「ビットコインで資産運用してみたいけど、どうやるの?」

と悩んでいる方も多いかと思います。

確かにビットコインの投資って何から始めればいいのかわからないですよね。

そこでこの記事では、初心者にもわかりやすいように、仮想通貨・ビットコインでの資産運用の始め方やメリット・デメリット、オススメの取引所などを全て解説しています。

これを読めば、ビットコインについてあまり詳しくない人も、簡単に安全に資産運用が始められるようになります!

ビットコイン投資をざっくり説明すると

  • ビットコインは資産運用に向いている
  • 希少価値が上昇し、儲かる可能性が高い
  • ビットコインを購入するには取引所への登録が必須!

ビットコインへの投資はわずか3ステップで簡単に始められます。

暗号資産(仮想通貨)の始め方

最も人気の取引所は、初心者満足度1位のコインチェックです。

コインチェックのバナー

取引手数料は完全無料で、業界No.1の信頼性を誇ります。

おすすめ取引所No.1

コインチェック公式サイト

ビットコインとは?

ビットコイン(BTC)は正体不明の数学者「中本哲史(ナカモトサトシ)」 が論文で発表した世界最初の暗号資産(仮想通貨)です。

ブロックチェーンでお金を分散管理しているため透明性が高く、マイニングにより整合性が保たれ続けるため改ざんが不可能である特徴を持ちます。

管理者が存在せず仲介人なしに世界中で個人間の送金が行えるため、送金手数料が安く反映も早い新たな送金手段として注目されています。

金融商品としても人気が高く、日々活発に取引が行われています。

 

さらに詳しく知りたい方はこちらを参照ください!

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている暗号資産(仮想通貨)です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!
 

ビットコインでの資産運用の始め方

取引所に登録する

ビットコインで資産運用するには、まず取引所に登録する必要があります。

取引所の登録は以下の手順で行います。

取引所の登録方法

  • 暗号資産(仮想通貨)取引所の公式サイトからメールアドレスを登録する
  • 取引所からのメールに記載されているリンクから個人情報を入力する
  • 本人確認書類の画像をアップロードする
  • 本人確認用のハガキを受け取る

口座開設までの流れは、基本的にどの取引所でもこの手順になります。

口座開設が完了するまで約1週間ほどかかる場合が多いです。

安心安全のCoincheckの口座を開設!

詳しくはこちら!

ビットコインの口座開設・ウォレット作成をしたいけど、何が必要で取引所はどこを選べばいいのか?今回は、そんな悩みを解決するために、ビットコインの口座開設に必要な書類・手順をまとめました!この記事を見ながら、一緒に暗号資産(仮想通貨)を始めましょう。
 

日本円を入金する

取引所の登録が完了したら、取引所の口座に日本円を入金しましょう。

入金方法は取引所によって異なりますが、以下の3種類が一般的です。

日本円の入金方法

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

入金方法によって手数料が異なる場合があるので、注意しましょう。

曜日や時間によっては入金の反映に時間がかかる場合があります。

 

ビットコインを購入する

日本円を入金したら、ビットコインを購入しましょう。

現物取引の場合、購入したビットコインの値段が上昇すると、その差分が利益となります。

自分の生活スタイルにあった無理のない取引を行いましょう。

暗号資産(仮想通貨)を買ってみたいけど購入方法がわからない、難しい。そんな悩みを抱えている方に、暗号資産(仮想通貨)の購入方法はもちろん、初心者が知っておくと便利な取引所の情報や注意点までわかりやすく解説します。
 

ビットコインで資産運用するのにおすすめの取引所3選

ビットコインで資産運用するのに適した暗号資産(仮想通貨)取引所をコインパートナーが3つ厳選しました。

ビットコインの資産運用におすすめの取引所

  • Coincheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin

 

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のここがすごい!

  • FX超大手のマネックスグループが運営
  • 取扱通貨数が国内最多の11種類
  • アプリ内ダウンロード数日本一
  • 初心者でも直感的に使いこなせるデザイン

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheck(コインチェック)はアプリダウンロード数230万以上と国内最多の取引所です。

シンプルな見た目と使いやすい操作性から初心者にもとても人気があります。

また、取り扱い通貨が多いことでも有名で、ビットコインはもちろん、リップルなど含め合計11種類の暗号資産(仮想通貨)を取引できます。

販売所形式の取引なので難しい操作がなく、簡単に取引できます。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

ポイント 評価
手数料 無料
取り扱い通貨 BTC,ETH,XRP,LSK
FCT,ETC,XEM,LTC
BCH,MONA,XLM
使いやすさ ★★★★★
信頼性 ★★★★★
おすすめの人 初心者の方

Coincheckの公式サイトはこちら

おすすめ取引所No.1

Coincheckでビットコインを購入する!

Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるよう、セキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の登録方法や日本円の入金方法なども解説しています。
 

GMOコイン

GMOコインのここがすごい

  • 運営会社の信頼感が業界最高峰!
  • 高機能スマホアプリからの取引が可能!
  • 初心者に嬉しい少額取引が可能!

GMOコインの特徴

GMOコインは東証一部上場のGMOインターネット株式会社が運営する国内最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

GMOインターネット株式会社は取引高世界一の実績もあるGMOクリック証券という証券会社も運営しており、安心感は業界最高峰と言えます。

また、暗号資産(仮想通貨)FXに特化したGMOコインの公式スマホアプリ「ビットレ君」をリリースしており、チャート分析ツールやワンタッチでの注文機能などが備わっていて非常に使いやすいです。

今回はGMOコインの最強レバレッジ取引アプリである「ビットレ君」の使い方を解説します。ログイン方法・入金方法に加え、各注文のやり方やテクニカル分析に使える指標まで詳しく説明しています。ビットレ君の使い方をマスターしましょう!
 

GMOコインの基本情報

ポイント 評価
手数料 無料
取り扱い通貨 BTC,ETH,XRP,BCH
LTC,XEM,XLM
使いやすさ ★★★★
信頼性 ★★★★★
おすすめの人 ほぼ全ての人

GMOコイン公式サイトはこちら

GMOコインでビットコインを購入する!

GMOコインの新規登録・口座開設方法を画像付きで解説しました!この記事では、詳しい手順や、口座開設までにかかる日数、二段階認証の設定方法、GMOコインの入出金方法まで紹介しています。
 

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのここがすごい

  • 運営会社は為替FXで口座数日本一の実績!
  • 超大手企業ならではの安心感と信頼感!
  • スマホアプリからもFX取引が可能!
  • 多くのアルトコインでもFX取引が可能!

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、超大手企業のDMM.comが運営する暗号資産(仮想通貨)FX取引に特化した取引所です。

DMM Bitcoinのスマホアプリでは、暗号資産(仮想通貨)FXはもちろん、現物取引や経済指標などの情報収集をすることも出来ます。

また、7種類のアルトコイン、14の通貨ペアでFXが出来るのはDMM Bitcoinだけです!

暗号資産(仮想通貨)FXとは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引です。この記事では、暗号資産(仮想通貨)FXを始める上で必須の基礎知識やメリット・デメリット、そしてコインパートナーのトレーダーが厳選したおすすめ取引所BEST3も紹介しています!
 

DMM Bitcoinの基本情報

ポイント 評価
手数料 0.04%/日(レバレッジ建玉)
取り扱い通貨 BTC,ETH,XRP,LTC
BCH,NEM,ETC
使いやすさ ★★★★
信頼性 ★★★★★
おすすめの人 ビットコインのFX取引をしたい人

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

レバレッジ取引するなら!

DMM Bitcoinでビットコインを購入する!

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の暗号資産(仮想通貨)取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。
 

ビットコインで資産運用するメリット

透明性の高いP2Pネットワーク

P2Pネットワークとは、銀行などのように中央管理者がおらず、ビットコイン保有者全員のパソコンで分散管理するような仕組みです。

それぞれのパソコンのネットワークでデータを共有しているため、誰かがデータを改ざんしようとしても簡単に発見することができます。

また、ハッキングなどの攻撃を受けても簡単に復元することができます。

P2Pネットワークは透明性・安全性が高いというのが特徴です。

国家の財政破綻のリスクヘッジ

これは日本にいるとあまり実感できないかもしれませんが、法定通貨は基本的に特定の国に依存しており、その国が破綻した場合、価値がほぼ0になります。

破綻とまではいかなくとも、情勢が不安定になるだけでも価値が急落することがあります。

その点、ビットコインは国に依存しないため、法定通貨の財政危機へのリスクヘッジとしても注目されています。

実際、2013年に起きたキプロス危機の時や、現在もインフレに苦しむジンバブエからはビットコインへの資金流入が起きています。

インフレになる可能性が低い

ビットコインは発行上限数量が2100万枚と決まっています。

希少性が保全されているため、ビットコインはインフレになる可能性が低いです。

また、供給量が決まっているため、需要が高くなるとビットコインの価格が上昇します。

24時間365日取引が可能

資産運用に適した金融商品には、株やFXなどがありますが、24時間365日いつでも取引ができるのは暗号資産(仮想通貨)だけです。

金融商品 取引時間

暗号資産(仮想通貨)(ビットコイン)

24時間365日

FX(外国為替) 平日のみ24時間
平日のみ9時~11時30分、12時30分〜15時

仕事が忙しい人や学生であっても、自分の生活リズムに合わせて取引することができます。

また株やFXと違い、1000円程度の少額から取引可能となっています。

 

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

ビットコインで資産運用するデメリット

ハッキングによる盗難リスクがある

ビットコインのセキュリティは、ブロックチェーンを始めとした高度な技術によって支えられています。

そのため、改ざんの危険性は一般的に想像されるよりもずっと低いです。

しかし、取引所にセキュリティ面での不安があります。

2018年1月26日、国内大手取引所であったCoincheckがハッキングを受け、580億円相当の暗号資産(仮想通貨)が盗まれました。

その他にも、マンウトゴックスZaifでも同様の事件が起こっています。

ビットコインで資産運用をする場合は、ウォレットで管理するようにしましょう。

暗号資産(仮想通貨)を始めてみたいけど、ハッキングとかが怖い...そんなあなたのために、実際に過去に起こったハッキング事件の詳細から、その手口、さらにはそれらの対策方法まで!この記事を読んで安心して暗号資産(仮想通貨)を始めてみませんか?
 

価値の保証がない

先ほど法定通貨が無価値になる可能性を述べましたが、それはビットコインも同様です。

法定通貨の場合、国が破綻しない限りは無価値になることはほぼありませんが、ビットコインは所有者全員で価値を支える形なので、支える人がいなくなると価値は0になってしまいます。

実際、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)の中には、100分の1ほどにまで価格が急落し、短期間でほぼ無価値になった通貨が多く存在します。

ビットコインが無価値になる可能性は低いとは思いますが、誰も保証してくれないということは留意しておく必要があるでしょう。

ビットコインでの資産運用の種類

現物取引

現物取引とは、「ビットコインを本当に買って、売る」という投資手法です。

買った時の値段より、売った時の値段の方が高ければ、その差額が利益になります。

多くの人が無意識に行なっているビットコイン投資はこれです。

「ビットコインを購入する」場合は、こちらの投資に繋がります。

現物取引の場合、値動きが小さいと大きな利益を出すことが難しくなります。

また、長い期間価格が下がり続けている時は利益をあげることができません。

しかし、実際にビットコインを所持しているため、投資しながらも決済手段として使用することはできます。

現物取引はローリスクローリターンな投資手法で、自分の資産のイメージがしやすく、投資判断が易しいため、初心者にむています。

暗号資産(仮想通貨)FX取引

FX取引とは、「ビットコインを"買う"もしくは"売る"の宣言だけを繰り返す」という投資手法です。

本物のビットコインの取引を行わず、買う売るの仮定の元での、差額にのみ注目します。

後述する空売りやレバレッジを使いこなすことで、地味な価格変動の中でも大きな利益をあげることができます

そういった意味で、現物取引がローリスクローリターンだとすると、FX取引はハイリスクハイリターンです。

初めて取引をされる方は、まずは一度だけでも現物取引を経験しておくことを強くお勧めします。

暗号資産(仮想通貨)FXとは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引です。この記事では、暗号資産(仮想通貨)FXを始める上で必須の基礎知識やメリット・デメリット、そしてコインパートナーのトレーダーが厳選したおすすめ取引所BEST3も紹介しています!
 

アービトラージ

アービトラージとは、取引所間で生じる価格差を利用してビットコインを売買し、利益を生み出す手法のことです。

「裁定取引」や「サヤ取り」ともいいます。

方法は単純で、安い取引所でビットコインを買い、高い取引所で売るだけです。

アービトラージは、現物取引よりさらにローリスクローリターンな投資方法と言えます。

 

下記のような相場であれば、1BTC=949,122円をbitFlyerで買ってFISCOで売ると50,903円の利益になります。

流動性に問題がある場合もありますが、価格差の大きい時を狙ってアービトラージすると大きな利益を得ることができます。

ビットコインアービトラージは取引所ごとの価格差で利益を上げる投資方法です。低いリスクでコツコツと利益を上げることができます。この記事ではやり方やコツ、注意点などを詳しく解説しています。
 

ビットコインの保管方法・おすすめのウォレット

ビットコインを購入し、取引所に置いたままではハッキングのリスクが高く、最悪の場合、ビットコインを盗難されてしまいます。

安全なウォレットでビットコインを管理するようにしましょう。

Ginco

 

「Ginco」​は、日本企業からリリースされた、暗号資産(仮想通貨)のクライアント型モバイルウォレットです。

クライアント型とは、ビットコインを保管する際に認証コードのような役割を持つ秘密鍵を自分で管理できるということを意味します。

秘密鍵を集中的に管理する取引所やその他多くのモバイルウォレットに比べ、ハッキングに狙われにくいという特徴があります。

日本語にも対応しており、スマホアプリで簡単にビットコインを管理できます。

Gincoというウォレットをご存知ですか?暗号資産(仮想通貨)を取引所に置きっ放しにする危険性が指摘される最近、颯爽と現れた日本産ウォレットです。日本企業による日本人のためのウォレットの特徴・登録・使い方を易しく説明します!
 

Ledger Nano S

もっとも安全にビットコインを保管できるのがハードウェアウォレットです。

その名の通り、ハードウェア上にオフラインでビットコインの送金権限を管理します。

オフラインなので、ハッキングのリスクに常に晒されずに済みます。

中でもLedger Nano Sは、保管可能暗号資産(仮想通貨)の種類が圧倒的に多く、優れたハードウェアウォレットです。

一時期は注文が殺到し、品薄状態になるほどでした。

Amazonでは偽物も出回っており、高額商品でもあるため、信頼できる代理店もしくは公式ページから購入する様にしましょう。

Ledger Nano Sの購入はこちら

Ledger Nano Sは、世界的にも大人気のUSB型ハードウェアウォレットです。この記事では、Ledger Nano Sの購入方法、初期設定方法から送金・受金方法といった使い方について徹底解説していきます。
 

ビットコインで資産運用する際の注意点

ビットコインで資産運用する際は以下の3点に注意しましょう。

ビットコインを盗難されてしまったり、資産を大幅に減らしてしまう可能性があります。

ビットコインで資産運用する際に注意すべき点

  • 他の金融商品に比べてボラティリティが大きい
  • セキュリティの高い取引所を利用し、盗難リスクを減らす
  • Free Wi-Fiやネットカフェのパソコンは利用しない

ボラティリティが大きい

ボラティリティとは、価値変動の激しさを表す指標のことです。

ボラティリティが高いと実際の収益が期待値から外れる可能性が大きくなり、ボラティリティが小さいと収益が期待値に近くなる可能性が大きくなるため、リスクの指標の一つとしてよく用いられています。

ビットコインを含む暗号資産(仮想通貨)は全体的に、他の金融商品に比べ、ボラティリティが高い傾向があります。

株やFX,暗号資産(仮想通貨)の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインパートナーがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!
 

セキュリティの高い取引所を利用する

先ほど述べたように、暗号資産(仮想通貨)取引所は度々ハッキングによる盗難被害に遭っています。

取引をしていない時はウォレットで暗号資産(仮想通貨)を管理するとしても、なるべく取引所もセキュリティの高いところを選びましょう。

セキュリティが高いかどうかを判別するには以下の部分から判断することができます。

取引所のセキュリティのチェックポイント

この二つの対策を行っている取引所を利用しましょう。

また盗難が起きた際、補償などの制度を設けている取引所は安心です。

街やカフェのFree Wi-Fiを利用しない

街やカフェなどのFree Wi-Fiは利用しないようにしましょう。

閲覧しているWebサイトのURLや履歴、メールの内容などを、同じフリーWi-Fiに接続している第三者が簡単に覗き見することができてしまいます。

自分の口座にログインされ、ビットコインを盗難されてしまう可能性もあります。

必ず信用のおけるWi-Fiを利用するようにしましょう。

ビットコイン資産運用まとめ

ビットコイン資産運用まとめ

  • ビットコインは資産運用に向いている
  • まずは取引所の口座開設
  • 購入したビットコインはウォレットで安全に管理

この記事では、ビットコインで資産運用を行うメリットや注意点、始め方などを解説しました。

記事に書かれている注意点を守り、適切に取引を行えば、ビットコインで資産を増やすことができる可能性があります。

正しい知識を身につけて、正しい投資判断を下せるようにしましょう!

まずは人気No.1のCoincheckで口座開設