「ビットコインにかかる手数料ってどのくらいなの?

そうお考えではありませんか?

ビットコインには実際さまざまな手数料がかかり、その手数料を安く抑えることはとても重要です。

この記事ではコインパートナーが、ビットコインの取引にかかるすべての手数料を紹介した上で、おすすめできる取引所を厳選しています!

結論だけ知りたい方へ!
ビットコインが一番おトクに
取引できるのはDMM Bitcoin

  • 入金手数料が無料
  • 取引手数料が無料
  • 出金手数料が無料
  • 送金手数料が無料

手数料の安い取引所なら

 
手数料がお得な取引所ランキング

1位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの手数料一覧

手数料名 手数料
入金手数料
(即時入金)
無料
入金手数料
(銀行振込)
無料
(銀行手数料は負担)
出金手数料 無料
取引手数料 無料
スプレッド 約3.6%
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/ 日

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは国内大手のDMM.comが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

表を見ればわかるように、入出金手数料 ・取引手数料・送金手数料が全て無料となっています!

他の主要取引所と比べても、この手数料の安さはトップクラスです。

ビットコインのレバレッジ取引ができるのも大きな魅力ですね。

「手数料の安い取引所でビットコインを取引したい!」という方にはDMM Bitcoinがオススメです!

手数料を節約するなら

DMM Bitcoinについて詳しく知りたい方はこちら!

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!
 
手数料がお得な取引所ランキング

2位:GMOコイン

GMOコイン手数料一覧

手数料名 手数料
入金手数料
(クイック入金)
無料
入金手数料
(銀行振込)
無料
(銀行手数料は負担)
出金手数料 無料
(銀行手数料は負担)
取引手数料 無料
スプレッド 約4.0%
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04% / 日

GMOコインの特徴

GMOコインは、東証一部のGMOインターネットが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

一位のDMM Bitcoinと比べるとほとんど手数料は同じですが、若干スプレッドが広くなっています。
(スプレッドは日々変動しています)

DMM Bitcoinよりもおすすめできるポイントはセキュリティです。

GMOコインはセキュリティが強いことで有名で、今まで大きなトラブルが起きたことがありません。

「ハッキングの心配なんかせずに暗号資産(仮想通貨)取引がやりたい!」という方にはGMOコインがオススメです!

セキュリティ抜群

GMOコインについて詳しく知りたい方はこちら!

GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!東証一部上場企業が運営する国内最大級の取引所の実態はどうなのか。手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に一読下さい。
 
手数料がお得な取引所ランキング

3位:Coincheck

Coincheckの手数料一覧

手数料名 手数料
入金手数料
(コンビニ入金)
770円
(3万円未満)
入金手数料
(銀行振込)
無料
(振込手数料負担)
出金手数料 407円
取引手数料 無料
スプレッド 約4.3%
送金手数料 0.001BTC

Coincheckの特徴

Coincheck(コインチェック)は2012年に設立された老舗の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

上位2つと比べると手数料は若干高いですが、Coincheckはその分、非常に使いやすい設計になっています!

コインチェックのアプリ画面

これからビットコインを始める方でも安心して使えるはずです。

「手数料を少しくらい取られてもその分使いやすいならOK!」という方はぜひCoincheckを利用してみてください!

使いやすさを重視するならココ

Coincheckについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
 
必要な手数料と抑えるコツ

主要取引所のビットコイン手数料を表で比較

国内取引所の手数料をまとめて比較!

ビットコインを購入できる取引所は数多く存在します。

そこで国内の主要な取引所のビットコイン手数料を、表で比較してみましょう!

取引所 入金手数料
(振込)
入金手数料
(即時)
出金手数料 取引所手数料 販売所手数料 レバレッジ手数料 ビットコイン
送金手数料
新規登録 無料※1 無料 無料 無料 0.04%/日 無料
新規登録 無料※1 無料 無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料 0.04%/日 無料
新規登録 無料※1 756円
(3万円未満)※2
400円 Maker:0%
Taker:0%
無料 0.001BTC
bitFlyer(ビットフライヤー)新規登録 無料※1

330円

220円(3万円未満)
770円(3万円以上)
0.01〜0.15% 無料 0.04%/日 0.0004BTC
新規登録 無料※1 540円(3万円未満)
756円(3万円以上)
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
0.001BTC
SBIVCトレード新規登録 無料※1 無料(SBI) SBI銀行:50円

その他金融機関
160円(3万円未満)
250円(3万円以上)
無料 無料
新規登録 無料※1 510円 無料 0.1%/日 0.0005BTC
bitpoint新規登録 無料※1 無料 各金融機関
振込手数料
無料 0.035%/日 無料
taotaoロゴ新規登録 無料 無料 無料 0〜0.041%/日 無料
bitmax新規登録 110円
(LINE Pay
登録銀行)
110円
(LINEウォレットへの
出金)
無料 0.001BTC

※1 振込手数料は各自負担

※2 1000円(3万円以上50万円未満)/入金金額×0.11% + 495 円(50万円以上)

 
必要な手数料と抑えるコツ

ビットコインにかかる3つの手数料

ビットコインの手数料は3つある!

暗号資産(仮想通貨)の時価総額1位で基軸通貨でもあるビットコインはほぼ全ての取引所で扱われており、初めて購入する暗号資産(仮想通貨)にはとてもぴったりです。

そんなビットコインを取引する際にかかる手数料は大きく下の4つに分類されます。

ビットコインの手数料一覧

  1. 入出金手数料
  2. 取引手数料
  3. 送金手数料
  4. レバレッジ手数料

入出金手数料 

入金手数料は日本円を口座にいれるときにかかる手数料

ビットコインを購入する場合、暗号資産(仮想通貨)取引所に口座を開設しなければなりません。

その際に日本円や米ドルなどの法定通貨を入金する必要があります。

この法定通貨の入金にかかる手数料が入金手数料です。

入金方法として基本的にはクイック入金銀行振込の2種類があり、クイック入金は銀行振込より早く済みますが、その分手数料は高くなってしまいます。

 

また、暗号資産(仮想通貨)取引所から法定通貨を出金する際にかかる手数料が出金手数料です。

出金手数料はほとんどの取引所で500円程となっています。

取引手数料 

暗号資産(仮想通貨)を取引するときにかかるのが取引手数料

取引手数料はビットコインを購入や売却する時に取引所に払う手数料のことで、取引所によって違います。

また、取引所には取引所形式販売所形式があり、一般的に販売所形式の方が手数料が高くなってしまいます。

なぜなら、取引相手が異なってくるからです。

取引所形式では、投資家は投資家同士で取引をします。

取引所の仲介を必要とせず基本的には価格や手数料を自分たちで決めることができます。

一方販売所形式では、あなたと販売所が取引をします。

販売所では取引所の仲介を必要とするので、スプレッドと呼ばれる実質手数料のようなものが暗号資産(仮想通貨)の価格に上乗せされてしまい、その分だけ損をしてしまします。

また、レバレッジ取引と呼ばれる、元手よりも大きい額を取引する手法の場合は、注文をだした状態で1日が経過すると日ごとに手数料が取られるレバレッジ取引料がかかってきます。

暗号資産(仮想通貨)のスプレッドとは、買値と売値の差のことです。この差が広ければ、広いほど取引で損をすることになります! スプレッドは暗号資産(仮想通貨)販売所で大きく発生する傾向にあります。スプレッドの狭いお得な取引所を紹介します!

レバレッジ取引について詳しく知りたい方はこちら!

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

送金手数料

暗号資産(仮想通貨)を送金するときにかかるのが送金手数料

送金手数料は、ビットコインを送金する時にかかる手数料です。

ビットコインは送金する際、承認という作業を必要とします。

膨大な演算をしてその承認をしてくれるマイナーには手数料を支払わなければなりません。

マイナーは手数料が高い方から承認していくため、マイナー手数料を多く払えば早く送金ができるようになります。

 

手数料は送金のたびにかかるため、少額のビットコインを何度も送金していると手数料が余計にかかってしまいます。

ビットコインの承認について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

ビットコインの承認って何?なぜビットコインの承認って遅いの?その仕組みと詳しい理由はご存知ですか?「承認」はビットコインの取引を完了させるためのとても大事な作業であり、この記事を読めばその仕組みを理解できるようになります。
 
必要な手数料と抑えるコツ

ビットコインの手数料の節約術

ビットコイン手数料の節約方法を紹介!

手数料を節約する
2つのポイント

  1. 販売所ではなく取引所を利用しよう
  2. 送金回数を少なくしよう

販売所ではなく取引所を利用しよう

取引所形式の方が販売所形式よりも手数料がお得!

取引手数料で少し触れましたが、取引所形式と販売所形式で取引手数料は変わってきます。

取引所のスプレッド

取引所は人々が暗号資産(仮想通貨)を取引する場所で指値注文をすることによってビットコインを購入することができます。

このため自由に売買金額を決める事ができ、取引所にとられる手数料はわずかとなっています。

逆に販売所ではビットコインを運営会社と直接売買します。

多くの販売所で取引手数料無料となっている所が多いですが、実際にはスプレッドというのが存在し、それが実質的な手数料となっています。

そのため、取引所よりも販売所の方が手数料が多くかかってしまいます!

費用を節約したい場合は取引所で取引するのがおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。

送金回数は少なくしよう

手数料は送金のたびにかかってしまう!

 暗号資産(仮想通貨)の送金には手数料がかかります。

送金するたびに手数料が発生してしまうので少量の送金を何度も繰り返すと手数料が高額になってしまいます!

送金する際はなるべく1度にまとめてするようにしましょう!

 
まとめ

ビットコインの手数料 まとめ

手数料を抑えるには、取引所選びが非常に重要であることがお分かりいただけたと思います。

コインパートナーでは、お得な取引所としてDMM Bitcoinをオススメしています!

手数料が安いのはもちろんのこと、非常に使いやすいので初心者の方にオススメできる取引所です!

手数料の安さを重視するなら