め方-基礎編

仮想通貨・ビットコインを始める3ステップ

ビットコインを始める3ステップ

  • 取引所を選ぶ
  • 取引所に口座開設する
  • 取引所でビットコインを購入する

仮想通貨・ビットコイン投資は上の3ステップで始めることができます!

しかしこれだけではビットコイン投資を始めるには不安があると思いますので、ビットコインの実際の使用方法や安全な保管方法も後半でご紹介します。

 
仮想通貨の始め方-基礎編

初心者にはbitFlyerがおすすめ!

bitFlyer(ビットフライヤー )

bitFlyerの登録はこちら

ビットフライヤーは、2014年に設立された暗号資産(仮想通貨)取引所です。

ビットコインの取引量が国内でNo.1になるほど非常に人気があります!

セキュリティの強さが世界一に輝い事もあるほど安全性が高い為安心して取引もできます。

また、ビットコインの取引手数料も無料です!

「ビットコインを買ってみたいけど、どの取引所がいいか分からない。。。」という方はぜひ使ってみてください!

ビットフライヤーの4つの魅力

  • ビットコイン取引手数料無料
  • スマホでビットコインが取引できる
  • ビッtコイン取引量国内No.1
  • これからビットコインを始めたい人に最適

おすすめ取引所No. 1

bitFlyerについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参照ください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
 
仮想通貨の始め方-基礎編

取引所に口座開設しよう

bitFlyer(ビットフライヤー )

おすすめ取引所No.1

bitFlyerにスムーズに口座開設して頂くために、口座開設の際に必要なものから、実際の手順を画像を使いながら解説していきます。

用意するもの

まずはじめに必ず用意する物を紹介します。

ここで挙げたものを事前に用意しておくと、スムーズに口座開設を完了させることができます。

用意していただくのは、以下の3つです。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • 銀行口座

本人確認書類は、基本的に以下の3点が使えます。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

この中から1つ提出する必要があります。

簡単にCoincheckの口座開設の手順を説明すると以下のようになります。

メールアドレスの登録

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

1.公式サイトを開いたら、画面右上の「新規登録」をタップします。

まずはメールアドレスを入力します。

入力したアドレスに送られてきたメールに添付されているリンクを開いてください。

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

2.次にパスワードを設定します。

3.同意事項はしっかりと確認してからチェックを入れましょう。

STEP2:二段階認証の設定

二段階認証は、手軽に設定できる上にとても強力なセキュリティ対策です。

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

電話番号で認証するやり方と、専用のアプリを使うやり方の2パターンから選べます。
(上の画像では電話番号認証を選んでいます。)

どちらも5分ほどで設定は完了します!

専用のアプリを使うやり方はこちらの記事で解説しています↓

仮想通貨取引所での2段階認証とは?5分でわかる簡単な設定方法とバックアップの取り方! | CoinPartner(コインパートナー)
「暗号資産(仮想通貨)の取引所での2段階認証」なんとなく難しそうですよね?そもそも2段階認証が何かを知らない人もいるんじゃないでしょうか?今回はそんな人のために、2段階認証とはなんなのか、楽な設定の仕方などを東大生がいちばん簡単に紹介します!

STEP3:本人情報の登録

bitFlyer(ビットフライヤー) 本人確認

1.本人情報としては、住所と電話番号が求められます!

STEP4-1:取引目的の確認

bitFlyer(ビットフライヤー) 取引目的の確認

ここではあなたの職業や資産、取引の目的を回答していきます。

年収や資産などは、bitFlyer側があなたが本当に暗号資産(仮想通貨)投資をしても問題ないかをチェックするために使用しています。

bitFlyer(ビットフライヤー) 内部者確認

2.あなたが内部者かどうかを入力します。

内部者とは、bitFlyerが取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の発行者やその関係者かどうか、ということです。

ほとんどの方は該当しないと思いますので「該当しません」を選択します。

STEP4-2:本人確認書類の提出

bitFlyer(ビットフライヤー) 本人確認

1.bitFlyerでは、「クイック本人確認」と「対面での本人確認」の2つの方法で本人確認を行います。

クイック本人確認

本人確認書類とご自身の顔をスマホで撮影し、それをbitFlyerに送るだけで本人確認が完了するのが、このクイック本人確認です!

運転免許証・在留カード・マイナンバーカードの3つのうち一つを撮影します。

それに加え、ご自身の顔の写真と動画を撮影します。

登録した本人情報と本人確認書類の内容が一致すればOKです!

最短で申し込み当日中に本人確認審査が完了します!

bitFlyer(ビットフライヤー) クイック本人確認

対面での本人確認

bitFlyer(ビットフライヤー) 対面での本人確認

この方法は文字通り、対面で本人確認をする方法です。

申し込むと佐川急便の配達員が後日自宅にくるので、その際にあらかじめ指定した本人確認書類を配達員にチェックしてもらいます。

運転免許証・パスポート・マイナンバーカードの3つから選択します。

基本的にどれを選んでも、配達員がやってくるのは申し込みから1〜2日後になります。

STEP5:銀行口座の登録

bitFlyer(ビットフライヤー) 銀行口座の登録

1.メニュー画面の「設定」をタップします。

2.「設定」の一番下に「銀行口座情報を追加する」という項目があります。

3.ここで口座情報を入力しましょう!

STEP6:あとははがきの郵送を待つだけ!!

ビットフライヤー登録完了のはがき

対面での本人確認を選択した場合、bitFlyerからハガキが佐川急便によって運ばれてきます。

およそこの工程が終了して数日で届くと思います。

ハガキが届いたら口座開設は完了です!

 
仮想通貨の始め方-基礎編

仮想通貨・ビットコインを購入しよう

取引所への登録が完了したら次はビットコインを購入しましょう。

ビットコインの購入方法

  • 取引所に日本円を入金する
  • 通貨を選択する
  • 取引量を入力する
  • 購入ボタンをクリックする

取引所に日本円を入金する

bitFlyer(ビットフライヤー) 日本円入金画面

1.スマホアプリから日本の入金をしていきます。

画面下のメニューから「入出金」をタップします。

bitFlyer(ビットフライヤー) 日本円入金画面

2.銀行振込クイック入金のどちらかを選択します。

銀行振込の場合は、指定された口座に振り込むだけでOKです。

クイック入金とは、24時間365日いつでも入金ができるサービスです。

bitFlyer(ビットフライヤー) クイック入金画面

3.クイック入金をタップした場合、インターネットバンキング入金コンビニ入金の2つから選択します。

インターネットバンキング入金なら、手数料がかからない住信SBIネット銀行がオススメです!

コンビニ入金については、セブンイレブンに対応していない点だけ覚えておけば大丈夫でしょう。

住信SBIネット銀行公式サイト

※クイック入金をした場合、7日間は入金額相当の資産の移動が制限されます。

通貨を選択する

bitFlyer(ビットフライヤー)での販売所と取引所での取引方法をそれぞれ解説します。

引き続きアプリ上での説明になります。

販売所でのビットコイン購入方法・買い方

bitFlyer(ビットフライヤー) 販売所画面

1.販売所とは、ユーザーと運営会社が取引をする場所のことです!

アプリのホーム画面から販売所を選択して、取引したい通貨をタップします。

bitFlyer(ビットフライヤー) 販売所画面

2.この画像を見るとわかるように、操作が驚くほど簡単です!

売りか買いかを選択し、注文する金額を入力します。

最後に注文の確定ボタンを押せば完了です!

取引所でのビットコインの購入方法・買い方

bitFlyer(ビットフライヤー) 取引所

1.取引所とは、ユーザー同士が取引をする場所のことです。

対応通貨はビットコインのみです。

bitFlyer(ビットフライヤー) 取引所画面

2.板に他のユーザーが出した注文が並んでいます。
その中から自分で良さそうだと思った条件の注文をタップします。

3.すると、数量取引金額が自動で表示されます。

4.取引したい条件が見つかったら、下の決済ボタンを押して完了です!

これで販売所での暗号資産(仮想通貨)の購入は完了です!

仮想通貨・ビットコインの購入方法・買い方|初心者におすすめの取引所や投資方法を紹介 | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)ブームに乗っかりたいけどビットコインの購入方法がわからない...そんなあなたのためにビットコイン取引に必要な最低限の知識やメリット・デメリットを解説し、入金方法と購入方法を教えます!さっそくビットコインを始めてみよう!

bitFlyerでのビットコインの購入には、取引所と販売所を利用する二通りがあります

取引所と販売所の違いについて知りたい方は、こちらの記事をチェック!↓

仮想通貨販売所は取引所とどう違う?2つの違いを分かりやすく解説! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。

おすすめ取引所No. 1

 
仮想通貨の始め方-ポイント

仮想通貨・ビットコイン投資を始める際の注意点

続いて、初心者がビットコインを始めるにあたり気をつけるべき注意点を説明していきます。

ビットコインを始める際の注意点

  • 少額から始めよう
  • 頻繁な売買はやめよう
  • 基本は現物取引にしよう

少額から始めよう

ビットコイン投資を始めるなら、少額からにしましょう

ビットコインは価格変動が激しいため、得をする場合もあれば損をする場合ももちろんあります。

生活に必要な資金までかけてしまうのは危険ですので、あくまで「全て失っても仕方ない」と思える金額だけ投資するようにしましょう。

「ビットコインって最低いくらから取引できるの?」と思った方はこちら↓

仮想通貨・ビットコインはいくらから?初心者は1000円で少額投資を始めよう! | CoinPartner(コインパートナー)
暗号資産(仮想通貨)投資はいくらから始められるか知っていますか?実は、1000円からでも始めることができます!コインパートナーは、暗号資産(仮想通貨)投資を始める上で損をしないポイントを解説していきます。ぜひ本記事を通して、安全に取引を開始していきませんか?

頻繁な売買はやめよう

ビットコイン投資初心者の方は、頻繁な売買をするのは控えましょう

ビットコインを取引するには手数料がかかるので、売買するたびに手数料が取られていきます

また、短期の売買で利益を上げるには投資の知識を身につけ、毎日チャートを確認する必要があります。

そのため、初心者がいきなりチャレンジするにはハードルが高いでしょう。

まずは中長期的な保有を前提に始めることをおすすめします。

長期保有・ガチホについてはこちら↓

ガチホとは?スラングの意味や仮想通貨のガチホのしかた教えます! | CoinPartner(コインパートナー)
ガチホってどんな意味?ガチホって儲かるらしいけど…リスク高くないの?暗号資産(仮想通貨)界隈で使われるスラングやガチホの注意点の解説はもちろん、「今ビットコインはガチホするべきなの?」などの疑問にまでコインパートナーがお答えします!

基本は現物取引にしよう

ビットコインの投資手法としては現物取引とFXがありますが、基本的には現物取引から始めましょう

FXは証拠金を預け入れることでその数倍までの金額を取引できる手法のことで、現物取引よりもハイリスク・ハイリターンとなります。

初心者があまり投資知識のないままFXをやると、大損をしてしまうリスクが高いです

まずは現物取引で慣れてから、FXを始めるのが良いでしょう。

 
仮想通貨の始め方-ポイント

ビットコインはウォレットで管理しよう

購入したビットコインは、ウォレットで管理することをおすすめします。

ウォレットとは持っている暗号資産(仮想通貨)を預け入れるいわば財布のようなものです。

取引所にお金を入れたままにしておくと、ハッキング被害にあうリスクが高まります。

それを防ぐために、取引所と切り離し自分のウォレットに移して管理をすることは非常に重要です!

ビットコインを管理するウォレットにはいくつか種類があります。ここではその特徴を軽くまとめてみました。

ウォレットの種類 特徴
ウェブウォレット インターネット上で管理
出し入れがしやすい
デスクトップウォレット パソコンのデスクトップ上で管理
出し入れがしやすい
モバイルウォレット スマホのアプリ上で管理
出し入れがしやすい
ハードウェアウォレット USBのような外部デバイス上で管理
セキュリティが高い
ペーパーウォレット 暗号キーを紙面上で管理
セキュリティが高い

以上がウォレットの簡単な説明ですが、コインパートナーにはウォレットについて詳しくまとめてある記事があります。ぜひこちらもご覧ください!

ビットコインのウォレットを徹底比較|おすすめを種類別に紹介! | CoinPartner(コインパートナー)
「ビットコインを運用したいけど、ウォレットってどれを選べばいいんだろう・・・」そんな悩みを解決するため、ビットコインの保管・運用に必要なウォレットをコインパートナーが徹底的に比較・紹介します!
 
仮想通貨の始め方-ポイント

慣れてきた中上級者向け投資方法

中上級者向け投資方法

投資額を大きくしよう

先ほど説明したように投資額が少なければ損する金額は少なくなりますが、得する金額も少なくなってしまいます。
資金に余裕があり取引にも慣れてきたら投資する金額を大きくしましょう

その際に目標金額を定めておくことが大切です。

目標を設定せずになんとなく投資をしていると、中途半端なところで利確を出金してしまう「取り崩し」をしたり、投資がめんどくさくなり中断しまうことがあり効率がとても悪いです。

暗号資産(仮想通貨)投資に慣れたら目標を立て、ゴールに向けて投資金額を増やして行きましょう。

ビットコイン以外の銘柄も購入しよう

ビットコインはもっとも人気の暗号資産(仮想通貨)であるため、暗号資産(仮想通貨)の中では比較的価格の変動が少なく、短期間で大きな利益をあげたい人には少し物足りなくなる可能性があります

またビットコインだけで資産を持っていると、ビットコインが暴落したときに大きなダメージを負うこととなってしまいます。

そのため暗号資産(仮想通貨)投資に慣れてきたら、ビットコイン以外の複数の通貨を購入することおすすめします

ここではビットコイン以外の代表的な暗号資産(仮想通貨)を紹介していきます。

時価総額ランキング2位 イーサリアム(ETH)

イーサリアムのロゴ

イーサリアムはブロックチェーンを利用して、改ざん不可能な電子契約をネット上で行う機能を持つ暗号資産(仮想通貨)です。

イーサリアムのプラットフォームを利用して、自分の暗号資産(仮想通貨)を作り出したりアプリケーションを制作したりできるため人気が高く、暗号資産(仮想通貨)の中で時価総額2位に位置付けています。

イーサリアムについて詳しくはこちらをご覧ください↓

仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴・仕組み・将来性を分かりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー)
イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号資産(仮想通貨)です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの特徴や仕組み・将来性などをコインパートナーが徹底解説します!

数々の銀行と提携が決定 リップル(XRP)

リップルのロゴ

リップルはブロックチェーンを利用しない珍しいタイプの暗号資産(仮想通貨)です。

ブロックチェーンを利用しないリップルの性質が暗号資産(仮想通貨)に対して嫌疑的な銀行との相性が良く、国内ではMUFJ銀行やりそな銀行などの大手銀行、世界ではイングランド銀行やインドネシア銀行などの国立銀行とも提携しています!

リップルについて詳しくはこちらをご覧ください↓

仮想通貨リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・将来性を詳しく解説! | CoinPartner(コインパートナー)
リップルを買ってみたはいいけど、どんな暗号資産(仮想通貨)なのかよく分かってないなんてことはありませんか?いま世界でもっとも注目されている暗号資産(仮想通貨)をあらゆる面から解説します!

2ch発祥の日本初の暗号資産(仮想通貨) モナコイン

モナコインのロゴ

モナコインは日本の2ちゃんねるで作られた日本で最初の暗号資産(仮想通貨)です。

最先端技術を積極的に取り入れていこうとするコインで、ネット民を中心に人気が高くコミケや秋葉原など日本の様々な場所で実際に決済手段として認められています

モナコインについて詳しくはこちらをご覧ください↓

仮想通貨モナコイン(MONA)とは?特徴・将来性・価格・購入方法を解説 | CoinPartner(コインパートナー)
モナコイン(MONA)は日本発で、送金速度が速く実用性の高い暗号資産(仮想通貨)です。この記事では、モナコインの特徴や将来性、評判、おすすめの取引所などを詳しく解説しています。

このほかにも様々な可能性を秘めたたくさんの暗号資産(仮想通貨)が存在します。

コインパートナーでは500通貨以上を調べあげおすすめの暗号資産(仮想通貨)の暗号資産(仮想通貨)を紹介しているのでぜひご覧ください。

仮想通貨おすすめランキング2020年完全版|500銘柄を徹底考察し選んでみた | CoinPartner(コインパートナー)
2020年のおすすめ暗号資産(仮想通貨)をコインパートナーの月利300%トレーダーが厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、2020年最もおすすめの銘柄を紹介します。

FXにも挑戦しよう

暗号資産(仮想通貨)投資に慣れてきたら、利益を最大化するためにFX取引にも挑戦してみても良いでしょう。

FX取引は暗号資産(仮想通貨)を「買った」「売った」と想定する取引であり「買い」と「売り」の順序を逆にすることもできるのです。

そのためFX取引は暗号資産(仮想通貨)の価格が下がっている時でも利益を出すことができます

暗号資産(仮想通貨)投資 始め方

またFXでは自分のお金を担保にその金額の何倍もの取引を行う「レバレッジ」システムも存在します。

「億り人」となった人のほとんどがFXを利用しているため、トレードに自信があり一攫千金を狙う人は挑戦してみても良いかもしれません。

ビットコインFXとは?やり方やおすすめ取引所、勝ち方まで解説! | CoinPartner(コインパートナー)
ビットコインFXとは、ビットコインを用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、証拠金を担保に大きな額の取引が可能になります。ただし、ビットコインFXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。ビットコインFXをよく知っておきましょう!
 
仮想通貨の始め方-まとめ

仮想通貨投資に関するQ&A

仮想通貨投資はいくらからできますか?

国内取引所の多くでは1,000円程度から仮想通貨を購入することができます。

そのため、あまり資金のない方でも仮想通貨は始めやすいと言えます。

こちらで仮想通貨の始め方をわかりやすく解説しています。

仮想通貨は儲かりますか?

仮想通貨は、株や為替よりも価格変動が大きいので、利益が出しやすいです。

さらに、市場の将来性も高いので、投資対象としての魅力があります。

こちらで仮想通貨投資を始めるメリットについて解説しています。

仮想通貨投資におすすめの取引所はありますか?

私たちコインパートナーのおすすめはbitFlyer(ビットフライヤー)です。

非常に使いやすい操作性が人気で、初心者から絶大な指示があることで知られています。

こちらでbitFlyerについて詳しく解説しています。

仮想通貨を購入する時に手数料ってかかるの?

取引所によってかかるところと、かからないところがあります。

売買手数料はかからなくても、販売所のスプレッドが広く、取引する際にお金がかかる場合もあります。
国内取引所の手数料の詳細はこちらをご覧ください。

仮想通貨で儲かったら税金がかかるの?

暗号資産(仮想通貨)の取引で利益が出たら税金がかかります。きちんと納めないと脱税になってしまうので、気をつけましょう。

税金については税理士監修のこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

【税理士監修】仮想通貨の税金|ビットコインの確定申告の計算方法を具体例付きでわかりやすく解説! | CoinPartner(コインパートナー)
【2020年最新】暗号資産(仮想通貨)・ビットコインに税金がどのくらいかかるか理解していないと、知らないうちに損をしているかもしれません!この記事では、たくさんの例を用いながら税金のかかる条件や計算方法、さらに税金対策まで紹介しているので、誰でも簡単にイメージしながら理解できます!

仮想通貨投資で勝率をあげるコツは?

仮想通貨投資の勝率をあげる近道は、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」という2つの分析方法を学ぶことです。

どちらか一方だけではなく、両方ともしっかりと学ぶことで、より精度の高い投資判断ができるようになります。

こちらで勝率をあげるコツについて詳しく解説しています。

 
仮想通貨の始め方-まとめ

仮想通貨・ビットコインの始め方 まとめ

ビットコイン始め方のまとめ

  • ビットコインの始め方は「取引所を選ぶ・取引所に登録・ビットコインを購入」の3ステップ
  • コインパートナー1番のおすすめの取引所はビットフライヤー
  • 購入したビットコインはウォレットを使って安全に管理しよう

今回は仮想通貨・ビットコイン投資の始め方についてご紹介しました。

ビットコイン投資は、少額で手軽に始めることができます!

この記事でご紹介したポイントを押さえておけば、問題なくチャレンジすることができるので、是非この機会に始めてみてください。

おすすめ取引所No. 1