「スピンドル(ガクトコイン)って詐欺なの?」

と悩んでいる方も多いかと思います。

確かにスピンドルは価格が急落し、プロジェクトもストップしているため不安に思うかもしれません。

そこでこの記事では、スピンドル(ガクトコイン)の最新のニュースや現在の価格、将来性などを解説しています。

スピンドル(ガクトコイン)について簡単に説明すると…

  • GACKT氏が広告塔をやっていた
  • 価格が暴落し、詐欺と噂されている
  • 現在はプロジェクトが進行していない
  • 信頼性が低いため、購入はおすすめしない

スピンドル(ガクトコイン)とは

スピンドル(ガクトコイン)の基本情報

スピンコイン(SPN)は、芸能人の「GACKT氏」がプロジェクトに関わっていたことからガクトコインとも呼ばれています。

有名人が仮想通貨に関わっているということで、話題になりました。

2018年5月にICOを開始し、約220億円の資金調達に成功しています。

スピンドル(ガクトコイン)のプロジェクト

ガクトコインは、「ZETA」というプラットフォームの提供を目的として開発されました。

ZETAとは、スマートコントラクトを利用して個人投資家と仮想通貨ヘッジファンドを結ぶプラットフォームです。​

機関投資家が莫大な資産を背景に利益を生み出すのに対し、資産の少ない個人投資家はなかなか利益を出すことができません。

そのような状況を打開するために、個人投資家を助けるための環境づくりをすることを目標に生まれました。

時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのか分からない人も多いかと思います。この記事ではスマートコントラクトとは何なのか、メリットや問題点、さらにスマートコントラクトを実装する具体的な事例も紹介していきます!
 

スピンドル(ガクトコイン)のニュース

創業者が金融庁から行政処分を受けた

ガクトコインの発案者である宇田修一氏は、金融庁から行政処分を受けました。

宇田修一氏は金融商品取引業者として運営に問題があると見なされ、業務廃止命令が言い渡されました。

このことでスピンドルの運営元に対する不信感が高まりました。

ガクト氏がスピンドルから離れた

2018年7月、ガクト氏が政治家の野田聖子氏と手を組んで金融庁に圧力をかけたという報道がされました。

また仮想通貨の営業には金融庁の認可を得る登録が必要なのですが、ガクト氏はこの無登録営業の疑いがかかっています。

運営会社の「BLACKSTAR&Co.」はこれを受けて、スキャンダラスな報道が絶えないガクト氏を広告塔から外すことを発表しています。

ガクト氏が離れてから、スピンドルはさらに価格を下げています。

野田聖子氏についての報道に批判殺到

野田聖子氏は、「スピンドル関係者と金融庁の担当者の会議に自身の秘書を同席させ金融庁に対して圧力をかけた」という報道で注目を集めました。

野田聖子氏はガクト氏と親交が深く、私的な理由で政治的権力を行使したことから批判が殺到したのです。

スピンドル(ガクトコイン)の日本オフィス閉鎖

スピンドル運営会社のBLACKSTAR&CO.メンバーは、2018年8月に日本オフィスを閉鎖してロンドンに移ることを発表しました。

日本の仮想通貨の規制が厳しいことや、事業のパートナーがイギリスに多いことなどを理由としてあげています。

ただ価格暴落後によって批判が集中した後の発表だったこともあり、「日本からの逃亡」と受け止められています。

スピンドル(ガクトコイン)の価格・相場・チャート

スピンドルの現在の価格は約0.006円です。

スピンドルはICO後5つの取引所に上場すると価格が高騰し、2018年6月には4円台となりました。

しかしその後価格が暴落し、長い期間1円以下で停滞しています。

プレセールで販売された価格が30円程度であることを考えると、現在の価格は5000分の1ほどとなり非常に大きな幅で暴落したと言えます。

かなり大きく暴落し、その後も停滞が続いていることから取引に手を出すのは得策ではないでしょう。

スピンドル(ガクトコイン)の今後・将来性

2018年11月22日にα版のリリースをリリースしましたが、プラットフォームである ZETAは全く情報が発信されていません。

ZETAの開発が進み、プラットフォームとして人気が出ない限り、スピンドルの価格が上昇することは考えにくいです。

詐欺を疑われており、開発者の信頼性も低いため、スピンドルの購入はおすすめしません。

金融庁の認可を受けた国内の仮想通貨取引所で信頼性の高い通貨を購入することをおすすめします。

信頼性の高い通貨を扱うおすすめの取引所

Coincheck(コインチェック)

Coincheckは国内取引所の中で最多の12種類の仮想通貨を取り扱っています。

取り扱っている通貨は全て信頼性が高く、将来も有望です。

またCoincehckのスマホアプリは270万DLを突破しており、国内の仮想通貨アプリの中ではNo.1の人気を誇っています。

初心者にも使いやすデザインになっており、仮想通貨の売買や送受金、チャートの確認などを簡単に行うことができます。

この機会にCoincheckに登録することをおすすめします!

Coincheckで信頼できる通貨を購入!

Coincheck(コインチェック)は、仮想通貨初心者に最も人気の取引所です。人気とはいえ特徴や評判を知らずに口座開設するのは危険!この記事では、運営再開し大きく変わったコインチェックの実態を、30人の東大生編集部が徹底的に解明します。
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM BitcoinはFX取引に特化した取引所です。

最大4倍までレバレッジをかけることができ、現物取引と比べ大きな利益を上げることができます。

FX取引では売りから入ることができるため、通貨の価格が下がっている時であっても利益を得ることができます。

大きく儲けたいと考えている方におすすめです!

DMM Bitcoinで仮想通貨のFX取引をする!

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!
 

スピンドル(ガクトコイン)まとめ

スピンドル(ガクトコイン)まとめ

  • 芸能人のGACKT氏が広告塔だった
  • 現在の価格はプレセール時の約5000分の1
  • プロジェクトに関す情報は発信されていない
  • 将来性があまりないのでおすすめしない

スピンドル(ガクトコイン)はガクト氏を広告塔とし注目を集めましたが、2018年に暴落してから目立った価格の動きはありません。

信頼性が低く、詐欺の可能性もあるプロジェクトなので、スピンドル(ガクトコイン)の購入はおすすめしません。

金融庁の認可を受けている仮想通貨取引所で信頼性の高い通貨を購入しましょう!

Coincheckで信頼できる通貨を購入!

2020年のおすすめ仮想通貨をコインパートナーの月利300%トレーダーが厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、2020年最もおすすめの銘柄を紹介します。