「ネム(NEM/XEM)に興味があるけどどうすれば買えるの?」、「どの取引所で買うのがいいのかがわからない」という方も多いのではないのでしょうか?

この記事では、おすすめの取引所はもちろん、仮想通貨初心者という方にもわかりやすいように取引所の登録からネム(NEM/XEM)の購入方法まで詳しく解説します!

ネム(NEM/XEM)とは

ネム(NEM/XEM)とはの見出し画像

NEM(New Economy Movement)とは、ブロックチェーン技術を用いた様々なサービスを提供する仮想通貨プロジェクトのことです。

このブロックチェーン上の通貨の名称がNEMであり、通貨単位はXEMです。

マイニングとは違って、膨大なマシンパワーや資金などを必要としない承認作業であるハーベストや、先に控えたカタパルトというアップデートへの期待感から、日本でも多くの注目を集めています!

下記の記事でネム(NEM/XEM)について詳しく解説しているので気になる方はご覧ください。

コインチェックのハッキング事件でも話題になった仮想通貨NEM(ネム/XEM)。実は、開発が上手く行けばリップルをも凌ぐ取引のはやさを実現できる将来性のある仮想通貨です。特徴やメリット・デメリット、取引所やウォレットなど網羅的に解説します!
 

チャートを確認

NEMのチャートを確認してみましょう。

ネム(NEM/XEM)のチャート画面

(緑色の線がネム(NEM/XEM)の日本円)

2017年12月までは横ばいになっていましたが、12月に入りWeChatとの提携というフェイクニュースで一度高騰しすぐに下がります。

ですが、どうやら実際にWeChatでNEMの送金が可能だということ、また先に控えるカタパルトへの期待も相まって持ち直します。

年が明けると、新規参入の増加などもあり、12月頭には27円程度だったのが、一時225円ほどまで値上げしました。

その後韓国の規制情報やコインチェックでのNEMの不正引き出しなどがあり下落し今に至ります。

今後の回復に期待でしたいところです。

ネムの今後についてコインオタクが分析した記事もあるので、気になる方はご覧ください。

NEM(ネム)は、新しい経済圏を作ることを目的としたプラットフォームです。2018年に流出事件が起き、一躍注目を浴びたNEMの今後について考察しました。この記事では、NEMが今後どうなるかについて徹底的に解説します。
 

ネム(NEM/XEM)の買い方

ネム(NEM/XEM)の買い方の見出し画像

一般的に、NEMに限らず仮想通貨を買える所としては、取引所販売所の2種類があります。

もちろん、こうした取引所は国内だけでなく海外にもありますが、日本円で買う場合には少し手間が増えるので注意が必要です。

取引所と販売所の違い

販売所とは

販売所では、「個人ー販売所」間で取引が行われ、販売所側が提供する価格で購入・売却をすることになります。

この場合、買いたい量をその場ですぐに買うことができます

しかし販売所では価格に「スプレッド」という、売買の際の価格の開きがあります。

これはつまり、取引所に比べて買うときは高く、売るときは安くなってしまうということです。

取引所とは

取引所では、「個人ー個人」間で取引が行われるため、購入する際には売る人との間で取引が成立するまで時間がかかることがあります。

しかし、手数料はあるものの(手数料がゼロという取引所もよくありますが)スプレッドはないため販売所よりも安く購入することができます

詳しい違いについては下記の記事で解説しています。

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。
 

海外取引所での購入

海外にはかなり豊富な種類の通貨を扱っていたりと魅力的な取引所がたくさんありますが、海外の取引所では日本円で直接通貨を購入することができませ

一度国内でビットコインなどの海外でも扱われている通貨を購入し、それを海外の取引所に送ってから取引をする必要があります。

海外の取引所はビットコインの他にも有望な仮想通貨を多く取り扱っているから、利用してみたい!でもどうやって選べばいいかわからない、という方必見です!おすすめの海外取引所や選ぶ時のポイントまで全てコインオタクが解説しています!
 

ネム(NEM/XEM)の購入にオススメの取引所

ネム(NEM/XEM)の購入にオススメの取引所の見出し画像

ネムの購入にオススメの取引所をランキング形式で紹介していきます!

コインオタクでは2つ以上の取引所に登録し、リスク分散することをお勧めしています。

ネム(NEM/XEM)の購入にオススメの取引所

「NEMを買いたいんだけど取引所が多過ぎてどこで買えばいいのかわからない」「手数料がもっと安い取引所を知りたい」そんな方は必見です!国内・海外のおすすめの取引所4社をランキング形式でコインオタクが紹介します!
 

Coincheck

1位.Coincheckの見出し画像 

国内の取引所で圧倒的におすすめなのはCoincheck(コインチェック)です!

国内最多の11通貨を取り扱いしていて、ネム(XEM/NEM)以外にもイーサリアムやリップルなどの取引も可能です。

シンプルで使いやすい管理画面が特徴的で、アプリダウンロード数は国内1の230万以上を誇っています。

コインオタクでも最もオススメする仮想通貨取引所となっています!

国内No.1の取引所

Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるよう、セキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の登録方法や日本円の入金方法なども解説しています。
 

DMM BitCoin

2位.DMM BitCoinの見出し画像

DMM Bitcoinは、名前からわかるようにあの株式会社DMM.comが運営する取引所です。

DMM Bitcoinが取り扱う通貨数は7通貨と、他の取引所と比べてそこまで多いわけではありません。

ですが、DMM BitCoinではレバレッジ取引という短期的に大きな利益を得ることが可能な取引方法が存在します。

そしてネムのレバレッジ取引をできるのは、国内ではDMM Bitcoinのみなんです!(2020年1月現在)

一つ注意しなければならないのが、NEMを扱ってはいるのですが、現物での取引はできずレバレッジ取引のみになるということです。

現物の取引がしたい場合は1位のCoincheckを利用しましょう。

レバレッジ取引で短期的に利益を得る

DMM Bitcoinの登録はこちらから

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の仮想通貨取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。
 

実際にCoincheckでネム(NEM/XEM)を購入する方法

実際にCoincheckでネム(NEM/XEM)を購入する方法の見出し画像

ネムをコインチェックで購入する5STEp

  • STEP1.口座の開設
  • STEP2.本人確認
  • STEP3.日本円の入金
  • STEP4.ネム(NEM/XEM)の購入
  • STEP5.ネム(NEM/XEM)を送金

STE口座の開設

まずは口座の開設です。

Coincheckのホームページから、少し下にある「口座開設はこちら」をクリックします。

Coincheckの登録ボタン画面

すると、メールアドレスとパスワードを入力する画面に変わるので、入力して「登録する」をクリックします。

(※パスワードは非常に大切な個人情報なので、オフラインで厳重に管理するようにしましょう。)

Coincheckのメールアドレス入力画面

アドレスにメールが届くはずなので、指定されたリンクをクリックすればメールアドレスでの登録が完了です。

次は電話番号の登録を行なっていきます。

「本人確認書類を提出する」をクリックしてください。

コインチェック本人確認の画面

すると、電話番号を先に認証するように出てくるので、電話番号を入力しSMSを受け取ります。

コインチェック電話認証の画面

SMSメールが届いたら、記載されていた6桁の数字を入力し、「認証する」をクリックします。

以上で口座開設は完了です。

次は取引を行うために本人確認を行います。

本人確認

入金して取引をする前には、本人確認が必要です!

コインチェックの登録で使える本人確認書類

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面、交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ)

また、コインチェックの登録にはIDセルフィー(顔写真付きの確認書類を持っている自撮り画像)が必要です。

本人確認書類を提出し終えたら、審査が終わるのを待ちましょう。

審査に通れば2~3日でハガキが発送されます。

Coincheckから郵送ではがきが届くのを待ち、ハガキを受け取ればCoincheckの全機能を利用することができるようになります。

全機能を利用できるようになったらいよいよ取引を開始しましょう!

日本円の入金

種類 入金手数料
銀行振込
(日本円)

無料
(振込手数料は
自己負担) 

数分~数日で反映

コンビニ入金
クイック入金 
(3万円未満)
756 円
即時反映
コンビニ入金
クイック入金 
(3万円以上
50万円未満) 
1000円
即時反映

入金反映時間については、銀行振込でも混み合ってない限り数分で反映されます。

ですが、銀行がお休みの日やメンテナンス状態の場合は数日待つことになる場合もあるので注意が必要です。

コンビニ決済やペイジーは休日に今すぐ入金したい!という時にも使うことができるのでその点でおすすめです。

ですが、1週間の出金制限があるので、買った通貨をすぐに他の取引所やウォレットに送りたい方は銀行振込で入金するようにしましょう。

ここでは銀行振込の場合を紹介します。

まず、「日本円の入金」を選択し、「銀行振込」を選びます。

Coincheck日本円入金の画面

ここに書かれている通りの口座に、指定の名義で指定の金額を振り込めばオッケーです!

この際に、名前にコインチェックのIDと本人名義の名前を記入するようにしてください!

あとはアカウントに日本円が反映されるのを待つだけです。

入金方法に不明な点がありましたら下記の記事でわかりやすく解説しているのでこちらをご覧ください。

コインチェックの入金の仕方がわからないそこのあなた!コインオタクが入金の選択肢をお教えします!銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ振り込み・クイック入金のそれぞれの特徴とおすすめの方法を紹介しています。
 

XEMを購入

ではいよいよXEMの購入です!

まずは「コインの購入」の画面を開き、「XEM」を選びます。

コインチェック通貨選択の画面

あとは個数を選択して購入を押すだけ!

コインチェックネム購入の画面

とても簡単ですね!

NEMを送金

NEMを買ったら、もちろんそのまま取引所に置いておいてもよいのですが、他の取引所やウォレットに送りたいという方も多いと思います。

NEMを送金する際には、「コイン送金」から、NEMの出金を選びます。

「新規宛先」には送金先のアドレスを入力してください。

また、送金先で「メッセージ」を指定されている場合は、その通りにメッセージを入力しないと送金がうまく完了せずに紛失の危険性もあるので注意してください!

出金額は、出金手数料もあるのでそれを考慮した金額を送金するようにしましょう。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

コインチェックに登録してるはいいものの、コインチェックでは買えない通貨を買うために別の取引所にコインを移したい。。。けどやり方を間違えるのが不安!という方は多いでしょう。送金のやり方の説明に加えて、トラブル対処法も解説します!
 

【ネム(NEM/XEM)の保管方法】おすすめウォレットを紹介

【ネム(NEM/XEM)の保管方法】おすすめウォレットを紹介の見出し画像

コインチェックでの不正引き出しのような事件もあり、取引所に預けたままでは不安だという方も多いと思います。

仮想通貨の安全な保管方法の一つは、ウォレットに入れてしまうことです。それでは、2つのおすすめのウォレットを紹介します。

Nano Wallet(ナノウォレット)

Nano Walletはデスクトップ型ウォレットなので、自分のPC上で管理することになります。

また、NEM公式のウォレットなので、サポートに関しては安心です。

また、ハーベストや、モザイクの作成などのサービスはNano WalletにNEMを入れてないと利用することができません

ネムを最大限活用したい方には必須のウォレットです!

Nano Walletのダウンロードはこちらから

NEMが公式にリリースしている「NanoWallet」とはどんなウォレットなのでしょうか?ハーベストやモザイクの作成、アポスティーユの利用が可能で多くのXEM保有者が使っているこのウォレットの使い方をわかりやすく解説します!
 

Trezor(トレザー)

より安全に、また他の通貨と一緒にネムを管理したいという方におすすめなのが Trezor です!

Trezorはいわゆるコールドウォレットの一つのハードウェアウォレットという部類になります。完全にオフラインでの保管となるので非常に安全です。

今まではネム(NEM/XEM)に対応したハードウェアウォレットは無かったのですが、2018年12月に新たにネムへの対応を開始しました。

直接Trezorに入れるというよりは、Nano Walletと対応させるといったイメージなので、先にそちらでアカウントを作っておく必要があります。

Trezorに対応させる場合は、Nano Walletでアカウントを作ったあと、こちらからUniversal Client (with Trezor Support) を選択しダウンロードして設定を進めてください。

Trezorの購入はこちらから

Trezor(トレザー)はあなたの大事な仮想通貨を守ります。この記事では、Trezorについて機能や・メリット・デメリットをはじめ、コインオタクのトレーダーの分析・総合評価、購入方法から使い方まで徹底的に解説します。
 

ネム(NEM/XEM)の購入方法まとめ

では、ネム(NEM/XEM)の購入についてもう一度一連の流れを確認しましょう。

ネムの購入方法

  • 取引所の口座を開設し、本人確認を済ませる
  • 銀行(またはコンビニなど)から入金する
  • ネム(NEM/XEM)を購入する

とっても簡単ですね! 

説明は長くなってしまいましたが、実際に登録をしようとすると結構簡単に終わります!

取引についても注文の出し方が難しいと思うかもしれませんが、何度か取引をすればすぐに慣れるものです。

ネム(NEM/XEM)の将来に期待してぜひNEMホルダー(NEMber)になりましょう!

国内No.1の取引所

Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるよう、セキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の登録方法や日本円の入金方法なども解説しています。