暗号資産(仮想通貨)を買ってラクして稼ぎたいけど、暗号資産(仮想通貨)について勉強するのもめんどくさい、、、」 そうお考えではありませんか?

もし、 期待できそうな通貨を誰かが教えてくれたら手間がかからず理想的ですよね。

「そんなおいしい話あるわけないじゃーん!」と思ったあなた。

暗号資産(仮想通貨)オタクが運営するコインパートナーが今年最も注目の暗号資産(仮想通貨)を教えます

暗号資産(仮想通貨)にも旬や流行があり、「いつでもこの通貨が一番いい!」などということはできず、はっきりと言うと 世の中に出回っている「暗号資産(仮想通貨)ランキング」の信憑性がないものが少なくありません

コインパートナーでは各コインのシステムを隅から隅まで分析したうえで「この1年間でもっとも期待できる通貨ランキング」を始め様々な観点からのランキングを作成しています。

しかも、この記事ではどの暗号資産(仮想通貨)がおすすめかを教えるだけでなく、どのように立ち回れば一番得するかまでお教えします。

この記事を読み終わる頃にはお金持ちへの第一歩を迷わず進めることができるでしょう!

今回は、 ジャンル別おすすめ通貨暗号資産(仮想通貨)取引で最大限の利益を出す方法を紹介します!

この記事を読んだらわかること
  • 将来性・人気度・実用性など複数の観点からみたオススメ暗号資産(仮想通貨)がわかる
  • どのように暗号資産(仮想通貨)を扱えば最も得するのかがわかる

栄えある1位に輝くのは?

 
 
基礎知識1

いまさら聞けない仮想通貨の基礎知識

(1)ぶっちゃけ暗号資産(仮想通貨)って儲かるの?

暗号資産(仮想通貨)って儲かるの?との質問がよくあがりますが、結論からいうと「 儲かる時はすごく儲かるし、損をする時は大損することもある」が答えです。

たとえば、大学生でありながら元手20万からわずか 半年あまりで4500万の利益 を産んだ人がいる一方で、1日で1600万円を失ったという人もいます。

適切な情報・知識をもとに選択ができれば 得する人に回る確率を大きくあげたり、損する確率を下げたりすることはできます。もちろん期待性の高い暗号資産(仮想通貨)を選んで購入するのはその方法の一つです!

例えば、コインパートナーとしては2020年に期待できる暗号資産(仮想通貨)はイーサリアムです!

(2)「ビットコインが高すぎて買えない」「リップルは安いからお手頃」は大嘘!

暗号資産(仮想通貨)は銘柄ごとに当然異なる価格が付いています。コインチェックで価格を見てみると、ビットコインが約87万円、リップルが86円と表示されていました。

これをみて「 ビットコインは高すぎる!」「 リップルすごく安い!」という人が大変多いですがそれは 大きな勘違い です。

あくまで表示価格は「通貨一枚あたりの値段」を示しているのであり一枚あたりの値段を比べるのは「円がドルより安い」と言うのと同レベルにナンセンスなのです。

暗号資産(仮想通貨)はデジタルなので現実の通貨とは異なり、 通貨1枚単位ではなく小数点単位で取引をすることができます。

たとえばビットコイン1枚あたりの値段は87万円ですが、実際には 0.00000001枚(1億分の1)単位で扱われるため、決して 「あの通貨に比べてこの通貨が安い/高い」は存在しないのです。

ただし、ある通貨の 価格変化率を見て価格の高い/安いを判断することには意味があります。

たとえば、ビットコインは去年の12月には1BTCあたり200万円であったことからその頃に比べて今の価格は安いということはできます。

後半で「利益を最大化するポイント」を紹介しますが、最大のポイントは「安いときに買い、高いときに売る」ことなのでその通貨の 適正価格に対し今の価格が安いのか高いのかを判断することはとても大切です!

 
基礎知識2

ビットコインだけじゃない⁉︎1500以上の銘柄から仮想通貨を選ぶポイント

(1)自分が最も重視する目的から選ぶ

 

誰にでもおすすめできる暗号資産(仮想通貨)はこの世には存在しません。というのも、暗号資産(仮想通貨)を投資対象と見る上で「リスクをとってでも大きなリターンを求めたい」のか「利益は少なくてもいいから堅実にお金を増やしたい」かなど 価値観によって求める通貨が大きく異なるのです。(もちろんローリスクハイリターンが最高ですが、なかなかそこまで美味しい話は少ないものです。)

多様なニーズに応えるためこの記事では

  • ①年内の利益の期待値 
  • ②世界的知名度 
  • ③国内の知名度 
  • ④リターンの大きさ 
  • ⑤実用性 

の5つの観点からランキングを作成しています!

(2)システム・運営がしっかりしている銘柄を選ぶ

せっかく自分の観点から良さそうな通貨を選ぶことができてもその通貨がまったく実体のない 詐欺コインである可能性もあります。例えば、2017年にはライトライズという暗号資産(仮想通貨)を運営している会社が出資金1億ドル以上とともに姿を消す事件がありました。このような詐欺コインを「 スキャム 」といいます。

スキャムに引っかからないためには口コミや周りの評判のみに流されず、情報をあつめ システムが実際に機能するか/しているか運営会社が信頼に値するかを自分で判断することが大切です。

この記事ではシステム・運営の情報を世界中から集め詳しく調べ、スキャムでないと思われる暗号資産(仮想通貨)のみを紹介しています。ですが、もちろん自分でも調べて対策するのが最も安全です。

スキャムの詳しい内容や例、対策法などはこちらの記事で紹介しているのでこちらもあわせてご覧ください。↓

暗号資産(仮想通貨)の詐欺「スキャム」は残念ながら世界中で発生しています。この記事では、暗号資産(仮想通貨)詐欺のよくある手口や対策方法をご紹介していきます。これを読んだ方は、暗号資産(仮想通貨)詐欺の被害に合う確率を減らすことができるはずです。
 
銘柄ランキング

コインパートナーが独自に選ぶ!2020年最注目おすすめ銘柄ランキングBEST5

コインパートナーが独自に選ぶ!2020年最注目おすすめ銘柄ランキングBEST5

まず最初に紹介するランキングはコインパートナーのトレーダー30人が500種以上の通貨について調べ上げ議論した結果、 今年最も利益の期待値が高いと思われた2020年最注目銘柄ランキング 」です!

このランキングの通貨には以下のようなメリットがあります。

  • 高確率でなかなかの利益が期待できる
  • 将来的に生活に普及する可能性が高い

それでは2020年最も注目の暗号資産(仮想通貨)ランキングを発表していきます!

2020年最注目銘柄ランキングBEST5
  • 1位 イーサリアム:BTCに代わり基軸通貨になり得る可能性を感じる人向け
  • 2位 クアンタム:暗号資産(仮想通貨)技術の底上げに可能性を感じる人向け
  • 3位 ウェーブス:分散型取引所(DEX)に期待している人向け
  • 4位 バイナンスコイン:アルトコイン投資をよくする人向け
  • 5位 コスモス/アトム:ブロックチェーン技術に将来性を感じる人向け

必ず当たることを保障したものではないので あくまで投資は自己責任でお願いします。

イーサリアム(ETH)

おすすめ暗号資産(仮想通貨)No.1イーサリアムのロゴ

 

イーサリアムはユーザーが独自の契約を記載できるスマートコントラクトを用いたプラットフォーム型の暗号資産(仮想通貨)です。現在 時価総額2位に位置付けている有名通貨です。

イーサリアムのブロックチェーン上では送金情報以外にも送金する条件を記入することができます。たとえば、「AからBに1BTCが振り込まれたならばBはAに10ETHを支払う」などと記載することができ、条件が満たされると自動で送金が遂行されます。このような契約書を スマートコントラクト といいます。イーサリアムの誕生以降スマートコントラクトを利用できる暗号資産(仮想通貨)がいくつか製作されました。ですが、イーサリアムはその中で最も古く最も利用されている暗号資産(仮想通貨)です。

プラットフォーム型の通貨とは、ある特定のサービス内で利用することを目的とした通貨を指します。様々なサービスを利用する上でイーサリアムが使われているためイーサリアムは将来性が高く、需要を維持し続けると言われています。また、イーサリアムが特に今年成長を遂げると思われる理由は 暗号資産(仮想通貨)市場に対するビットコインの影響力が低下していく中で ビットコインにかわる基軸通貨となり得るためです。

イーサリアムについて詳しくはこちらをご覧ください。

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号資産(仮想通貨)です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの特徴や仕組み・将来性などをコインパートナーが徹底解説します!

イーサリアムの年内価格予想

2020年のイーサリアムは ローリスク・ハイリターン型理想的な通貨であると予想します。

イーサリアムの基本情報(2020年1月時点)

通貨名(通貨単位) Ethereum(ETH)
運用開始時期 2014年2月
時価総額 約1.6兆円(第2位)
1日あたりの取引量 約2000億円
ブロック生成速度 約15秒
イーサリアム(ETH)はこんな人にオススメ!
  • ビットコインだけだと不安な人
  • ICOに参加してみたい人
  • プラットフォーム系の通貨が好きな人

イーサリアムのおすすめ取引所

イーサリアムは国内外のほとんどの取引所で購入できますが、中でも bitFlyer(ビットフライヤー)が最もおすすめです!

ビットフライヤーは、2014年に設立された暗号資産(仮想通貨)取引所です。国内取引所の中でもNo.1のビットコイン取引量がある人気の取引所です!

セキュリティの強さが世界一になったこともあり、盗難補償があるなどビットフライヤーは安心して使うことが出来ます!

イーサリアムも簡単に購入することが出来、安全に保管することが出来ます!

ビットフライヤーの登録は無料で5分程度で行えます!

ビットフライヤーについては「bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

おすすめ取引所No. 1

クアンタム(QTUM)

おすすめ暗号資産(仮想通貨)No.2クアンタムのロゴ

 
クアンタムはビットコインの残高表示システムUTXOとイーサリアムのスマートコントラクトを融合した、いわば 2大暗号資産(仮想通貨)のいいとこ取り をした暗号資産(仮想通貨)です。

UTXO(Unspent Transaction Output)とは「決済に利用せずに保持している状態のコインの集まり」をさします。残高とほぼ同じニュアンスの言葉ではありますが、イーサリアムなど通常の残高表示法(=アカウントベース)は未使用のコインのデータが直接表示されているのに対し、UTXOでは送金データから逆算して間接的に「残高」を把握しています。そのためUTXOはアカウントベースより 匿名性やプライバシーの面で優れています

さらにクアンタムでは、イーサリアムで導入されている「スマートコントラクト」を作成できる仕様になっています。UTXOとスマートコントラクトを結びつけたクアンタム独自の技術アカウントアブストラクトレイヤー(AAL)によりクアンタムは 企業間の安全なデジタル契約を実現することを目標としています。

基本的に他の通貨はビジネスとブロックチェーンを結びつけることを目標にしていますが、クアンタムはそもそもの技術のイノベーションを目指しているため優れていると言えます。

クアンタムについて詳しくはこちらをご覧ください。

目次暗号資産(仮想通貨)Qtum(クオンタム)とは? Qtumのチャート分析。相場からみる最新価格推移Qtumの問題と将来性。コインパートナーが分析したQtumの今後の展望Qtumの仕組みは?注目すべきQtumのテクノロジーの特徴とはQtumはここが凄い!QTUMのメリットQTUMにはこんなデメリットも・・・?!【Qtumの入手方法】オススメの取引所2選(Coinone & Bittrex)【Qtumの保管方法】ウォレットQtumのまとめ 暗号資産(仮想通貨)Qtum(クオンタム)とは? Qtumとは、ビットコインとイーサリアムの技術を併用した、ビジネス志向的ブロックチェーンプラットフォームとして考案された暗号資産(仮想通貨)であり、それを可能とするためにアカウントアブストラクトレイヤ(AAL)などの技術を採用しています。QtumはNEOと共に中国を代表するコインとして知られています。 Qtumのチャート分析。相場からみる最新価格推移 チャートで見られるQtumの価格は全般的に下降傾向です。9月の上旬から中国の取引所閉鎖の影響を受け、9月6日中国の取引所Yunbiが取引をやめた時期まで下がっています。しかし、9月13日の23時にメインネット(Main Network)の発表があるという期待感に応じて再び価格は上昇しました。 その後、オフラインのみで行われた13日のメインネット発表日には、すぐトークンとコインのスワップが行われず詳細を15日に発表するということだけお知らせされました。実際のスワップが行われたのは10月に入ってからで、ユーザーの期待に応えることができなかったと見られます。これにより、価格はまた下落します。 10月に入ってからは10月4日にトークンスワップが行われるという期待感もあり、緩やかな回復基調へと戻りました。韓国の取引所Coinoneでは10月18日二次エアドロップ(Airdrop)を行うなど今後も活発な動きが見られます。 <Qtumの動向まとめ> 2016年03月 プロジェクト開始2017年10月 プロトタイプ完成2017年11月 Qtum財団設立2017年03月 QtumのICO開始2017年06月 テストネット完成2017年10月 メインネットローンチ10月 12日 コインネストQtum保有時、Energo支給

クアンアムの年内価格予想

クアンタムの基本情報(2020年1月時点)

通貨名(通貨単位) Quantum(QTUM)
運用開始時期 2016年12月19日
時価総額 約198億円(第33位)
1日あたりの取引量 約95億円
ブロック生成速度 約2分
クアンタム(QTUM)はこんな人にオススメ!
  • ビットコインもイーサリアムも好きな人
  • プラットフォーム系の通貨が好きな人
  • 暗号資産(仮想通貨)技術そのものが好きな人

クアンタムのおすすめ取引所

クアンタムは、国内で唯一Coincheck(コインチェック)でのみ現物を購入することが出来ます!

コインチェックは、2012年に設立され、今は東証上場のマネックスグループの子会社が運営しています。

取扱通貨数は国内取引所の中でもTOPです!

コインチェックのスマホアプリはとても使いやすく、クアンタムもワンタップで購入することが出来ます

登録は5分程で無料で行えます!

コインチェックについては「【最新版】コインチェックの評判・メリット・デメリットは?口コミから現在の実態を徹底調査!」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

国内取引所で唯一

 

ウェーブス(WAVES)

おすすめ暗号資産(仮想通貨)No.3wavesのロゴ

 

ウェーブスとは 独自トークンを発行できるプラットフォーム型の暗号資産(仮想通貨)で、プラットフォーム上の 分散型取引所(DEX)では法定通貨を扱う機能も持ちます。ネクスト(NXT)という暗号資産(仮想通貨)から派生して誕生しました。

ウェーブスは スマートコントラクトを導入しているためプラットフォームを利用して独自のトークンを発行することができ、実際にウェーブスのプラットフォームを利用してICOも行われています。

たとえばハンバーガーチェーンの「バーガーキング」では独自の Whoppercoinを発行しポイントとして利用しています

ウェーブス上でトークンを作成するのに必要な経費はわずか1WAVES(約500円)なので 誰もが手軽にトークンを発行できます

また、ウェーブスのウォレットであるWaves Lite Clientではユーザー間が直接取引ができ仲介人が存在しない分散型取引所(DEX)が利用できるため、 手数料が安くセキュリティ性能も高い ことが言えます!

ウェーブスで採用されているLPoSではコインの保有量に応じて誰もがマイニングに関わりコインをもらえる(= エアドロップ)の機会があるため、 所持量が多いほどお得なコインだと言えます。

若干開発途上の印象がありますが、マーケティングもまだあまり行なっていないので実体のない誇大広告の心配も少なく 今のうちに目をつけておけば大きな利益を得られる可能性があります!

ウェーブスについて詳しくはこちらをご覧ください。

目次Waves(ウェーブス)とはWavesの最新チャート分析!相場から見る価格推移Wavesの問題点と将来性は?コインパートナーの見解Wavesの仕組みや特徴WavesのメリットWavesのデメリット【Wavesの購入方法】オススメの取引所【Wavesの保管方法】ウォレットは何を使う?Waves Lite Clientの登録方法Waves Lite Clientの使い方Wavesについての気になるQ&AWavesまとめ Waves(ウェーブス)とは Waves(ウェーブス)とは、個人で独自のトークンを発行できるWaves Platformの基軸暗号資産(仮想通貨)のことです。Waves上のDEX(分散型取引所)ではマルチゲートウェイによってビットコイン、イーサリアムなどの他の暗号資産(仮想通貨)やドル、ユーロなどの法定通貨も取り扱うことができます。 Wavesの説明にプラットフォームとしての側面は欠かせないので、この記事では暗号資産(仮想通貨)としての側面と合わせてプラットフォームとしての側面についても書かれていることに注意してください! Wavesの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年11月10日現在) WavesはICOによって資金調達をしてスタートしましたが、その際にICO参加者に正常にメールが届かない、ICOの参加状況が見れなくなる等のトラブルが発生してしまったため、Wavesができてすぐは価格が大幅に下落しました。そして、その1年ほどあとになって、アルトコイン全体が高騰した5〜6月にWavesも注目されて高騰しました。その後徐々にその熱が冷め、現在は1WAVESは0.0006〜0.0007BTCあたりを推移しています。 Wavesの問題点と将来性は?コインパートナーの見解 知名度が低い Wavesはあらゆるもののトークン化ができるプラットフォームを目指していますが、似たようなプロジェクトとして他にもイーサリアム(Ethereum)やNEM(ネム)などがあり、これらより知名度が劣ります。プロジェクトの成功のためには利用者の増加は必ず必要ですから、知名度の向上はWavesにとっての大きな課題と言えるでしょう。 イーサリアムとNEMに関するコインパートナーの記事は以下になります。

ウェーブスの年内価格予想

 

ウェーブスの基本情報(2020年1月時点)

通貨名(通貨単位) Waves(WAVES)
運用開始時期 2016年4月
時価総額 約340億円(第23位)
1日あたりの取引量 約21億円
ブロック生成速度 約1分
ウェーブス(WAVES)はこんな人にオススメ!
  • 分散型取引所(DEX)を利用したい人
  • 自分のトークンを発行したい人

ウェーブスのおすすめ取引所

おすすめ暗号資産(仮想通貨)ウェーブスの取引所

ウェーブスは国内の取引所での取り扱いがないため、海外取引所の Binanceで購入するのがおすすめです!

Binanceは 100種以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱う 暗号資産(仮想通貨)取引高世界一の取引所です!

国内で取り扱いのない通貨を購入する際には多くの場合Binanceを利用することになるので、アルトコインの購入の可能性がある人はBinanceの口座を開設しておくべきです!

登録は1分程で無料で行えます!

海外No.1取引所

binanceのロゴ

 

こちらは海外取引所であるBinanceのため日本円の入金ができません。そのため必ず国内の取引所でビットコインを購入しBinanceに送金する必要があります

まずはビットコインを入手しましょう!おすすめはビットフライヤーです!

ビットフライヤーについては「bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

送金手数料が安い!

バイナンスコイン(BNB)

暗号資産(仮想通貨)おすすめランキングNo.4のバイナンスコイン

バイナンスでBNBを購入

BNBとは世界最大級の取引所であるBinanceが発行するトークンです。

トークンとは一般には、独自のブロックチェーンを持つ通貨ではなく他の暗号資産(仮想通貨)のブロックチェーンを代用してで発行される通貨を指します。

BNBはイーサリアムのブロックチェーンであるERC20という規格を用いています。

そしてBNBはその価値を維持するために四半期ごとにBinanceに買い戻され、その分はバーン(破棄)されます。

このバーンによってBNBの流通量が減少し、BNBの希少性が増して価値が上昇するのです。その為価格の乱高下が発生しにくいのも特徴となっています。

またBNBを持っているとさまざまなメリットを享受できるのも、かなり評価ポイントが高いです。

  • 取引手数料が安くなる!!・・・Binanceの取引手数料は元々安いですが、Binanceで取引手数料を支払う際にBNBで支払うと更に割引を受けることができます
  • 新規上場通貨投票に参加できる!!・・・Binanceでは新規上場通貨を ユーザーからの投票で決めており、BNBはこの投票にも利用されています。
  • 基軸通貨として使える!!・・・BinanceではBNBを基軸通貨として使うことができるので、草コイン特有の持っていて使い道がなくなってしまった、という事態には陥らないでしょう。

さらに!BNBだけでなく発行元である取引所のBinance自体がアメリカに進出するなど、どんどん成長を続けておいるためBNB自体のの将来性もとても高いといえるでしょう。

バイナンスコイン(BNB)について詳しくはこちらをご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)のBNB(Binance coin/バイナンスコイン)について徹底解説します!Binanceで購入することのできるBNBの特徴、将来性、購入方法まで丁寧にご紹介します!BNBを、口コミなどから評価します!

バイナンスコインの年内価格予想

バイナンスコインの基本情報(2020年1月時点)

通貨名(通貨単位) Binance Coin(BNB)
運用開始時期 2017年7月
時価総額 約2300億円
1日あたりの取引量 約21億円
価格(1BNB) 約1500円

バイナンスコイン(BNB)はこんな人にオススメ

  •  バイナンスでの取引を考えている人
  •  バーンの仕組みを高く評価する人
  •  取引所のトークンに興味がある人
  • Binanceに将来性を感じる人 

BNBのおすすめ取引所

暗号資産(仮想通貨)BNBのおすすめ取引所

BNBのおすすめ取引所は、もちろんBinance(バイナンス)です!

Binanceは 100種以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱う 暗号資産(仮想通貨)取引高世界一の取引所です!

国内で取り扱いのない通貨を購入する際には多くの場合Binanceを利用することになるので、アルトコイン購入の可能性がある人はBinanceの口座を開設しておくべきです!

登録は5分程で無料で行えます!

海外No.1取引所

binanceのロゴ

 

こちらもまたBinanceのため日本円の入金ができません。そのため必ず国内の取引所でビットコインを購入しBinanceに送金する必要があります

まずはビットコインを入手しましょう!おすすめはビットフライヤーです!

ビットフライヤーについては「bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

送金手数料が安い!

Cosmos(ATOM)


Cosmosとは、異なるブロックチェーン同士をつなげて相互に運用・拡張できるようにするためのプロジェクトです。ATOM(アトム)はCosmos上で使われるトークンのことを言います。

現在、多種多様な銘柄が存在している暗号資産(仮想通貨)ですが、その多くが独自のブロックチェーンを構築しています。お互いのチェーンには互換性がないため「ビットコインとイーサリアムを直接取引する」ということはできません。

そこで活躍するのがCosmosです。Cosmosは自身を仲介させることで異なるブロックチェーン同士を接続し相互にトークンをやりとりすることが可能です。この時、Cosmosと接続することになるチェーンを「Zone(ゾーン)」と言い、Zoneをつなぐ役割として中心に存在するチェーンを「Hub(ハブ)」と言います。

Cosmosのトークン「ATOM/アトム」は、ゾーンとハブの間でデータをやりとりする際の手数料や、新たなブロックが生成される際の投票権などの役割を持ちます。

また、Cosmosでは管理者のいらないアプリケーション「DApps」を、javaのような比較的簡単なプログラミング言語で開発が可能です。DAppsのプラットフォームとして有名なイーサリアムと互換性を持たせ連携することで、イーサリアム上でのDApps開発がCosmosに流入してくる可能性が考えられています。

COSMOS(ATOM)について詳しくはこちらをご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)COSMOSとは?ブロックチェーン技術をフルに活用した次世代の暗号資産(仮想通貨)COSMOSの仕組み、上場取引所、将来性、さらにはCOSMOSの基盤となるTendermintの仕組みについてまでコインパートナー編集部が徹底解説!

Cosmos(ATOM)の年内予想価格

cosmos/atom

Cosmos(ATOM)の基本情報(2020年2月時点)

通貨名(通貨単位) Cosmos(ATOM)
運用開始時期 2017年4月(ICO実施)
時価総額 約880億円
1日あたりの取引量 約330億円
価格(1ATOM) 約460円

Cosmos(ATOM)は
こんな人におすすめ

  • ブロックチェーン技術の将来性が高いと感じている人
  • DAppsに興味がある人

Cosmos(ATOM)おすすめの取引所

Cosmos/ATOM買うならBinance

Cosmos(ATOM)を購入するなら海外取引所のBinanceがおすすめです!

実はBinanceが独自に開発しているブロックチェーン「Binance Chain(バイナンスチェーン)」でもCosmosの技術が採用されています。

そのため、Cosmosの技術を高く評価しているBinanceでATOMトークンを購入するのが良いでしょう。

Binanceは「世界一の暗号資産(仮想通貨)取引所」と言われるほど人気があるので、登録しておいて損はないはずです!

binanceのロゴ


Binanceでは日本円の入金ができません。そのため、一度国内の取引所でビットコインを購入し、それをBinanceに送金して取引をスタートする、というやり方がおすすめです!

国内取引所のおすすめはビットフライヤーです!

ビットフライヤーについては「bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

国内の取引所なら!

 
草コインランキング

価格が100倍以上になる可能性も!?草コインおすすめランキングBEST5

おすすめ草コインランキング

「今持ってるお金が100倍になったら大富豪なんだけどな〜笑」そんな馬鹿げた願いすら叶えてしまう可能性があるのが草コインです。

草コインとは、知名度が極端に低く時価総額がまだ低い暗号資産(仮想通貨)のことを指します。

注目度が低いため、何かの拍子に注目が集まれば大きく価格が跳ね上がる可能性もあります。

例えば、Verge(XVG)は2017年の年始から年末にかけて実に 12900倍もの成長を見せました。

もちろんほとんどの草コインは日の目を見ずに価格は地平線を這うわけで資金が減っていくリスクも大いにありますが、草コインには以下のようなメリットがあります。

  • 資金が短期間で信じられないくらい増える可能性がある
  • 取引量がとても少ないので失う額も少ない
  • 当たった時に自慢できる

今回は無数にある 暗号資産(仮想通貨)を500種以上調べ上げ、知名度の低さ・システムの将来性・インフルエンサーのサポートの有無などの観点から 価格があがる可能性が高いと思われる草コインを決定しました。

ただ、あくまで予想であり、草コインは高騰しない確率の方が圧倒的に高いことを理解した上で 投資は自己責任 でお願いします。

草コインおすすめランキングBEST5
  • 1位 ストラクス:圧倒的に便利な決済手段を実現したい人
  • 2位 ハーモニー:ICOよりも堅実なものに投資したい人
  • 3位 スカイコイン: BTCともETHとも異なる「暗号資産(仮想通貨)3.0」に可能性を見いだす人
  • 4位 グリン:匿名通貨に将来性を感じる人
  • 5位 ファクトム:将来ブロックチェーンが色々な場面で使われると思う人

ストラクス(STAK)

おすすめ草コインNo.1のストラクス

 

ストラクス電子決済に特化した利用を目的としている草コインです。

もともとはSignatum(SIGT)というプロジェクトでしたが、コードを書き換えるリブランディングがなされストラクスが誕生しました。

ストラクスは ネット上での決済を便利にすることを目的としているため実用されれば 効果はとても高いと言えます。ストラクスでは決済のスピードや安さ・セキュリティを向上するため以下の新技術が取り入れられています。

  • Segwit 4x・・・トランザクションのデータ容量を小さくしシステムへの負荷を減らすSegwitを導入した上でブロックサイズを4倍にする技術。 負荷が大きく減り送金を安く・速くする
  • ライトニングネットワーク・・・オフチェーンでトランザクションをまとめることでシステムの負荷を減らす技術。送金が安く・速くなるほか、 少額決済に向く
  • アトミックスワップ・・・二者間の決済において一方がお金を払わず持ち逃げすることを防止する技術。 セキュリティ性能があがる
  • i2p(インビジブルインターネットプロジェクト)・・・送金が匿名で行えるようになる技術。 セキュリティ性能があがる
  • ゼロコインプロトコル・・・トランザクションの送金先、送金元、送金額を隠す技術。 セキュリティ性能があがる
  • マスターノード制・・・トランザクションを伝播させるノードの上にさらにシステムを手伝う上位互換を設置すること。 フォークが減り承認速度が速くなる
  • Lyra2rev2・・・ビットコインのマイニングを牛耳るASICに非対応のアルゴリズムを採用。 通貨の非中央集権制が増す

あらゆる新技術を限界まで取り入れたような印象です。「本当に実現できるの?」と思わなくもないですが、実装されれば とてつもなく便利な決済手段となるでしょう。

ストラクスについて詳しくはこちらをご覧ください。

STRAKS(ストラクス)とは、電子商決済に使われることを目的にした暗号資産(仮想通貨)です。話題になっている最新技術をほぼ全部採用しているので、注目を集めています。そんなSTRAKSの将来性・買い方・特徴を解説!

ストラクスの年内価格予想

ストラクスの基本情報(2018年11月時点)

通貨名(通貨単位) Straks(STAK)
運用開始時期  
時価総額 約2186万円(第1281位)
1日あたりの取引量 約16000円
ブロック生成速度 約1分
ストラクス(STAK)はこんな人にオススメ!
  • 実装できれば圧倒的に便利な決済手段を応援したい人
  • 一攫千金したい人

ストラクスおすすめの取引所

暗号資産(仮想通貨)ストラクスのおすすめ取引所

 

また海外の取引所なのでStocks Exchangeは日本円の入金ができません。そのため必ず国内の取引所でビットコインを購入しStocks Exchangeに送金する必要があります

まずは送金手数料の安い取引所でビットコインを入手しましょう!おすすめはビットフライヤーです!

ビットフライヤーは「bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

送金手数料が安い!

Harmony(ONE)

おすすめ草コインNo.2ハーモニー

 

暗号資産(仮想通貨)Harmony(ONE)とは、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所Binance(バイナンス)のIEOによって誕生した、コインです。(以下Harmonyをハーモニーと表現します)

IEOとは(Initial Exchange Offering)という言葉の略称で、ブロックチェーンプロジェクトを企画する企業が本来行う資金調達を取引所が代わりに実施するプロジェクトの総称を指しています。取引所の審査を通って資金調達が行われているプロジェクトなので、これまでのICOよりも信頼性・確実性が高いです

ハーモニーはそのIEOによって誕生した暗号資産(仮想通貨)なので、ICOによって誕生した草コインよりも期待が大きいでしょう

ハーモニーは「100億人のためのオープンコンセンサス」をビジョンに掲げており、トークン及びDappsゲームや証券・不動産などのオープンマーケットプレイスを目指しています。

このビジョンを達成するために、ハーモニーは「スケーラビリティ」と「分散化」に特化した開発を進めており、コンセンサスアルゴリズムにはPoSPFBTを組み合わせたものを使うことにより効率的なコンセンサスプロトコルを作成しています。これによって、スループットのパフォーマンス(秒間のトランザクション処理能力)を向上させています。

加えて、CPUのパフォーマンス・セキュリティを向上させることによって、ネットワークに参加できるノードを調整することによって分散化の向上も図っています。

またハーモニーの開発陣にすばらしい人たちが集まっていることも期待できる理由の一つです。

  • Stephen Tse氏・・・ハーモニーの創設者。AppleやGoogleの開発を率いたエンジニア
  • Leo Chen氏・・・アマゾンのwebサービス開発者
  • Nicolas Burtey氏・・・ライブ配信用VRのサービスを開発した「VideoStitch」のCEO

この他にも、コンピュータオリンピック王者やブルームバークのジャーナリストなど、様々な業界を先導する人たちが集まって開発しているためかなり期待が持てます!

Harmony(ONE)について詳しくはこちらをご覧ください。

Harmony/ONE(ハーモニー/ワン)がどんな暗号資産(仮想通貨)か知りたい!という方のためにコインパートナーがHarmony(ONE)を徹底解説!特徴や仕組み、将来性、さらにはウォレットまで紹介しているので、この記事一つでHarmony(ONE)に誰よりも詳しくなれます!

ハーモニー(ONE)の年内価格予想

暗号資産(仮想通貨)ハーモニー(ONE)はローリスクハイリターン型の暗号資産(仮想通貨)と言えます。

一極集中でこの暗号資産(仮想通貨)に投資するのはおすすめしませんが、ポートフォリオの一部に組み込むことにはおすすめします!!

暗号資産(仮想通貨)ハーモニー(ONE)のリスクリワード表

ハーモニー(ONE)の基本情報

(2019年9月現在)

通貨名 Harmony(ONE)
運用開始時期 2019年5月
時価総額 21億円(1955BTC)
1日当たりの取引量 2億円
ブロック生成速度 不明

ハーモニーはこんな人におすすめ

  •  開発陣を重要視している人
  • ICOよりは確実性を求める人 
  •  分散化を重要視している人

ハーモニーのおすすめ取引所

ハーモニーは国内の取引所での取り扱いがないため、海外取引所の Binanceで購入するのがおすすめです!

 

また海外の取引所なのでBinanceは日本円の入金ができません。そのため必ず国内の送金手数料が安い取引所でビットコインを購入しBinanceに送金する必要があります

ビットフライヤーについては「bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

送金手数料が安い!

スカイコイン(SKY)

おすすめ草コインNo.3スカイコイン

 

スカイコインは、 マイニングが存在せず オベリスク(Obelisk) という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している暗号資産(仮想通貨)です。このオベリスクは、常に各ノードが保管するブロックチェーンが同一であること(つまり 分岐が起こらないこと)、 51%攻撃への耐性を持つことを目的として作られたものです。

オベリスクの仕組みを簡単に説明します。

まず各ノードは複数のノードと繋がっており、メッセージのやり取りをすることが可能です。ノードの中には新しいブロックを作り出す(他の暗号資産(仮想通貨)でいうマイニングの)役割を持ついくつかの ロック生成ノードが存在します。

ブロック生成ノードは、 新しいブロックの候補ができた場合にはその候補ブロックのデータを自分が繋がっているノードに送ります。ノードは複数のノードから候補ブロックのデータを受け取る可能性があるわけで、その中で一番多いものを採用して新しいブロックをつなぎ、自分が繋がっている他のノードにそのデータを送っていきます。

こうしてノードの間をじわじわと新しいブロックのデータが広がっていく仕組みになっています。

この時に重要なのが、 もし悪意あるデータを受け取った場合、そのノードとの接続を遮断できるという点です。(悪意あるデータというのは、ウソのデータや、複数の候補ブロックのデータなどです。)

悪意あるノードとの接続を遮断することによって、 悪意あるノードのデータがネットワークに広がるスピードは格段に落ち、影響力がぐっと減ります。そのため、プルーフオブワークでは悪意あるノードによる51%攻撃が理論上可能であったのが、オベリスクでは不可能になります。

このように、ノード間の切断を適切に行っていくことによって、 ネットワーク上の影響力の配分が最適化されていき、 極めて効率的な合意形成が取れるようになっていきます。その結果、ブロックチェーンの同期がはやく行われることとなります。

通貨としての機能のみをもつビットコインなどの「暗号資産(仮想通貨)1.0」、クラウドファンディングなど金融分野で用いられるイーサリアムなどの「暗号資産(仮想通貨)2.0」につつぎ、スカイコインは ブロックチェーンを日常にまで活用した「 暗号資産(仮想通貨)3.0 」となることを期待されています!

スカイコインについて詳しくはこちらをご覧ください。

スカイコイン(Skycoin/SKY)は独自の承認方式を採用おり、匿名インターネットを構築する機能性の高い暗号資産(仮想通貨)です。そんなスカイコインの特徴、将来性、オススメ取引所などをわかりやすく解説します!

スカイコインの年内価格予想

 

スカイコインの基本情報(2019年1月時点)

通貨名(通貨単位) Skycoin(SKY)
運用開始時期 2013年12月23日
時価総額 約13億円(第210位)
1日あたりの取引量 約1190万円
ブロック生成速度 約2秒
スカイコインはこんな人にオススメ!
  • ビットコインでもイーサリアムでもない仕組みを求めていた人
  • 一攫千金したい人

スカイコインオススメの取引所

暗号資産(仮想通貨)スカイコンおすすめの取引所

 

また海外の取引所なのでBinanceは日本円の入金ができません。そのため必ず国内の送金手数料が安い取引所でビットコインを購入しBinanceに送金する必要があります

まずはビットコインを入手しましょう!おすすめはビットフライヤーです!

ビットフライヤーについて「bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

人気取引所No.1!

グリン(Grin)

おすすめ草コインNo.4グリン

Grinは2019年1月に発表されたまだ開発されて間もない暗号資産(仮想通貨)で、一般的には匿名コインと呼ばれるものに分類されます。

すでにモネロ(Monero)やジーキャッシュ(Zcash)も匿名コインも存在しているのですが、MimbleWimble(ミンブルウィンブル)というプロトコルというものを採用しているところにGrinの優位性があるのです。

ミンブルウィンブルは「匿名性とスケーラビリティの両立」を目指すプロトコルで有り、従来の匿名コインがが持っていた「スケーラビリティの問題」を上手く解決する役割を担っている。

このミンブルウィンブルはいくつかの暗号技術が組み合わさることにより成り立っている。

  • コインジョイン・・・送金情報を一度トランザクションプールに集めてからシャッフルした後に、送金することで送金者の匿名性を上げる技術
  • カットスルー・・・取引情報のインプットとアウトプットのみをブロックチェーンに記載することで情報量を大きく削減する技術
  • コフィンデンシャルトランザクション・・・取引に参加した人のみに取引金額が明かされるという技術

これらの技術を用いたことによって、匿名性を高めながら、送金速度の問題点を解決することができたため、従来の匿名コインよりも優れていると言われるようになった。

匿名コインはマネーロンダリング、脱税、闇取引などに使われてしまうため、規制当局からは警戒されています。

しかし全てのトランザクションを追えると言うことはその人の資産がおおよそ分かってしまうという観点から、プライバシーを守りたいというニーズも多くあるのが事実です。

暗号資産(仮想通貨)がより普及してくるようになれば、このようなニーズが増えていくのも間違いないでしょう。

市場の発展と共に成長を期待できるのがこのグリンです。

Grin(GRIN/グリン)について詳しくはこちらをご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)Grin(グリン)の特徴やメリット・デメリット、今後の将来性について徹底解説!この記事ではコインパートナー編集部が暗号資産(仮想通貨)Grin(グリン)とはどのような通貨なのか、基盤となる技術であるMimblewimble(ミンブルウィンブル)についても触れながら徹底解説します!

Grinの年内価格予想

Grinの基本情報(2019年9月時点)

通貨名(通貨単位) Grin(GRN)
運用開始時期 2019年1月
時価総額 44億円
1日あたりの取引量 約42億円
価格(1GRIN) 212円

グリンおすすめの取引所

暗号資産(仮想通貨)グリンのおすすめ取引所

 

グリンを購入するのにおすすめな取引所はKuCoinですが、海外の取引所なので日本円の入金ができません。そのため必ず国内の取引所でビットコインを購入し送金する必要があります

おすすめはコインチェックです!

ビットフライヤーについては「bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

送金手数料が安い!

ファクトム(FCT)

おすすめ草コインNo.5ファクトム

ファクトムは2015年に上場した暗号資産(仮想通貨)で、暗号資産(仮想通貨)自体の正式な名称は「ファクトイド」と呼称されます。

ファクトムはビットコインの根幹技術であるブロックチェーンを応用し、通貨以外の機能を持たすことを目的とした技術・プロジェクト群であるビットコイン2.0の一つです。

そしてファクトムはデータが軽く、速さと安さを両立させています。

本来ブロックチェーンに書き込むデータは大きくなるほどマイニングに時間がかかり、マイナー手数料も上昇します。

ファクトムでは記録するデータを分類し、Factom Inc.が管理するサーバー上で暗号化します。その後ブロックチェーンに記録することでデータ量をコントロールしているのです。

そしてファクトム最大の特徴は書類等諸々のデータをブロックチェーン上で管理できることです

ファクトムを利用すれば土地や保険などの書類や記録を書き込み、匿名性を保ちつつ管理・監査・追跡が可能です。

そんなファクトムの特性を生かして多くのプロジェクトが展開されています。

  • ファクトムハーモニー

住宅ローン関連の情報をすべてファクトムで管理するというプロジェクトです。

住宅ローンで発生する土地建物の不動産登記など様々なデータは従来紙ベースで管理されていましたが、ファクトムで管理することによってデータの改ざんや漏洩のリスクを低下させ、コストを抑えることも可能になります。

  • DLOC

カルテをはじめとする医療情報をブロックチェーン上に記録し共有を可能にするというプロジェクトです。

病院側は患者に関する情報を何処でも参照することが可能になるため、患者が出先で傷病を負った万一の場合でも、万全の医療を提供することが可能になります。

このようにファクトムには様々な可能性が存在しており、その価値は未知数であると言えるでしょう。

ファクトムについて詳しくはこちらをご覧ください。

Factom(ファクトム)とは、書類などをブロックチェーン上に保管することができる暗号資産(仮想通貨)です。この記事では、Factomの特徴や仕組み、将来性、これまでの価格推移と取引のポイント、マイニングなど徹底的に解説します!

ファクトムの年内価格予想

ファクトムの基本情報(2019年9月時点)

通貨名(通貨単位)

Factom(FCT)

運用開始時期 2015年4月
時価総額 約33億円
1日あたりの取引量

9,837,648円

価格(1FCT)

337円

ファクトムのおすすめ取引所

暗号資産(仮想通貨)ファクトムおすすめの取引所

ファクトムの購入はコインチェックがおすすめです。

そしてファクトムが購入できる唯一の国内取引所がコインチェックになります。

Coincheckはスマホアプリが使いやすいことで有名な取引所です。

そして直感的にワンタップで購入できるため初心者でも簡単にファクトムを購入することができます!

国内で唯一!

 
時価総額ランキング

世界の超有名銘柄!時価総額ランキングBEST5

時価総額とは「発行枚数×1枚あたりの値段」で表される数字です。先ほど説明したように1枚あたりの値段を比較するのはナンセンスであり、 通貨の価値を比べる上では時価総額を用います

時価総額はその時の価格や発行枚数に応じて変化し順位も一定ではありません。暗号資産(仮想通貨)のリアルタイム時価総額ランキングはこちらから確認することができます。

時価総額が高い暗号資産(仮想通貨)には以下のメリットがあります。

  • 価格の変動が比較的小さい
  • 世の中がその通貨に期待していることが一目でわかる

それでは時価総額ランキングを発表していきます!

時価総額ランキングBEST3
  • 1位 ビットコイン:暗号資産(仮想通貨)を買ってみたい初心者向け
  • 2位 イーサリアム:ビットコインだけだと不安な人向け
  • 3位 リップル:大企業が提携している通貨を買いたい人向け
  • 4位 ビットコインキャッシュ:スケーラビリティ問題はブロックサイズで解決すべきと考える人
  • 5位 ライトコイン:BTCよりも短い取引時間を好む人

ビットコイン(BTC)

暗号資産(仮想通貨)時価総額ランキングNo.1のビットコイン

 

ビットコインは中本哲史(ナカモトサトシ)を名乗る正体不明の経済学者が発表した論文を元に製作された 世界初の暗号資産(仮想通貨) で誕生から常に時価総額1位をキープしています。

改竄不可能な公開台帳”と称されるブロックチェーン技術を採用し、仲介人が関わることなく個人(ピア)と個人(ピア)が送金を行えるP2P(ピアトゥーピア)決済が可能です。

既存の金融システムでは個人間で送金を行うとすると仲介業者の影響で多くの手数料と時間がかかっていました(銀行の海外送金手数料は4000円ほど、反映は1〜3日後)が、ビットコインを利用すれば送金が1500円程度、反映も平均10分程度と安く・速く送金することができます。

さらに最近では新技術ライトニングネットワークが導入されたことで 送金手数料が数十円反映速度が数秒となりまだまだ進化を続けている 暗号資産(仮想通貨)の王様です!

ビットコインはその圧倒的知名度から ほとんど全ての販売所・取引所で購入することができるほか、他の暗号資産(仮想通貨)を買うための 基軸通貨となっています。また膨大な量の取引が行われていることから他の暗号資産(仮想通貨)に比べ価格の変動率(=ボラティリティ)が低く 安定していると言えるでしょう。

ビットコインについて詳しくはこちらをご覧ください。

最近会社で同僚や後輩がみんな「ビットコインで儲けた」だの「暗号資産(仮想通貨)がブーム」だの言ってるけどイマイチついていけてない、、、そんな置いてけぼり感で悩んでいませんか?いまや日本人の7人に1人が持っていると言われる暗号資産(仮想通貨)ビットコインを知らないなんて少し言いづらいですよね。そんなあなたに朗報です!暗号資産(仮想通貨)にとっても詳しいビットコインについて10分で教えちゃいます!ビットコインの論文を読んでややこしい技術的な部分までしっかりと理解したコインパートナーが初心者向けにわかりやすく教える内容を読めば、同僚や後輩よりもよっぽどビットコインに詳しくなれるはずです!しかも、ビットコインの仕組みだけでなく、安心して投資を始めらるれるようにビットコインの今後の価格予想や始め方まで解説します!今回はビットコインが今人気の理由や具体的な仕組み、危険性を紹介したのちに著名人の価格予想・具体的な購入方法を紹介しています。この記事を読んでビットコインについて深く理解して安心して「暗号資産(仮想通貨)オタク」の仲間入りを果たしてもらえたら幸いです。bitFlyerでビットコインを購入する!目次日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとは【メリット】ビットコインが人気の理由 ビットコインの仕組み 【デメリット】ビットコインの注意点ビットコインはまだ儲かるのか?今後の価格を著名人が予想!ビットコインの買い方 投資を始めてみよう!ビットコインのよくある質問まとめ日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとはビットコインとは、正体不明の経済学者「ナカモト・サトシ」が2009年に発表した世界初の暗号資産(仮想通貨)です。暗号資産(仮想通貨)は円やドルなど国が発行する法定通貨とも、楽天ポイントやTポイントなどの電子マネーとも異なる「最先端のお金」です。ビットコインは約1500種類ある暗号資産(仮想通貨)のうちの1つであり、最も古く最も人気があります。数々のニュースで取り上げられている通り、いまやビットコインは世界中でブームとなりつつあります。特に日本での人気は高くビットコインの取引量の約60%(世界一)を占め、日本の成人の15%がビットコインを保有しています。Source: DeNAトラベル調査なぜビットコインはこれ程までの人気を誇っているのでしょうか?【メリット】ビットコインが人気な4つの理由

ビットコインの年内価格予想

2020年のビットコインは ローリスク・ローリターン型の堅実な通貨であると予想します。

ビットコインの基本情報(2020年1月時点)

通貨名(通貨単位) Bitcoin(BTC)
運用開始時期 2009年
時価総額 約14.7兆円(第1位)
1日あたりの取引量 約4700億円
ブロック生成速度 約10分
ビットコイン(BTC)はこんな人にオススメ!
  • 手始めに何か暗号資産(仮想通貨)を持ってみたい人
  • 暗号資産(仮想通貨)市場には期待してるけどあまりリスクを取りたくない人
  • 大きな倍率でレバレッジをかけたい人

ビットコインのおすすめ取引所

ビットコインは国内外のほとんどの取引所で購入できますが、中でもビットフライヤーが最もおすすめです!

ビットフライヤーはビットコイン取引量国内No.1の実績を誇ります。

ビットフライヤーは、世界一のセキュリティにもなったことがあり、安心して円滑なビットコインの取引が出来ます!

登録は5分程で無料で行えます!

ビットフライヤーについては「bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・評判・手数料・登録方法を解説」で詳しく説明しているので、購入を検討する際にはこちらもご覧ください。

おすすめ取引所No.1

イーサリアム(ETH)

暗号資産(仮想通貨)時価総額ランキングNo.2のイーサリアム

 

先ほどの「2020年最注目銘柄ランキング」にも登場したイーサリアムは時価総額ランキングでも3位に位置付けています。

詳しい内容は先ほど説明しましたのでここでは割愛します。

目次イーサリアム(Ethereum)とはイーサリアムのチャート分析。相場からみる最新価格推移イーサリアムの問題と将来性。コインパートナーが分析したイーサリアムの今後の展望 イーサリアムの仕組みは?ビットコインと何が違うの?イーサリアムのここが凄い!イーサリアムのメリットイーサリアムにはこんなデメリットも・・・?!【イーサリアムの入手方法】オススメの取引所4選【イーサリアムの保管方法】ウォレット3選イーサリアムのQ&Aイーサリアムまとめ イーサリアム(Ethereum)とは イーサリアムとは、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(Dapps)を構築し実行する分散型プラットフォームの名称です。このイーサリアムのネットワーク内で使用される通貨の名前も同様に「イーサリアム」と呼びその通貨単位が「イーサ(Ether)」です。イーサリアムは現在時価総額2位の暗号資産(仮想通貨)です。 めちゃざっくりとした説明をすると、ビットコインにスマートコントラクトという機能をつけたのがイーサリアムというような感じです。イーサリアムではブロックチェーン上にお金のやり取りに加えて契約の情報も書き込むことが出来ます。 スマートコントラクトについて知りたい方はコインパートナーの記事をご覧ください! スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を考察!時価総額第二位の暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。続きを読む イーサリアムのチャート分析。相場からみる最新価格推移 (2017年7月20日現在) イーサリアムの価格推移です。2017年3月以降の価格の爆上がりは、暗号資産(仮想通貨)の認知度が上がってきて投資家やトレーダーが参入してきたことと、ICOがめちゃ加熱していたことがあげられます。 ICOの多くはイーサリアムのスマートコントラクトを使っているので、ICOに参加するにはイーサリアムが必要であり、ICOの盛り上がりによりイーサリアムの需要が大きくなったからです。

イーサリアムの年内価格予想

2020年のイーサリアムは ローリスク・ハイリターン型理想的な通貨であると予想します。

イーサリアムの基本情報(2020年1月時点)

通貨名(通貨単位) Ethereum(ETH)
運用開始時期 2014年2月
時価総額 約1.5兆円(第3位)
1日あたりの取引量 約2000億円
ブロック生成速度 約15秒

 

イーサリアム(ETH)はこんな人にオススメ!
  • ビットコインだけだと不安な人
  • ICOに参加してみたい人
  • プラットフォーム系の通貨が好きな人

イーサリアムのおすすめ取引所

イーサリアムは国内外のほとんどの取引所で購入できますが、中でもビットフライヤーが最もおすすめです!

ビットフライヤーは、2014年に設立された非常に人気がある取引所です。

強固なセキュリティなため、安心してイーサリアムの取引が出来ます!

登録は5分程で無料で行えます!

送金手数料が安い!

リップル(XRP)

暗号資産(仮想通貨)時価総額ランキングNo.3のリップル

 

リップルブロックチェーンを利用していない珍しい種類の暗号資産(仮想通貨)で、 手数料が安く反映が早い特徴を持ち、通貨と通貨の両替時に間に入る ブリッジ通貨としての役割を期待されています。

リップルではマイニングを必要とせずPoC(プルーフオブコンセンサス)と呼ぶ独自の承認方法を用いるため 送金手数料約20円反映速度約5秒と他の暗号資産(仮想通貨)と比べてもさらに早く・安く決済を行うことができます。

また、海外に送金する際の仲介通貨としても注目されています。

たとえば日本からアメリカにお金を送ろうとすると日本円を銀行でアメリカドルに両替し海外の銀行に送金しますが、リップルのシステム内であれば、日本円を瞬時にリップルに変換し受け取り手のところに届けることができます。

既存の金融システムとの相性が良いため三菱東京UFJ銀行三井住友銀行住信SBIネット銀行だけでなくイングランド中央銀行インドネシア中央銀行など 日本 国内外の様々な銀行と提携をしていて今後システム内に導入されていく見込みです。さらには 世界的大企業Googleまでもが唯一出資している暗号資産(仮想通貨) であることから 日常生活への導入が最も早い通貨になるのではないかと言われています。

リップルについて詳しくはこちらをご覧ください。

目次リップル(XRP)とはリップルの価格推移は?最新チャート分析リップルの将来性、問題は?コインパートナーの最新分析と今後の展望リップルの仕組みは?ビットコインとの違いは?リップルの凄さ!将来性はお墨付き!リップルにはこんなデメリットも・・・?!【リップルの入手方法】オススメの取引所3選【リップルの保管方法】ウォレット3選リップルの気になるQ&Aリップルまとめ リップル(XRP)とは リップル(Ripple)とは、Ripple Inc.によって開発されたILPとXRP Ledgerを複合的に用いた送金・決済システムの名称です。リップル内での基軸通貨はXRPで暗号資産(仮想通貨)であり、決済にかかる時間や手数料が小さくて済むという特徴があります。 このことからリップルは将来的に銀行間の国際送金システムでの活用など、現実世界で果たす役割が大きくなることが予想され、期待を集めています! リップル社について リップルについてきちんと理解するためにはリップル社の存在を知る必要があります。 リップル社はアメリカ合衆国カリフォルニアに本拠地を置いています。リップルの開発自体は2004年に始まりましたが、2013年になってリップル社により通貨としてのリップルが発行されました。 リップル社がリップルネットワークを作ることを計画し、そこで使われるのが暗号資産(仮想通貨)XRP(これをリップルと呼ぶこともある)ということに注意が必要です。 リップルの価格推移は?最新チャート分析 *2017/10/11 現在 リップルの通貨、XRPの価格推移を見てみましょう! 2017年5月にXRPは大きく高騰しました。要因としては、リップル社によるロックアップ発表に起因する流量安定化への期待、Googleによる出資や三菱東京UFJ銀行ら金融機関によるシステム採用のニュースから来る将来性への期待などがあります。 その後は落ち着きを見せていましたが、8月には後述のSWELL開催発表により値を上げ、10月にはSWELL開催が近づき注目の集中を反映して再び値を上げています。 価格の高騰についてはコインパートナーの記事で紹介しています。

リップルの年内価格予想

2020年のリップルは比較的 ローリスク・ハイリターン型の通貨であると予想します。

 

リップルの基本情報(2019年1月時点)

通貨名(通貨単位) Ripple(XRP)
運用開始時期 2015年11月
時価総額 約1兆6000億円(第2位)
1日あたりの取引量 約584億円
承認速度 約5秒
リップルはこんな人にオススメ!
  • Googleや銀行が提携している通貨を一緒に応援したい人
  • 格安で送金をしたい人
  • 既存の金融システムに信頼感を感じる人

リップルのおすすめ取引所

リップルの購入はビットフライヤーが最もおすすめです!

ビットフライヤーは、ビットコイン国内取引量No.1を誇る人気の取引所です。

ビットフライヤーは、強固なセキュリティや盗難補償があり安心してリップルの取引が出来ます!

登録は5分程で無料で行えます!

送金手数料が安い!

ビットコインキャッシュ(BCH)

暗号資産(仮想通貨)時価総額ランキングNo.4のビットコインキャッシュ

 

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂し誕生しました。

BCHが誕生したその理由にはBTCが人気が急速に高まることにより送金に時間がかかってしまうスケーラビリティ問題が発生したことに原因があります。

この問題の解決策を巡ってマイナーの間でその意見がわかれている最中でした。

そこでブロックサイズを大きくすることで一度に処理できる送金情報を増大、スケーラビリティ問題を解決しようと考えたマイナーたちがビットコインを分裂(ハードフォーク)させブロックサイズが大きなビットコインを作り出しました。

分裂以後、ビットコインキャッシュはビットコインとは完全な別通貨として機能することになります。

ビットコインキャッシュについては以下の記事をご覧ください。

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのハードフォークで生まれた暗号資産(仮想通貨)です。決済にも使われる可能性の高い暗号資産(仮想通貨)の特徴・買い方のような基本的なことから将来性・チャート分析など発展的なことまでどの記事よりもわかりやすく解説します!

ビットコインキャッシュの年内価格予想

ビットコインキャッシュの基本情報(2019年10月時点)

通貨名(通貨単位) ビットコインキャッシュ(BCH)
マーケットシェア 1.8%
時価総額 約4187億円
ランキング 5位
価格(1BCH) 23199円

ビットコインキャッシュはこんな人にオススメ!
  • ビットコインの名を冠した新しい通貨に興味がある人
  • 安定した取引に徹したい人

ビットコインキャッシュのおすすめ取引所

ビットコインキャッシュは国内外のほとんどの取引所で購入できますが、中でもビットフライヤーが最もおすすめです!

ビットフライヤーは、2014年に設立された国内取引所です。

ビットコインの取引量国内No.1の実績もある人気の取引所です。

セキュリティ世界1に輝いたこともあり、安心してビットコインキャッシュを取引できます!

登録は5分程で無料で行えます!

送金手数料が安い!

ライトコイン(LTC)

暗号資産(仮想通貨)時価総額ランキングNo.5のライトコイン

 

ライトコインは、2011年にビットコインをオープンソースとして作られ元Google開発者のCharlie Lee氏によって発表されました。

今までビットコインは多くなった取引量が起因し、決済時10分もの承認時間がかかってしまうということが問題で挙げられていました。

そこでビットコインをベースに取引時間の短縮を目指して開発されたのがこのライトコインです。

このライトコインとビットコインはその関係性からデジタルアセットの金と銀と呼ばれています。

その為BTCより発行数が多くライトコインの発行上限は8400万枚と、ビットコインの発行上限の4倍になっています。

これは上述の通りビットコインが希少性の高い金、ライトコインは流通量の多い銀という関係である根拠です。

そのため、1BTCあたりの値段が安く買いやすいためより参入しやすいともいえるでしょう。

加えてライトコインの承認時間は2.5分と、ビットコインの承認時間の1/4となっています。

承認時間が短いということは、ブロックの生成時間が短いためより取引を早く行うことができます。

そしてライトコインは2019年8月5日に半減期を迎えました。

マイニング報酬として新規発行される量が25LTCから12.5LTCへと半減しました。

半減期を迎えると、供給量が減少、価格が上昇すると言われており、ライトコインは半減期を迎えた8月5日、価格が急上昇しました。

ライトコインの次の半減期は4年後の2023年ごろに来るそうです。

ライトコインについて詳しくはこちらをご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)のライトコイン(LTC)の今後について徹底予想します!ライトコインは2019年現在時価総額5位の優良コインです。この記事では、特徴や過去のチャートから将来性を予想していきます。購入におすすめの取引所もご紹介!

ライトコインの年内価格予想

ライトコインの基本情報(2019年10月時点)

通貨名(通貨単位)

litecoin(LTC)

半減期 4年毎
時価総額

約3794億円

マーケットシェア 1.6%
ブロック生成速度 約2.5分
ライトコインはこんな人にオススメ!
  • 取引時間の短縮に惹かれた人
  • 半減期で一攫千金を目指したい人

ライトコインのおすすめ取引所

ライトコインは国内外のほとんどの取引所で購入できますが、中でも ビットフライヤーが最もおすすめです!

ビットフライヤーは、2014年に設立され国内でも非常に人気のある取引所です!

セキュリティ世界1に輝き、盗難補償制度があるビットフライヤーであれば安心安全にライトコインの取引ができます!

登録は5分程で無料で行えます!

送金手数料が安い!

 
ポイント1

仮想通貨で最大の利益を出すための6つのポイント

(1)2つの分析法を駆使して安く買って高く売ろう!

暗号資産(仮想通貨)取引では10000円で買ったものが20000円で売れれば10000円の利益、といったように「買値」と「売値」の差が利益になります。そのため利益を大きくするためには単純に「 安く買って高く売る」ことが大事であり、それは価格の変化を予測することを意味します。価格がいつ上がるか、いつ下がるかを判断する方法にはファンダメンタル分析テクニカル分析の2種類があります。いずれの方法も一朝一夕で身につくものでは無いですが、 両方の分析法を駆使すればかなりの高確率で価格の変化を予想することができます

 

ファンダメンタル分析は社会事象をもとに価格の変化を予測する方法です。

たとえば、「ビットコインがハードフォークするから価格が上がりそう!」や「中国で暗号資産(仮想通貨)規制が入ったから価格が下がりそう、、、」などと予測を立てることです。

ファンダメンタル分析を行う上で大切なことは 暗号資産(仮想通貨)の最新情報を入手することと、 入手した情報を活かせるだけの暗号資産(仮想通貨)への理解力をもつことです。基本的に暗号資産(仮想通貨)の情報は日本より 海外の情報の方が早いため英語が得意な人は英語の情報サイトなどを利用すると多くの情報を集めることができます。暗号資産(仮想通貨)への理解力は基礎的な事項から勉強をすることで少しずつ身につけましょう。

 

テクニカル分析は過去のチャートの形やパターンをもとに価格の推移を予測することです。暗号資産(仮想通貨)に関する知識がなくても分析ができますが、ファンダメンタルズを起因とする事象に対する適性がほぼ皆無であるため「なんでここでこんなに下がるの!?」となりかねないので ファンダメンタル分析との併用をおすすめします。テクニカル分析では数学的データを基とする テクニカル指標を活用するためまずはそれを身につけなければなりません。株のチャートと同じ利用するものは同じなのでたくさんの書籍やウェブサイトで学ぶことができるはずです。

コインパートナーでは毎日ビットコインのチャート分析を行っているのでそちらもご確認ください!

(2)取引所で暗号資産(仮想通貨)を売買しよう!

暗号資産(仮想通貨)の購入は取引所と販売所で可能ですが、結論から言うと 取引所の方が暗号資産(仮想通貨)を安く買え高く売ることができます

  取引所 販売所
手数料
取扱通貨数(国内)
取扱通貨数(海外) ×
利便性

「取引手数料無料」をうたっている販売所も多いですが、 販売所ではそもそもの価格が取引所と比べ高く設定しています。販売所における相場価格とのズレを「スプレッド」といい販売所の隠れた手数料となっており圧倒的に 取引所の方が安いのです。

国内の取引所のデメリットは品揃えが少ないことですが 海外の取引所は取扱品種がとても多く、中には100種以上の通貨を取り扱う場所もあるので、日本の取引所でビットコインを購入し海外の取引所に送金することで国内で買えない通貨を安く買うことができます。

各取引所によって取扱通貨や手数料が異なるので、 複数の取引所を開設し自分の利用目的に応じて使い分けることをおすすめします。

 

今回紹介した通貨にもっともオススメの取引所はこちらです。なお、海外の取引所は日本円の入金ができないため国内でビットコインを購入し送金する必要があります。

各取引所の特徴は以下の記事で紹介しているので気になる方はこちらもご覧ください。

「暗号資産(仮想通貨)投資初心者が安心して簡単に暗号資産(仮想通貨)取引を行うために最もおすすめの取引所」を教えます! 有名暗号資産(仮想通貨)取引所全てを徹底的に比較し、であるコインパートナー編集部が自信を持って初心者におすすめ出来る取引所をランキング形式でご紹介します

(3)複数の通貨を購入しよう!

どれだけいい通貨をみつけたとしても、当然層の通貨への投資がうまくいかず価格が下がってしまう可能性があります。資産を全額特定の通貨に投資しているとその際の 損失が大きくなってしまいます

さらには他の通貨があがった際に恩恵をうけることができず 機会損失をしていることになります。

複数の通貨に資金を分散しておけば特定の通貨が大暴落したとしても被害を最小限に抑えることがで リスクヘッジになるほか、「当たり」の通貨を持っている可能性が上がるので期待値的に より多くの利益を得ることができます

ただ以下のような人には分散投資はおすすめできません。

  • 資金が極端に少ない人
  • 投資を始めたばかりの超初心者

資金が極端に少ない場合は資産を分散させると一通貨あたりの投資額が少なくなり、 手数料だけで資金のほとんどが消えてしまう可能性があります。

資金が極端に少ない場合は安定した通貨にいれるか、失うのを覚悟で草コインに入れてしまうのも手でしょう。

また、投資を始めたての超初心者では複数の通貨を追いきれずよくわからないままに資金が変化してしまう可能性があります。

初心者はまずは 少額で一つの通貨に投資を始め投資に慣れるのが良いでしょう。ある程度投資に慣れることができたら投資資金を増やし 必ず分散投資に切り変えましょう

 

(4)一度買ったらしばらく持っておこう!

暗号資産(仮想通貨)取引でもっとも勿体無い損失が「 手数料による損失」です。

手数料は主に以下の4種類があります。

  • 入金手数料・・・日本円を取引所に入金する際の手数料。入金方法によるが0〜500円程度。
  • 出金手数料・・・取引所にある日本円を銀行口座に出金する際の手数料。500円前後。
  • 送金手数料・・・暗号資産(仮想通貨)を他の取引所・ウォレットに送金する際にかかる手数料。通貨や送金方法により大きく異なる。
  • 売買手数料・・・暗号資産(仮想通貨)を売ったり買ったりする際にかかる手数料。取引額の0.1〜0.2%前後。

たとえば「暗号資産(仮想通貨)を売って日本円にし、現金として取り出す」という作業では毎回売買手数料・出金手数料がかかります。もし海外の取引所にある通貨ならばそれにさらに送金手数料までかかります。

つまり、こまめに取引や入出金を繰り返しているとその都度手数料をとられ、 みるみるうちにお金が減っていくこととなります。せっかく増やしたお金を守るために「 一度買ったらここぞ!という時まで動かさない」という気概を持っておきましょう。

(5)自信があればレバレッジをかけよう!

自分が持っているお金を担保に持っている額以上の取引をすることを レバレッジ取引と呼びます。

たとえば、あなたが1万円をもっていた場合5倍のレバレッジをかければ5万円分の取引をすることができます。もし5万円分の通貨を購入し7万円になれば、差額の2万円を利益として受け取ることができます。

ただもし5万円分買った通貨が3万円まで下がったらどうでしょう。2万円分の損が発生しているので持っていた1万円は没収されさらにもう1万円分の借金ができてしまいます。このようにレバレッジ取引で発生する借金追加保証金(追証)と呼びます。レバレッジ取引の中には自分の元手がなくなる前に取引を強制終了する「追証なし」を選択できる場所もあります。

いずれにせよレバレッジ取引は大きな利益をうむ可能性がある反面、大きな損失をうむ可能性ももっています。「絶対にここから価格があがる!」という自信がない限りはおすすめしませんが、 自信がある際には利益を何倍にもすることができます

レバレッジの最大倍率は取引所によってことなりますが、海外では最大で100倍まで倍率をかけられる取引所もあります。

レバレッジ取引について詳しくはこちらをご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

(6)購入後はウォレットに保管しよう!

厳密には「利益を増やす方法」ではなく、「 増やした資産を守る方法 」としてウォレットを紹介します。

先日の「コインチェックハッキング事件」で取引所に置いてあった580億円相当の暗号資産(仮想通貨)が盗難されました取引所に暗号資産(仮想通貨)をおいておくことは、取引所がハッキングされたり倒産した際に自分でお金を引き出せなくなる可能性もあり 危険を伴います。(取引所からお金が引き出せなくなることを、有名な「マウントゴックス事件」から「ゴックスする」と言います。)

そのため自分で自分の暗号資産(仮想通貨)を管理できるツールウォレットを使うことを推奨します。特にオフラインで暗号資産(仮想通貨)を管理できる「コールドウォレット」はハッキングへの耐性がとても高くおすすめです。

各通貨によっておすすめできるウォレットが異なる上、無料のものから有料のものまであるので一概に「このウォレットが一番!」ということはできませんが、ビットコインのおすすめウォレットはこちらで紹介しています。また、各通貨の記事中にその通貨のオススメウォレットを複数紹介しているのでそちらもご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。

 
ポイント2

取引で利用できるオススメツール5選

暗号資産(仮想通貨)を基礎から学べる本-いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン / 大塚雄介-

コインチェックの共同創業者(現COO)の大塚雄介の著書です。

ビットコイン関連の多くの専門書が出版される中、この本は 初心者向けにわかりやすく基礎事項の解説をしています。

価格は1620円(税込です。購入はこちらから。

 

時価総額ランキング100をリアルタイムで確認できるサイト-CoinMarketCap-

CoinMarketCapは1500種以上の 暗号資産(仮想通貨)の時価総額をランキング順で確認できます

一目で上位100個を確認できるのはもちろん、草コインの時価総額順位もわかります。

さらには通貨をクリックすることで、通貨の価格・チャート・取引量の他に取り扱われている取引所も確認することができます。

唯一の欠点はサイトが英語であることですが、 暗号資産(仮想通貨)のデータを確認する上ではなくてはならないツールです。

サイトへはこちらから。

 

暗号資産(仮想通貨)向きの銀行口座-住信SBIネット銀行-

住信SBIネット銀行は国内ほとんどの取引所に対応しているため、24時間365日日本円の入出金を行うことができます。

また、通常の銀行入金は反映までに數十分から数時間かかりますが住信SBIネット銀行であれば 2〜3分で入金が反映される上、銀行振込手数料もかかりません

住信SBIネット銀行はネットバンキングなので店舗を持ちませんが、全国のATMで月に最低でも3回は無料で現金を引き出すことができます(利用額に応じて回数はさらに増えます)。

口座開設はこちらから。

暗号資産(仮想通貨)取引所への入金にお金をあまりかけたくないとお思いですか?あなたが普段利用している銀行ですと入金手数料がかかってしまうでしょう。そこで今回は入金手数料が無料になる住信SBIネット銀行の特徴やメリットを全て解説していきます。

 

チャートを確認できるスマホアプリ-TabTrader-

TabTraderは 暗号資産(仮想通貨)のチャートを確認するためのスマートフォンアプリです。AndroidとiPhoneの両方に対応しています。

23の取引所で表示されているチャートを全通貨ペアについて確認できるのほか、一定の価格になった際に通知をするアラート機能もあります。Android版ではAPIを利用した 通貨の取引もできます。

iPhone用のダウンロードはこちらから。Android用のダウンロードはこちらから。

 
まとめ

仮想通貨おすすめ まとめ

①年内の利益の期待値 

②世界的知名度 

③国内の知名度 

④リターンの大きさ 

⑤実用性 

の5つの観点から暗号資産(仮想通貨)のランキングを発表し、最後には利益を最大化するためのテクニック・ツールを紹介しました。

コインパートナーが500種以上を調べた上でランキングを決めていますが、価格の上昇を保証するものではありません

自分でのリサーチも含めリスクをしっかりと把握し 投資はあくまで自己責任でお願いします

それでは 良い暗号資産(仮想通貨)ライフを

おすすめ取引所No.1