レバレッジ取引をするとき、どの取引所を使えばいいのかわからない....

という方も多いのではないのでしょうか?  

たしかに、レバレッジ取引は現物取引と違って難しい部分が多いですよね。

この記事では、レバレッジ取引のポイントやメリット・デメリット、おすすめ取引所までコインパートナーが徹底解説します!

これを読んで、レバレッジ取引をマスターし、暗号資産(仮想通貨)中級者への一歩を踏み出しましょう!

レバレッジ取引やるならココ

仮想通貨のレバレッジ取引についておさらい!

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引の特徴をおさらい

現物取引とレバレッジ取引の違い

現物取引とレバレッジ取引の違い

  • 現物取引
    →ポジションをとる際に、コインを買う
  • レバレッジ取引
    →ポジションをとる際に、コインを売買したと仮定できる

暗号資産(仮想通貨)の取引方法は大きく分けて、レバレッジ取引現物取引の2つがあります。

その差が曖昧にならないようきちんと理解しておきましょう!

現物取引は、「仮想通貨を安く購入して、価格が上がったら売ることで利益を得る仕組み」になっています。

レバレッジ取引は、「まず仮想通貨を売買したと仮定して、決済する際にその差額の資金をやりとりするという仕組み」になります。

レバレッジを日本語にすると「てこ」と言う意味になり、小さい力で大きなものを動かすことを表しています。

レバレッジ取引も同じ要領で、自分の元手(=小さい力)でその何倍ものお金(=大きなもの)を取引で動かすことができます。

このように、証拠金の何倍まで取引で使う金額を増やすかを設定するのがレバレッジ倍率です。

レバレッジ倍率は取引所によって異なりますが、日本国内の取引所では最大倍率が4倍までに設定されています。

仮想通貨FXとレバレッジ取引の違い

暗号資産(仮想通貨)FXはレバレッジ取引の分類の一つ

レバレッジ取引と暗号資産(仮想通貨)FXの違いについて疑問を抱いている方もいると思うので、ざっくりおさらいします。

レバレッジ取引の中に、暗号資産(仮想通貨)FX・信用取引・先物取引があります。

つまり暗号資産(仮想通貨)FXはレバレッジ取引の分類の一つということです!

そのため証拠金取引には変わりはなく、レバレッジをかけて自分の持っている以上の資金で取引を行うという点はレバレッジ取引と一致しています。

 

暗号資産(仮想通貨)FXは、差額決済です。

一度買って売るという現物を介した取引ではなく、結果としての資金の利益・損失のみが移動する仕組みとなっています。

初心者がレバレッジ取引所を選ぶときの6つのポイント

取引所を選ぶときのポイントを紹介

ここでは、レバレッジ取引の取引所選びのポイントについて解説していきます!

レバレッジ取引の取引所選びのポイント

  1. レバレッジの大きさ
  2. スプレッドの広さ
  3. 証拠金維持率の高さ
  4. スマホアプリの有無
  5. 使いやすさ
  6. 銘柄ペアの多さ

1.レバレッジの大きさ 

レバレッジ倍率が大きいほどリスクも大きい

レバレッジが大きいほど、より大きい額の取引を行うことができます

証拠金×レバレッジ倍率の額で取引ができるため、少ない資金で大きい利益を得られるのです。

レバレッジの大きさはハイリスクハイリターンの度合いをはかる指標だと思っていただければいいと思います。

レバレッジが大きくなるとそれだけリスクも大きくなるので、初心者は低い倍率からの取引をおすすめします。

国内のレバレッジ倍率は最大4倍に設定されているため、それ以上のレバレッジをかけたい場合は海外取引所を使用する必要があります。

2.スプレッドの広さ 

スプレッドが広いと知らぬ間に損してしまう

スプレッドとは、暗号資産(仮想通貨)を売るときと買うときの値段の差のことです。

スプレッドは、見えない手数料とも言われており、理解しておかないと知らずに損をしてしまう可能性があります。

一般的に、スプレッドは狭い方が利益を得やすいです。

そのため、スプレッドの狭い取引所を利用することをおすすめします。

3.証拠金維持率の高さ 

証拠金維持率の高さはリスクの軽減に繋がる

証拠金維持率とは、レバレッジ取引を行うのに必要な証拠金に対して、どれだけ純資産が割合として占めているのかを表すものです。

この証拠金維持率を下回ると、取引が自動的にストップします。

例えば、100万円のレバレッジ取引をするときに必要な証拠金が10%、つまり10万円分だとします。

それに対して、証拠金維持率が80%と設定されていたら、損失が20%(=2万円)でると、自動的に取引ができなくなります。

この証拠金維持率が高いと、早いうちに大きな損失を回避することができますし、証拠金以上の損失を生み出すことはありません

4.スマホアプリの有無

スマホアプリがあればいつでも取引ができる

スマホアプリがあれば、外出先で手軽に取引できるようになります。

レートは常に変化しているので、取引チャンスを見逃さないことが重要です。

そのためスマホを使用していつでも取引できることは大きなメリットです。

5.使いやすさ

自分に合った取引所を利用するのがおすすめ

取引画面の使いやすさはトレードをする上で非常に重要です。

取引画面が使いにくいと注文のタイミングを逃してしまったり、ちょっとした操作ミスで資産を無くしてしまうことにも繋がりかねません。

レバレッジ取引では莫大な金額の取引を行うわけですから、できるだけ自分の使いやすい取引所を利用することをおすすめします。

6.銘柄ペア数の多さ

多様な通貨に投資することができれば利益を上げやすい

取引所ごとに対応している銘柄ペアは全く異なります。

有名なアルトコインを豊富に扱っている取引所もあれば、マニアックなものを中心に扱っている取引所など様々です。

銘柄ペアが多いほど利益を上げられるチャンスが大きく、リスク回避もしやすくなります。

仮想通貨取引所のレバレッジ比較表

おすすめ取引所を比較してみた

取引所名 口座開設 倍率 取引手数料 証拠金維持率
(ロスカット)
最小発注量 スマホアプリ 銘柄ペア 評判

(暗号資産FX)

新規登録 4倍 0.04%/日 75% 0.01BTC 10種類
(BTC,BCH,ETH,LTC,XRP
XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ/JPY)
評判

(レバレッジ取引)

新規登録 30% 5種類
(BTC,ETH,XRP
LTC,BCH/JPY)
新規登録 4倍 0.04%/日 50% 0.01BTC
0.1ETH
100XRP
18種類
(BTC,ETH,XRP,BCH
LTC,XEM,ETC/JPY
その他BTC建など)
評判
bitFlyer(ビットフライヤー) 新規登録 4倍 0.04%/日 50% 0.01BTC 1種類
BTC/JPY
評判
bitpoint 新規登録 1倍.2倍.4倍 0.035%/日 100% 0.0001BTC 1種類
BTC/JPY
評判

取引所ごとに取引できる通貨や証拠金維持率が異なっているので、自分の目的に合った取引所を見つけましょう!

仮想通貨レバレッジ取引のおすすめ取引所3選 

おすすめの取引所を厳選して紹介

コインパートナーおすすめの選び方

GMOコイン:初めてのレバレッジ取引ならココ!

GMOコイン ロゴ

GMOコインの基本情報(暗号資産FX)

取引手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日
レバレッジ倍率 4倍
強制ロスカット 証拠金維持率75%
追証 有り
銘柄ペア 10種類
(BTC,BCH,ETH,LTC,XRP
XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ/JPY)
スマホアプリ
公式サイト GMOコイン公式サイトへ

GMOコインの特徴

GMOコインは東証一部のGMOグループが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

手数料が安く、スプレッドが非常に狭いためお得に取引することができます。

合計10ペアの銘柄がレバレッジ取引に対応しているので、GMOコイン一つ使えば王道コインはすべて取引することが可能です。

ビットコインFX・アルトコインFXともに、GMOコインを使っておけばまず間違いないかと思います!

初めてのレバレッジ取引なら

GMOコインの評判についてもっと知りたい方はこちら!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの基本情報

取引手数料 無料
(※BitMatch取引手数料を除く)
レバレッジ手数料 0.04%/日
レバレッジ倍率 4倍
強制ロスカット 証拠金維持率50%
追証 有り
銘柄 18種類
(BTC,ETH,XRP,BCH,XLM
LTC,XEM,ETC,MONA/JPY
その他BTC建など)
スマホアプリ
公式サイト DMM Bitcoin公式サイトへ

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは、基本手数料が全て無料(※BitMatch取引手数料を除くの取引所です。

11種類18銘柄扱っており、国内で一番多い数字となっています。アルトコインFXに力を入れていきたい方におすすめです。

超大手企業のDMM.comが運営しているため、他の取引所と比べても抜群の信頼性を誇っています!

DMM Bitcoinのレバレッジ取引について詳しく知りたい方はこちら!

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー )

※現在、2020年5月1日時点で本人確認が完了していないユーザーに対して、bitFlyer Lightning FXの利用を一時停止しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

取引手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日
レバレッジ倍率 2倍
強制ロスカット 証拠金維持率50%
追証 あり
銘柄ペア 1種類
BTC/JPY
スマホアプリ
公式サイト bitFlyerの公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer(ビットフライヤー)のレバレッジ取引はbitFlyer Lightningと呼ばれています。

レバレッジ取引をする上で欠かせないテクニカル分析に必要な機能が、他の取引所よりもはるかに豊富です。

さらにビットフライヤーはビットコインの取引高が国内No.1の実績を持つほど、多くのユーザーから人気を集めています。

ビットコインのレバレッジ取引をするならbitFlyerがおすすめです!

ビットコインのレバレッジ取引なら

bitFlyerのレバレッジ取引について知りたい方はこちら!

仮想通貨のレバレッジ取引をするメリット

レバレッジ取引のメリットを紹介

レバレッジ取引のメリット

  • 少額で取引できる
  • 大きなリターンを望める
  • 売りからでも取引できる

少額で取引できる 

少ない資金で大きな金額を取引できる

レバレッジ取引では、証拠金を入れることで少額から取引することができます。

証拠金とは、レバレッジ取引を行うために取引所に預け入れるお金です。

必要な証拠金は取引所ごとに定められています。

例えば、仮に証拠金が10%必要と定められているとすると、100万円分のビットコインをレバレッジ取引したいとき、10万円が証拠金として必要となります。

レバレッジ取引は、自分が保有する元手を担保として、取引所から一時的にお金を借りているということなので、万が一損失が生じた場合、証拠金で損失分の決済が行われます

そのため手元にお金がなかったとしても一気に資産を増やすことができるわけです。

今すぐ投資デビューするなら

暗号資産(仮想通貨)の増やし方についてまとめた記事はこちら!

大きなリターンを望める 

当然大きな金額を取引することができれば、得られる利益も大きくなります

※下の図の数値は参考例です。

たとえば、レバレッジ取引で10万円を証拠金として預けたときに、「レバレッジ10倍」に設定すると、100万円分の資金を取引することができます。

そのときに1BTC=100万円だとしてたら、1BTCまで購入できます。

さらに1BTC=110万円に値上すれば差額の10万円はすべて利益になります。

このようにレバレッジ取引は一気に利益を上げられる可能性のある投資方法となっています!

一攫千金を狙うなら!

売りからでも取引できる 

価格が下がっても利益を上げられる

レバレッジ取引では売りの注文から取引を始めることができます

つまり、コインの価格が下がっているときでも利益を生み出すことができるということです

現物取引では基本的に「買い」から始めることしかできません。

しかし、レバレッジ取引は「売り」注文からでも取引に参加することができるので、コインの価格が上昇中でも、下落中でも利益を狙うことができるのです。

初めてのレバレッジ取引なら

仮想通貨のレバレッジ取引をするデメリット

レバレッジ取引のデメリットを紹介

レバレッジ取引のデメリット

  • ボラティリティがありリスクが大きい
  • ロスカットにより強制的に損失が確定してしまう
  • 手数料が高く長期トレードに向かない

ボラティリティがありリスクが大きい 

大きな損失を出す可能性もある

ボラティリティとは、資産のランダムな価格変動の激しさを表す指標です。

株やFXと比べて暗号資産(仮想通貨)のボラティリティは高めです。

ボラティリティが高いおかげで、高いレバレッジをかけることなく利益を出しやすい面もあります。

しかし、予想より大きく損をする可能性があるので注意が必要です。

ロスカットにより強制的に損失が確定してしまう 

取引所が強制的に取引を終わらせることもある

証拠金維持率がある一定の割合を下回ると強制ロスカットが行われる場合があります。

強制ロスカットとは、ユーザーのさらなる損失を防ぐための自動決済機能です。

これが行われてしまうと、価格が再び上昇することを待つこともできず、損失が確定してしまいます。

さらに相場が急激に変化した場合は、強制ロスカットが正常に反映されない場合もあり、予想以上の損失を受ける可能性もあります。

手数料が高く長期トレードに向かない 

ポジションを持っていると1日ごとに手数料がかかる

レバレッジ取引が長期取引に向かない理由はスワップポイントと呼ばれる手数料にあります。

スワップポイントとは保有しているポジションに対してかかる手数料のことを言います。

スワップポイントは日にちをまたいでポジションを保有すると発生する仕組みとなっているため、長期的に購入したコインを保有すると、毎日手数料がかかってしまいます。

そのためレバレッジ取引において、コインの長期保有は向いていません。

取引所によってその割合は変わりますがおおよそ0.04%/日のところが多いです。

仮想通貨のレバレッジ取引まとめ

レバレッジ取引のまとめ

  • 元手より大きな取引をすることができる
  • ハイリスクハイリターン
  • 暗号資産(仮想通貨)FXはレバレッジ取引の一部
  • 強制ロスカットに注意!
  • コインパートナーのおすすめはGMOコイン

この記事では、暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引について幅広く解説してきました。

今回紹介した取引所は多くのトレーダーから絶大な人気を誇っているところばかりです。

ぜひご自分のレベルに合った取引所でレバレッジ取引デビューをしてみてくださいね!

初めてのレバレッジ取引なら