​「暗号資産(仮想通貨)取引所には複数登録しておいた方がいいの?

そのように考えている方も多いのではないでしょうか?

たしかに、使い方もわからないのに複数の暗号資産(仮想通貨)取引所に登録するのは少し不安ですよね。

実は、暗号資産(仮想通貨)投資をするなら、絶対に複数の取引所で登録・口座開設しておくべきです!

この記事では、複数の取引所を使いこなすメリットだけでなく、デメリット、注意点、そして併用におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所をコインパートナーが紹介していきます!

絶対に登録しておくべき取引所はbitFlyer​​

bitFlyer(ビットフライヤー )

bitFlyerのおすすめポイント

  1. ビットコイン取引量国内No.1
  2. 株主が超大手ばかり
  3. ビットコインFXに特化している
  4. プロ向けの高性能分析ツール
  5. スマホアプリで簡単に取引ができる

暗号資産(仮想通貨)取引をするなら、まずは登録しておきたい取引所がbitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyerのおすすめポイントは上にまとめた通りで、初心者から上級者まで誰にでもオススメできる取引所です。

いくつかの取引所で迷っている方はbitFlyer(ビットフライヤー)に登録しておけば、まず間違いないと思います!

おすすめ取引所No. 1

bitFlyerの登録はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

bitflyer(ビットフライヤー)とは2014年1月に設立された日本初の暗号資産(仮想通貨)取引所です!この記事では、bitflyerの評判やメリット・デメリットについて分かりやすく紹介します!

仮想通貨取引所に複数口座開設することの5つのメリット ​

複数の取引所口座開設するメリットを紹介!

複数口座開設するメリット

  • サーバーダウンやハッキング等のリスクヘッジになる
  • 取引所特有の機能を利用できる
  • すぐに買える暗号資産(仮想通貨)の種類が増える
  • ハードフォーク時に有利な取引ができる
  • アービトラージができる

サーバーダウンやハッキング等のリスクヘッジになる

複数の取引所を使うことでリスクを分散できる

​暗号資産(仮想通貨)取引所はWEB上のサービスなので、これまでに何度かサーバーが落ちてしまったり、ハッキングの被害に遭ってしまうことがありました。

もしそのような事態になってしまうと、一定期間取引ができなくなります!

1つの取引所にしか登録しておらず、万が一その取引所で問題が発生してサービスが停止した場合、取引のチャンスを逃してしまったり、預けていた暗号資産(仮想通貨)をすべて失ってしまう可能性があります。

ですが、複数の取引所に登録して、資産を分散しておけば、万が一の際の自分の被害を最小限にすることができます!

取引所特有の機能を利用できる

取引所にはそれぞれ違った特色がある

​国内にも数多くの暗号資産(仮想通貨)取引所がありますが、取引所ごとに特色があります。

簡単な例で言うと、

  • bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインFXに特化している
  • DMM Bitcoinでは6つのアルトコインでレバレッジ取引ができる

といったそれぞれの特色があります。

自分の暗号資産(仮想通貨)取引のレベルや目的、市場の状況に応じて複数の取引所の良いところを使い分けることが大切です。

コインパートナーが数ある暗号資産(仮想通貨)取引所を分析しランキング形式で紹介しています!

【2020年最新】初心者にとって暗号資産(仮想通貨)投資の第一歩は取引所で口座を開設すること。どこの取引所で投資を始めるか迷うあなたのために、おすすめポイントを比較しました。あなたにぴったりな暗号資産(仮想通貨)取引所がきっと見つかります。

すぐに買える暗号資産(仮想通貨)の種類が増える

暗号資産(仮想通貨)の取引は時間が勝負!

暗号資産(仮想通貨)取引所によって、取り扱い通貨の種類や数は異なっています。

例えば、「いまリップルの価格が上がっている!これからも伸びそうだからリップルを買いたい!」と思ってから、リップルを扱っている取引所に登録するのでは遅すぎます!

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所は、申込みから実際に取引が開始できるまで平均2~3日はかかってしまうので、口座開設審査中に取引チャンスが終わってしまうでしょう。

そんな後悔をしないためにも、あらかじめ複数の取引所に登録しておき、すぐに買える暗号資産(仮想通貨)の種類を増やしておきましょう!

 

国内で取り扱い銘柄が一番多いのはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheck公式サイト

 

ハードフォーク時に有利な取引ができる

ハードフォークした暗号資産(仮想通貨)に対応しやすくなる

​複数の取引所に登録しておくと、暗号資産(仮想通貨)がハードフォークした時に非常に有利な取引をできるかもしれません!

ご存知の方も多いかと思いますが、「ハードフォーク」とは暗号資産(仮想通貨)が分裂することで、このときに新しい暗号資産(仮想通貨)が誕生します。

ビットコインが分裂してビットコインキャッシュが誕生したのは有名ですよね!

暗号資産(仮想通貨)の分裂に対応するスピードは取引所により異なるので、いち早くハードフォークに対応した取引所のユーザーは得をすることができます!

有名な暗号資産(仮想通貨)のハードフォークは頻繁にあることではありませんが、チャンスを逃さないためにも今のうちから複数の取引所に登録しておきましょう!

暗号資産(仮想通貨)市場全体を揺るがすビットコインのハードフォーク。どうして起きるのか?大荒れの相場でリスクを軽減する方法とは?今回はハードフォークの対処法、仕組みや過程についてくわしく説明します!

アービトラージができる

取引所ごとの価格差を利用して利益を出すことができる

​複数の取引所に登録しておくと、アービトラージにより利益をあげることができます!

アービトラージとは「裁定取引」とも呼ばれ、

取引所間で生まれる価格差を利用して利益を出す取引方法

のことを言います。

簡単に言うと、Aの取引所で買ってBの取引所で売却するということです!

2つの取引所には価格差があり、その差が利益へと繋がります。

理論上はリスクをとらずに利益を出せる投資テクニックなのですが、初心者の方には少し難しいかもしれません。

取引所ごとの価格差を一目で比較!

アービトラージとは、取引所間で生じる価格差を利用して利益を出す投資手法で、近年はビットコインでこの手法を使うことに注目が集まっています。初心者でもリスク無しに利益を出せるという噂ですが、果たして本当にそうなのか、検証します。

仮想通貨取引所に複数口座開設することの2つのデメリット​

複数の取引所に口座開設するデメリットは?

複数口座開設するデメリット

  • 税金の計算が面倒
  • パスワード管理が面倒

税金の計算が面倒

取引所ごとの利益を合計して計算する手間がかかる

​複数の取引所で資産運用していると、税金の計算が面倒になってしまいます。

暗号資産(仮想通貨)の取引で発生した利益にも税金がかかるので、確定申告の際には、複数の取引所での利益を合算する必要があります。

このときに、複数の取引所での取引履歴をダウンロードしたうえで、損益計算をしなくてはならないので面倒です。

暗号資産(仮想通貨)の税金について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください!

【2019年度最新】暗号資産(仮想通貨)・ビットコインに税金がどのくらいかかるか理解していないと、知らないうちに損をしているかもしれません!この記事では、たくさんの例を用いながら税金のかかる条件や計算方法、さらに税金対策まで紹介しているので、誰でも簡単にイメージしながら理解できます!

パスワード管理が面倒

複数のパスワードを使い分けるのに混乱してしまう

​取引所に登録する際は自分でパスワードを設定しなくてはなりません。

複数の取引所に登録する場合、それぞれ異なるパスワードを設定する必要があります。

一つの取引所のパスワードなら覚えられても、複数の取引所のパスワードだと混乱してしますかもしれませんね。

面倒ですが、複数のパスワードを自分で管理する必要があります。

仮想通貨取引所に複数口座開設するときの3つの注意点​

複数の取引所に口座開設する際の注意点

複数口座開設するときの注意点

  • パスワードは絶対に使いまわさない
  • 2段階認証は必ず設定しよう
  • 海外取引所に登録するメールアドレスは普段使いのものと分ける

パスワードは絶対に使いまわさない

同じパスワードを使わないようにしよう

​先ほど、複数の取引所に登録するデメリットとして「パスワードの管理が面倒」である点を取り上げました。

たしかに、取引所ごとにパスワードを設定するのは大変ですが、絶対にパスワードを使いまわしてはいけません!

万が一、どこかの取引所でパスワードを盗まれてしまった場合は、すべての取引所で資産を盗まれてしまう可能性があります。

自分の資産を守るためにも必ず、パスワードは取引所ごとに異なるものを設定してください!

2段階認証は必ず設定しよう

2段階認証はセキュリティを格段にアップさせる

2段階認証とは、取引所にログインする際に、メールアドレスとパスワードに加えて、数十秒ごとに認証アプリで生成される6桁の数字の入力を要求することで、アカウントのセキュリティを高める仕組みのことです。

取引所によっては、2要素認証や2ファクタ認証とも呼ばれています。

2段階認証はログインする度に必要となるので、やや面倒なところがありますが、これだけでセキュリティが大幅に向上するので必ず設定するようにしてください!

2段階認証の具体的な設定方法などはこちらの記事で詳しく説明しています!

暗号資産(仮想通貨)投資では、なぜ2FA(2段階認証)が必須なのでしょうか? 2FAで面倒な経験をしたCoinPartnerが、必須な理由と、2FAを設定しただけで安心してはいけない理由などを、どこよりも丁寧に解説します!!

海外取引所に登録するメールアドレスは普段使いのものと分ける

海外取引所には普段使っていないアドレスを登録する

​暗号資産(仮想通貨)取引所に登録する際は、自分のメールアドレスの登録が必須です。

国内の取引所に関しては、普段使っているメールアドレスを登録しても大丈夫なのですが、海外の取引所の登録には少し注意が必要です。

海外の取引所に登録するメールアドレスは普段あまり使っていないメールアドレスにした方がセキュリティの観点から無難だと言えます!

普段Gmailを使っている方ならば、海外取引所に登録しておくのはYahooメールやiCloudメールがおすすめです。

bitFlyerと併用!おすすめ国内取引所2選

bitFlyer(ビットフライヤー)は、暗号資産(仮想通貨)取引をするならまずは登録・口座開設しておきたい人気の取引所です!

ですが、快適に暗号資産(仮想通貨)投資を楽しむならば、bitFlyerだけでは物足りないかと思います。

やはり1つの取引所だけでは取引の幅が制限されてしまいますし、チャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

ですので、ここでは

  • コインパートナーおすすめの取引所の中から
  • bitFlyerにない機能を持ち、bitFlyerと併用すると最強

な国内の取引所を厳選して2つご紹介します!

この機会に2つとも新規登録してもいいですし、自分の取引目的に合っている方の取引所に登録するのも良いと思います!

最短5分で登録

bitFlyerの登録はこちら

 

アルトコインFXをやるならDMM Bitcoin​

〜bitFlyerとDMM Bitcoinの使い分け方〜

  • ビットコインFXはbitFlyerを使う
  • アルトコインFXはDMM Bitcoinを使う

まず紹介したい取引所はDMM Bitcoin(DMMビットコイン)です!

DMM Bitcoinの最大の魅力は、イーサリアムやリップルを始めとしたアルトコインFXができるということです!

bitFlyerではビットコインFXしかできません。

ですので、ビットコインFXをやるときはbitFlyerを利用して、アルトコインFXをするときにはDMM Bitcoinを利用するといった使い分け方がオススメです!

アルトコインFXやるならココ

DMM Bitcoinの登録はこちら!

DMM Bitcoin公式サイトへ

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!

豊富なアルトコインを取引するならCoincheck

コインチェック

〜bitFlyerとCoincheck使い分け方〜

  • bitFlyerではビットコインを中心に取引する
  • Coincheckではアルトコインを中心に取引する

次に紹介したいのはCoincheck(コインチェック)です!

Coincheckは、取り扱い銘柄数国内No.1の取引所として知られています。

bitFlyerでは取り扱っていない通貨も、豊富な銘柄を取り扱うCoincheckなら取引することができます

使い分け方の一つの例としては、ビットコインの取引はbitFlyerで、アルトコインの取引はCoincheckでやってみるのが面白いかと思います!

Coincheckの口座開設はこちら

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。

 

取引チャンスを広げる!おすすめ海外取引所

​bitFlyer、DMM Bitcoin、Coincheckをはじめとした国内の取引所に加えて、海外の暗号資産(仮想通貨)取引所を組み合わせて使うことも非常に有効です。

ここでは、さらにチャンスを広げたい方のためにおすすめの海外取引所を厳選してご紹介します!​

取り扱い暗号資産(仮想通貨)通貨100種類超え!Binance(バイナンス)​

binanceのロゴ

Binanceのおすすめポイント

  • 世界最大級の取引所!
  • 取り扱い銘柄の数が100種類以上!
  • 海外取引所の中で手数料が破格の安さ!

おすすめの海外取引所はBinance(バイナンス)です!

取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の種類はなんと100種類以上で、日本の取引所では扱っていない暗号資産(仮想通貨)も取引することができます!

暗号資産(仮想通貨)おすすめランキングを参考にして、Binanceで自分の推しコインを買ってみるのもいいと思います!

Binance(バイナンス)公式サイトへ

Binanceの登録はこちら!

バイナンス(Binance)は初めて海外取引所を使うという人に最も適した取引所です。手数料が安く取扱通貨数が100を超える豊富さで、さらに本人認証なしで本格的に取引をできるからです。レバレッジ125倍の先物取引も開始。そんなバイナンスをコインパートナーが詳しく解説!

まとめ​

今回は、複数の取引所に登録しておくメリット・デメリット、注意点、そしておすすめの取引所の組み合わせまで解説しました!

暗号資産(仮想通貨)投資をするなら絶対に複数の取引所に登録しておきましょう!

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)に登録して、さらにDMM BitcoinCoincheckを組み合わせるのがおすすめです!

複数の取引所をうまく使いこなして、快適な暗号資産(仮想通貨)ライフを送ってください!

おすすめ取引所No. 1

bitFlyerの登録はこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)に登録したい、でも口座開設って難しそうでできないあなた。いつ新規アカウント作成は再開するのか気になるあなた。ビットフライヤーの登録で悩みを抱えるみなさんのもやもやを解消します!