最近話題の暗号資産(仮想通貨)が気になるけど、ハッキング事件とかがあって怪しそう…

暗号資産(仮想通貨)と聞いてこのように思う方は非常に多いです。

この記事では暗号資産(仮想通貨)とは何かを、日本円などの法定通貨と比較することで、初心者にもわかりやすく解説していきます。

世界中の人々がなぜここまで暗号資産(仮想通貨)に熱中するのかを、暗号資産(仮想通貨)の仕組みから学んでいきましょう!

暗号資産(仮想通貨)とは何かざっくり説明すると

  • 政府にも認められている管理者がいないインターネット上の通貨
  • 世界中で使えて送金が高速かつ格安
  • ブロックチェーン技術で透明性が高く安全
  • 生まれて間もないので値動きが激しくハイリスクハイリターンな投機対象
  • 代表的なビットコインをはじめ、数千種類存在する
  • 暗号資産(仮想通貨)は「取引所」で購入できる

金融庁公認の安心・安全の『bitFlyer』

bitFlyer(ビットフライヤー )

おすすめ取引所No.1

 
暗号資産(仮想通貨)とは-基礎編1

仮想通貨とは?

インターネット上で使える新しい通貨

暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上でならどこでも誰でも使える通貨のことで、「暗号通貨(クリプトカレンシー:cryptocurrency)」とも言われます。

ブロックチェーンや電子署名といった「暗号技術」の組み合わせでインターネット上に存在しているもので、現金のように実物を手にとって決済するということはありません。

暗号資産(仮想通貨)は「ナカモトサトシ」という、正体不明の経済学者によって投稿された論文で初めてその具体的な形が示され、最初の暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」が誕生しました。

資金決済法で金融庁にも認められている

暗号資産(仮想通貨)は日本政府によって、資金決済に関する法律の第2条5項において定義されています。

ざっくりまとめると、電子情報処理によって渡したり受け取ったりできる「財産的価値」のことを暗号資産(仮想通貨)と呼ぶことになっています。

暗号資産(仮想通貨)というと怪しい響きがしますが、政府にもきちんとその存在を認められているわけですね。

 
暗号資産(仮想通貨)とは-基礎編2

仮想通貨のメリット・将来性が大きい

暗号資産(仮想通貨)にはメリットがたくさんあります!

暗号資産(仮想通貨)の4つのメリット
  • 送金が高速でしかも手数料が安い
  • 海外で両替せずに使うことができる
  • 通貨がアップデートされていく
  • 投資で資産が何倍にもなる可能性がある

送金が高速かつ格安

暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)はどこに送っても手数料が格安!もしくは無料!

しかも、すぐに送金が行われるものが多いです。

銀行で海外送金を行いたいという場合、2500〜4000円程度の手数料がかかってしまいますが、これを暗号資産(仮想通貨)にかえるだけでだいぶ節約になりますよね。

しかしここには問題点があり、1つの暗号資産(仮想通貨)のユーザーが増えすぎてしまうと、送金リクエストの渋滞が起こって送金の遅延と手数料の高騰が起こってしまうことがあります。

ビットコインは今まさにこれに直面していて、送金の渋滞問題が課題になっています。

ただし、後述しますが、通貨は常にアップデートされており、送金の渋滞問題を解決する技術も動き始めています。

万国共通で使える

暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)で支払いのできるお店がだんだん増えてきていますが、ビットコイン決済のできるお店であれば、たとえ海外にあるお店であっても全く同じようにビットコイン支払いをすることができます!

つまり、暗号資産(仮想通貨)決済に国境はない、と言えます。

暗号資産(仮想通貨)決済のできるお店がもっと広がっていけば、海外旅行に行くときにわざわざ両替をする必要がない、という風になるかもしれません。

ビットコイン支払いのできるお店、支払いのしかたについては以下の記事を読んでみてください。

ビットコイン決済ができるお店やウェブサイトが徐々に増えてきているのがニュースになったりして興味を持っている方も多いはずです。どこでどうやったら使えるのか、税金はかかるのかなど、ビットコイン決済にまつわるすべての疑問はこの記事で解決します!

通貨の機能が向上していく

暗号資産(仮想通貨)は、「こんな機能があったらいいな」という場合には機能を追加するためのアップデートをすることができます!

たとえば日本円は、電子マネーやクレジットカードなどのサービスによって便利に使えるようになりましたが、通貨の機能はずっと変わっていませんよね。

暗号資産(仮想通貨)は通貨自体の機能をアップデートできるため、前述の送金詰まりを解消できるようになったり、決済や送金だけでなく契約書の代わりになるような通貨もあり、どんどん便利になっていきます。

資産が何倍にもなりえる

ビットコインのチャート 参考:CoinMarketCap

暗号資産(仮想通貨)は現在どんどん市場規模が大きくなってきており、注目度も高まっています。実際にビットコインの価格は2017年1月からわずか1年間で、約20倍になりました。

そのため、”億り人”と呼ばれる、暗号資産(仮想通貨)投資によって1億円の資産を築き上げる人が何人も現れていて、投資をやったことのない素人でも儲けを出しやすいような状態にあります。

いい暗号資産(仮想通貨)なのに知名度が低くてまだ安い価格で取引されている、という暗号資産(仮想通貨)を見つければ、価格が何倍にも、良いときには100倍以上になるときもあります

ここが暗号資産(仮想通貨)投資の魅力でしょう。

暗号資産(仮想通貨)の始め方を初心者向けに解説します!この記事では初心者が必要な知識を紹介するだけでなく中級者になるために必要な考え方まで説明します!
 
暗号資産(仮想通貨)とは-基礎編3

仮想通貨と法定通貨はどう違う?

より暗号資産(仮想通貨)について理解を深めていただくために、暗号資産(仮想通貨)の代表であるビットコインと法定通貨の代表である日本円とを表で比較します。

  ビットコイン 日本円
単位 BTC、satoshi
発行量 発行上限2100万BTC 政策でコントロール
発行元 中央管理者なし 日本政府
信用の担保 ブロックチェーン技術 政府による価値の裏付け
実物 なし あり(紙幣・小銭)
用途 保存、決済、送金、投資 保存、決済、送金、投資

暗号資産(仮想通貨)は管理者がいない

暗号資産(仮想通貨)の最大の特徴は発行主体もいなければ、管理団体もないということです。

ブロックチェーン技術により誰かと誰かの1対1のやり取りを、みんなで監視し合うシステムになっています。

そのため、中央集権型と対比され、暗号資産(仮想通貨)は分散型の通貨と言われています。

暗号資産(仮想通貨)とは

日本円というただの金属や紙が価値を持つのは、それを発行する日本政府が信頼されているからこそです。

銀行にお金を預ける場合には通帳に記載された分のお金を払い戻してくれると、銀行に対して信頼を置く必要があります。

また、Suicaをタッチした時に表示されている〇〇円というデータを見てその分の買い物ができると思うのは、JRがそのデータを書き換えたりせず、正しい処理をしてくれると信頼しているからこそです。

しかし、暗号資産(仮想通貨)はみんなで監視をしあっているため、特定の人、団体を信頼する必要がありません。

自分が保有している暗号資産(仮想通貨)の量は、その暗号資産(仮想通貨)のネットワークに関わるみんなが行う作業によって、それが書き換えられないと信用されています。

ブロックチェーンについて、もっと深く知りたい方はこちらをご覧ください。

ブロックチェーンとは、暗号資産(仮想通貨)を支える肝となっている技術です。ブロックチェーン自体の仕組みはとてもシンプルです。この記事では、ブロックチェーンの仕組みや種類、メリット・デメリットについて解説していきます!

暗号資産(仮想通貨)は発行上限がある

法定通貨では、発行上限が決まっておらず、必要であればいくらでも発行することができます。

そのため、とんでもないインフレーションが起こって通貨の価値が暴落することがあります。

しかし、多くの暗号資産(仮想通貨)では発行上限が定められています

ビットコインを例に取ると、ビットコインはマイニングという作業を成功したときに、新しく発行したビットコインで報酬を支払うことで、ビットコインの新規発行が行われていく、という仕組みになっています。(マイニングについては後述)

そして、その発行量は徐々に少なくなっていき、新規発行が行われなくなると、ビットコインのやり取りの際に支払う手数料によってマイニングに対する報酬が支払われるようになっていきます。

暗号資産(仮想通貨)とは

ビットコインの総発行量の推移は、新規発行が約10分に一度のペースに保たれている場合は上図のようになり、約2100万BTCが最終的に発行されます。

これは、安定資産と呼ばれることも多い金の埋蔵量と採掘量の推移を参考にして設計されています。

暗号資産(仮想通貨)は換金可能

暗号資産(仮想通貨)は換金が可能という点でも電子マネーと大きく異なります。

例えば、Suicaに一度チャージしたお金は原則元に戻すことができません

暗号資産(仮想通貨)の場合は、法定通貨を暗号資産(仮想通貨)に換えたり、暗号資産(仮想通貨)を法定通貨に戻したりが自由にできます。

電子情報となったお金という点で電子マネーと暗号資産(仮想通貨)は似ていますが、換金可能かどうかにおいても異なるわけですね。

ビットコインを換金する方法は「取引所を使う」「ビットコインATMを使う」の2種類があります。この記事では、そんなビットコインを換金する方法や手順、タイミングから税金についてと税金対策まで徹底的に解説していきます。
 
暗号資産(仮想通貨)とは-ポイント1

仮想通貨の仕組みを分かりやすく説明

暗号資産(仮想通貨)がどうして安全なのか知るには、その仕組みを知る必要があります。

暗号資産(仮想通貨)の仕組みは1つ1つ微妙に違っているので、ここでは最も代表的な暗号資産(仮想通貨)である「ビットコイン」の仕組みを例にとって説明していきたいと思います!

ビットコインの仕組みを理解するための3つのキーワード
  • 不正送金を防止する「電子署名」
  • 公開された電子台帳「ブロックチェーン」
  • 計算によって改ざんを不可能にする「マイニング」

この3つのキーワードを理解していれば、十分暗号資産(仮想通貨)について知っていると言って良いでしょう。

不正送金を防止する「電子署名」

ビットコインでは、誰から誰かにビットコインを送りました、という電子的な取引証明書(トランザクション)を使うことによって、お金のやり取りが行われています。

ここでは、AさんからBさんに1BTCが送られる場合を考えてみましょう。

もし、「Aさんが1BTCをBさんに送るというトランザクション」が勝手に作られてしまったら、Aさんのお金が勝手に盗まれることになってしまいますよね?これを防ぐのが電子署名という技術です。

公開鍵と秘密鍵 暗号資産(仮想通貨)とは

Aさんはトランザクションを暗号化する鍵(秘密鍵)と、その暗号を解く鍵(公開鍵)の2つを持っています。

ここで、暗号化の鍵はAさんしか持っていなくて、暗号を解く鍵はみんなも持っています。

そこで、AさんがBさんに1BTCを送りたい場合、それを書いたトランザクションを作ってから暗号化し、暗号化されたトランザクションをみんなに公開します。

そのあと、Aさん以外の誰かが暗号を解く鍵を使って暗号を解いてみます。

そこで、上手く暗号が解ければ、これはAさんしか持ってない鍵によって暗号化されているから、Aさんが書いたものだと分かるわけです。

したがって、電子署名によって、勝手に送金トランザクションを作られること、つまり、暗号資産(仮想通貨)が盗まれることが起こらないようになっています。

公開された電子台帳「ブロックチェーン」

ブロックチェーンというのは、トランザクションを全部記録している台帳のことを指します。

いくつかのトランザクションをまとめたものをブロックと呼び、それが鎖のようにたくさん連なっているのでブロックチェーンと呼ばれています。

電子署名技術によって、トランザクションの正当性が確かめられるので、正しくないものはブロックチェーンに書き込まれません。

ブロックチェーン 暗号資産(仮想通貨)とは

「ビットコインは実体がないのでは?」と思っている方も多いと思いますが、それは正しいです。

ビットコインはブロックチェーンに書き込まれた今までの取引を参照することによって、自分がどれだけのビットコインを持っているのかが分かる仕組みになっています。

ブロックチェーンは世界中のいろんな人が同じものを保管しているので、データがすべて失われることはありません

「けど、ブロックチェーンに書いてある情報が改ざんされてしまったら自分の持っているビットコインの量が変わってしまうのでは?」と思う方も多いでしょう。

その指摘も正しいですが、ブロックチェーンの改ざんは不可能になっています。

この改ざん不可能性に関わってくるのが「マイニング」です。

計算によって改ざんを不可能にする「マイニング」

マイニング  暗号資産(仮想通貨)とは

マイニングとは、世界中の人が取り組む計算作業のことです。

当てずっぽうに色んな値を試して計算してみて、OKが出るまでその作業をやり続けます。

これにはものすごく時間とお金がかかって、世界中の高性能なコンピューターが競い合いながらやっても10分くらいの時間がかかります。

このマイニング作業は、各ブロックに対して行われていき、OKが出た時の値はそのブロックに記録され、値が記録されたブロックは、今までのブロックチェーンに繋がれます。

値探しに成功した場合にはビットコインでの報酬が与えられるので、世界中の人達が競い合ってマイニングを行います。

暗号資産(仮想通貨)にある程度興味のある方なら、マイニングという言葉を一度は聞いたことがあると思います。けど、その仕組みがどうなってるのかってちゃんと理解していますか?仕組みを知りたい方、実際にマイニングで稼いでみたい方は必見です!

さて、マイニング作業がどうしてブロックチェーンの改ざんを不可能にするのかというと、改ざんをした場合にはこの値探しをもう一回やらなければいけないからです。

先ほど述べたように、この値探しの計算作業は、「世界中の」「高性能な」コンピューターが競い合ってやっていることなので、改ざんは実質的に不可能になっているんです。

つまり、ブロックチェーンに記録する際にマイニングという作業をすることで、改ざんが不可能になるわけです。

「そもそもなんで値探しをもう一度やらないといけなくなるの?」という疑問を持った方は、数学的な背景に少し踏み込むことになりますが、以下の記事で詳しく説明がされているので、是非読んでみてください。

ブロックチェーンとは、暗号資産(仮想通貨)を支える肝となっている技術です。ブロックチェーン自体の仕組みはとてもシンプルです。この記事では、ブロックチェーンの仕組みや種類、メリット・デメリットについて解説していきます!
 
暗号資産(仮想通貨)とは-ポイント2

仮想通貨の4つの注意点

暗号資産(仮想通貨)を始めてみたい、投資をしてみたいという方はこれらをしっかり理解しておく必要があります。

暗号資産(仮想通貨)の4つの注意点

  • しっかり管理しないと盗まれる可能性がある
  • 決済スピードが他と比べて遅い
  • 値動きが激しく大損する可能性もある
  • 発行が簡単なため、詐欺通貨が多い

しっかり管理しないと盗まれる可能性がある

初めのうちは取引所という銀行のようなところに暗号資産(仮想通貨)を預けることになりますが、セキュリティの高い取引所に預けないとハッキング被害に合う可能性があります。

また、取引所のIDやパスワードも複雑なものにして二段階認証もしっかり設定しておかないと、不正ログインされて盗まれてしまう可能性もあります。

IDパスワードの管理は暗号資産(仮想通貨)取引所に限らず、他のWebサイトなどでも重要なことなので、同じものを使いまわさないようにしましょう。

オススメの取引所ランキングはこちら↓

「暗号資産(仮想通貨)投資初心者が安心して簡単に暗号資産(仮想通貨)取引を行うために最もおすすめの取引所」を教えます! 有名暗号資産(仮想通貨)取引所全てを徹底的に比較し、であるコインパートナー編集部が自信を持って初心者におすすめ出来る取引所をランキング形式でご紹介します

暗号資産(仮想通貨)投資では、なぜ2FA(2段階認証)が必須なのでしょうか? 2FAで面倒な経験をしたCoinPartnerが、必須な理由と、2FAを設定しただけで安心してはいけない理由などを、どこよりも丁寧に解説します!!

また、取引所に預けず自分のウォレット(暗号資産(仮想通貨)専用の財布)で保管する場合は、秘密鍵の管理も重要になってきます。

秘密鍵について詳しくはこちらを参考にしてください。

暗号資産(仮想通貨)取引において公開鍵と秘密鍵は避けて通ることができません。暗号資産(仮想通貨)を安全に送るためにはこの2つの鍵が必要になります。公開鍵と秘密鍵はそれぞれ何なのか、管理する時に何に注意すればいいのか、どう管理すればいいのかを解説します!

決済スピードが他と比べて遅い

現金やクレジットカードなどは「即時決済」が可能です。

それに比べて、暗号資産(仮想通貨)の取引は、取引内容に間違いがないかを検証してから取引として成立するので、決済スピードが遅くなってしまいます。

しかし決済システムを取り入れた「ウォレット」の利用を行うことで、決済スピードの遅さを克服することが成功しています。

最近ではクレジットカード会社と提携し、海外送金のスピードも短縮する動きが見受けられるので、取引時間は大きな問題点ではないと言えるでしょう。

「ウォレット」のことをもっと深く知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。

値動きが激しく、投資で大損する可能性も

暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)を投資対象として考えている方も多いと思いますが、暗号資産(仮想通貨)は全般として値動きが激しいです。

これを「ボラティリティが高い」と言いますが、ボラティリティの高い資産は大儲けする可能性もあれば、逆に大損する可能性もあるハイリスクハイリターンな投資です

暗号資産(仮想通貨)投資をする上では、このリスクを認識して行わなければなりません。

暗号資産(仮想通貨)のボラティリティについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください!

株やFX,暗号資産(仮想通貨)の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインパートナーがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!

発行が簡単なせいで詐欺コインも多い

暗号資産(仮想通貨)は誰でも簡単に発行することができます。

例えば、CounterpartyやWavesといったプラットフォームを用いれば、プログラミングなどの知識がなくても手軽に独自の暗号資産(仮想通貨)を発行することができてしまいます

この暗号資産(仮想通貨)発行の手軽さから、"ICO(Initial Coin Offering)"という“投資してもらう代わりに暗号資産(仮想通貨)を渡す”という形態の資金調達法が非常に流行っています。

しかし、資金を集めたあとにほとんど何も仕事をしなくなってしまうICOが多数存在します。

暗号資産(仮想通貨)に関する法整備はまだ十分には整っておらず、このようないわゆる「暗号資産(仮想通貨)詐欺」(スキャム)が横行しています。

 

本当に信頼できる暗号資産(仮想通貨)なのか、という見極めは非常に難しく、知識がないと厳しいです。

紹介やセミナーなどで、人から直接購入するのは特に危険です。最初のうちは取引所以外で購入するものは全て詐欺だという認識で大丈夫です。

暗号資産(仮想通貨)が気になる方は、これから伸びる可能性が高い暗号資産(仮想通貨)などをコインパートナーが選んだのでそちらをご覧ください。

2020年のオススメ暗号資産(仮想通貨)を東大生が厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、今年最もおすすめの銘柄を紹介します。
 
暗号資産(仮想通貨)とは-ポイント3

取引所に登録して仮想通貨を購入しよう

暗号資産(仮想通貨)を買うには取引所に口座登録をしなければいけません。

登録はとても簡単で、もちろん無料です。

コインパートナーおすすめの取引所を3つ紹介するので、この機会にぜひ登録してみましょう。

暗号資産(仮想通貨)投資を今すぐ始めたい方は手順をわかりやすく解説しているこちらの記事をご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)の始め方を初心者向けに解説します!この記事では初心者が必要な知識を紹介するだけでなく中級者になるために必要な考え方まで説明します!

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー )

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年に設立された暗号資産(仮想通貨)取引所です!

ビットコインの取引量が国内でNo.1になるほどビットフライヤーは、大規模かつ人気があります。

過去にはセキュリティの強さで世界1位になるほど、安全性が高く安心して仮想通貨を購入することができます!

サイトもアプリも非常に使いやすく、初心者から上級者までおすすめの取引所です!

bitFlyerの登録はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
 

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin」は、FX口座登録数世界一を誇るDMMグループが運営する取引所です。

大手企業ならではの手厚いサポートがあり、安心・安全の取引所です!

DMM Bitcoinは アルトコインのレバレッジ取引ができるのが最大の特徴で、4倍のレバレッジをかけて、リップルやネムなどを含む7種類の通貨でレバレッジ取引が可能です。

非常に使いやすく、アルトコインでのレバレッジ取引も出来る為、初心者から上級者まで多くの方におすすめの取引所です!
DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!

 

Coincheck

コインチェックのバナー

Coincheckは売買手数料が全て無料の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

また、セキュリティーの強さを認められ、金融庁公認の暗号資産(仮想通貨)取引所です

現物取引だけでなくビットコインのレバレッジ取引も可能ですので様々な取引に対応しています。

スマホアプリは見やすく使いやすい操作性から初心者に人気の取引所となっています。

アプリダウンロード数は230万を超え、断トツの一位です!

 
暗号資産(仮想通貨)とは-ポイント4

仮想通貨はビットコインだけではない

暗号資産(仮想通貨)というとビットコインが圧倒的に有名ですが、現在暗号資産(仮想通貨)はなんと2000種類以上あります。

すべてを紹介することはできないので、ビットコイン以外の時価総額上位の暗号資産(仮想通貨)2つと、国内で有名なアルトコインをいくつか紹介したいと思います。

リップル(XRP)

リップル 暗号資産(仮想通貨)とは

最近ツイッターでも話題になっているリップル。あのGoogleが出資を行ったことでも非常に話題になりました。

リップルは銀行間での送金を行うために開発された通貨で、送金にかかる時間が4秒程度と非常に高速な送金を行うことが可能です。

海外にお金を送る場合も、単にお金を送るより、お金をリップルにかえて、高速に送金を行ったあと、リップルをまたお金に戻すということをすれば、高速にかつ格安で送金ができてしまうわけです。

リップルについて詳しく知りたい方はこちら

リップルを買ってみたはいいけど、どんな暗号資産(仮想通貨)なのかよく分かってないなんてことはありませんか?いま世界でもっとも注目されている暗号資産(仮想通貨)をあらゆる面から解説します!

イーサリアム(ETH)

イーサリアム 暗号資産(仮想通貨)とは

ビットコインに次いで有名な暗号資産(仮想通貨)であるイーサリアム。イーサリアムはビットコインとは違って、決済に使う暗号資産(仮想通貨)を目指しているわけではなく、アプリケーション作成のためのプラットフォームを目指しています。

イーサリアムで作成できる機能としてスマートコントラクトというものがあります。

これは、電子的な契約書をブロックチェーン上に書き込んでおくことで、ブロックチェーンの改ざん不可能性を活かして、契約書の改ざんをできなくするといったものです。信頼できる第三者を必要とせずに、契約を結べるようになるメリットは大きいですよね。

イーサリアムについてもっと詳しく知りたいという方はこちら!

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号資産(仮想通貨)です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの仕組みや将来性、今後、チャートなどをコインパートナーが徹底解説します!

その他のアルトコイン

暗号資産(仮想通貨)アルトコインランキング

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインが分裂してできた暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコインの問題点を改善する目的で作られており、将来性が非常に高いと言えます。

「暗号資産(仮想通貨)ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴・仕組み・将来性・チャート分析を徹底解説!」

ライトコイン(LTC)

ライトコインは、ビットコインの次に歴史のある暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコインが「金」なら、ライトコインは「銀」だと表現されることも多く、ビットコインを補助する暗号資産(仮想通貨)として注目されています。

「暗号資産(仮想通貨)ライトコイン(Litecoin・LTC)の特徴・将来性・価格・購入方法を解説!」

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分裂した暗号資産(仮想通貨)です。

こちらも、イーサリアムの問題点を改善する目的で作られているので、将来性が期待されています。

「暗号資産(仮想通貨)イーサリアムクラシック(ETC)の特徴・将来性・価格・購入方法を解説!」

ネム(NEM)

ネムは、新しい経済圏を構築する可能性を秘めた暗号資産(仮想通貨)です。

Coincheckから不正流出した暗号資産(仮想通貨)でもあり、マイナスなイメージを持っている方も少なくありませんが、決死てネム自体に問題があるわけではありません。

国内でも購入でき、人気の高い暗号資産(仮想通貨)です。

「暗号資産(仮想通貨)NEM(ネム/XEM)とは?仕組み・特徴・将来性・チャートを解説!」

モナコイン(MONA)

モナコインは、インターネット掲示板2chから生まれた国産の暗号資産(仮想通貨)です。

コミュニティからの支持が厚く、実用性もあり、国内では非常に人気の高い暗号資産(仮想通貨)です。

「暗号資産(仮想通貨)モナコイン(MONA)の特徴・将来性・価格・購入方法を解説!」

もっと色んな暗号資産(仮想通貨)について知りたいという方ははこちらの記事を読んでみてください。

2020年のオススメ暗号資産(仮想通貨)を東大生が厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、今年最もおすすめの銘柄を紹介します。
 
暗号資産(仮想通貨)とは-まとめ

仮想通貨とは まとめ

電子署名やブロックチェーンなど、高度な技術に支えられたもので、しかもアップデートがなされていくので、将来性の高いものだということが分かったと思います。

今まではそれぞれの国に1つの通貨があり、それは安定したものでしたが、これからはいい通貨が残り、悪い通貨は淘汰されていくという「通貨競争の時代」です。

この通貨競争に勝ちうる通貨だと思ったものを少しでも買っておくのはどうでしょうか?

暗号資産(仮想通貨)まとめ
  • 暗号資産(仮想通貨)はブロックチェーンに記録されたデータ
  • 電子署名やマイニングによって安全性が保たれている
  • 送金が格安、アップデートがされていくなどのメリットがある
  • 電気がないと使えない、詐欺が多いなどのデメリットがある
  • 暗号資産(仮想通貨)を買うならbitFlyerがおすすめ

暗号資産(仮想通貨)購入にはまずは取引所の登録をしておきましょう!

登録は無料で、本人確認などには数日かかるので、早めにしておいた方が良いでしょう!

暗号資産(仮想通貨)の購入は
bitFlyerがおすすめです

「暗号資産(仮想通貨)投資初心者が安心して簡単に暗号資産(仮想通貨)取引を行うために最もおすすめの取引所」を教えます! 有名暗号資産(仮想通貨)取引所全てを徹底的に比較し、であるコインパートナー編集部が自信を持って初心者におすすめ出来る取引所をランキング形式でご紹介します