エイダコインを買ってみたいけどどの取引所で買えるんだろう」「どの取引所がおすすめなんだろう

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

エイダコインを買うことのできる取引所や、その中でもどこがおすすめなのかが分かれば最高ですよね。

そんな方のために!コインパートナーがエイダコインの購入におすすめの取引所を紹介します!

 

エイダコイン(Cardano/ADA)とは

エイダコイン(Cardano、ADA)とは、オンラインカジノ「Cardano(カルダノ)」上で使われる通貨で、厳密には通貨名はCardano(カルダノ)、通貨単位がADAです。

現在出回っているようなオンラインカジノでは、大抵運営者が利益を得られるような仕組みになっているため、現状プレイヤーが負けやすいように設計されています。

カルダノでは、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどのオープンソースの技術を利用して、中央管理者のいない公正なカジノのプラットフォームを築くことを目指しています。 

目次エイダコインとは?bitcoinとの関連は?エイダコイン〜購入価格は?取引所は?公開、そして上場!気になるチャート分析と今後の予想は? まとめエイダコインに関するQ&A エイダコインとは?bitcoinとの関連は? bitcoinの派生形である「オルトコイン」の一種 エイダコインとは、オルトコインと呼ばれるビットコインの形態(ブロックチェーン等の技術的様式)を真似した暗号通貨の1つです。オルトコインは現在では少なくとも800種類あると言われており、その信用度もピンからキリまで様々です。ではそれだけの数の暗号通貨の中で、なぜ今エイダコインが注目を集めているのか?それは、以下の2つの要素によると言われています。 特徴①:オンラインカジノ「カルダノ」で使える通貨 エイダコインの特徴その1が、オンラインカジノ「カルダノ」で使える通貨であるということ。世の中で出回るオンラインゲーム・カジノの多くがユーザが負けるようなプログラミングのもとに設計されている一方で、カルダノは胴元のいない公正なプラットフォームを提供している市場です。 ではなぜカルダノは不正がないと言い切れるのか?それは、カルダノが、オンラインカジノの仕組みにブロックチェーンやスマートコントラクトなどの公開性が高いシステムを導入することで、取引記録を正確に残ししかもそれが全員に公開されるような仕組みになっているからです。 と軽く説明したところで、それではなぜそれが詐欺であるとの噂が立ってしまったのか。特徴その2を見てみましょう。キーワードは2人の人名です。 特徴②:2人のキーパーソン 1人目は「チャールズ・ホスキンソン」。彼は天才数学者として名を馳せる一方、暗号資産(仮想通貨)の時価総額で3位のイーサリアムや5位のビットシェアーズ等の開発に携わった暗号通貨界の巨匠です。その彼が携わっているーーーーというと信用性は高いのですが、問題は2人目です。

 

 

さて、エイダコインといえば、結果的には詐欺コインだった「ノアコイン」を大々的に宣伝していたことで悪名の高い泉忠司が出資者の1人として購入を勧めていたということもあり、エイダコインも詐欺コインなのではないかという噂が広まり、本当に開発が予定通り進むのか懐疑的な目が向けられていました。

しかし、すでに実際にいくつかの大手取引所に上場しており、開発も順調に進んでいる様子から、詐欺コインではないのではないかという見解が広まっています。

 

では、このまま開発がしっかり進んでいけば将来性も期待できるエイダコインを購入できる取引所について見ていきましょう!

 

エイダコインの購入にはBinance(バイナンス)がおすすめ!

暗号資産(仮想通貨)の取引で損しないためには、取引所ごとの手数料を把握しておくのは大切です。

取り扱う種類が多かったりと一見魅力的でも、取引手数料が高いとそこで他の取引所に比べて少し損をしてしまいます。

取引所のエイダコインの取引手数料と出金手数料を比較していきましょう。

取引所 取引手数料 出金手数料
Binance 0.1%※1 1ADA
Bittrex 0.25% マイナーへの手数料のみ
Huobi 0.2%※2 10ADA

※1取引手数料をBNBで支払うと半額の0.05%

※2HuobiTokenを持っていると最大50%OFFになります。

 

これを見てもわかるようにBinanceが圧倒的に安いですね。

つまりエイダコインを買うことのできる取引所のうち、最もおすすめなのはBinance(バイナンス)です!

エイダコイン以外にも、多くの種類のアルトコインの取引をすることができます。

 

今すぐBinanceのアカウントを開設!

 

この記事では、暗号資産(仮想通貨)取引所Binance(バイナンス)への登録方法と、登録後の本人認証の仕方を紹介します。 「そもそもBinanceってどんな取引所なの?」という方は、ぜひまずはこちらの記事を読んでみてください! Binanceとは?今絶対に知っておくべき暗号資産(仮想通貨)取引所の今後や特徴を解説!2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する暗号資産(仮想通貨)取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!続きを読む 目次Binanceに登録・認証するために必要なものBinanceへ登録の仕方二段階認証設定をしよう個人情報を認証しようBinanceの登録についてQ&A Binanceに登録・認証するために必要なもの まず、Binanceに登録するのに必要なもの、それはズバリ、メールアドレスのみです。 ただし、ただ登録するだけでは引き出し限度額に少し不便さを感じる方もいらっしゃるでしょう。そういった場合は本人認証をすることで、引き出し限度額を大幅に引き上げ、大規模な取引ができるようになります。 認証には、免許証かパスポートが必要です。 また、セキュリティを高めるために、SMSかGoogle Authentificatorによる二段階認証を行う必要があります。 では、それぞれの手順について紹介します! Binanceへ登録の仕方 メールアドレス、パスワード入力 まずは、下図右上の赤枠で囲まれた箇所から、「Register」をクリックするか、このリンクから登録画面にアクセスしましょう。 Binance登録画面へ すると、下のような画面が出現します。メールアドレスの入力と、ログイン用にパスワードを設定しましょう。このとき、人影のマークが書いてある欄はいじらないでください。 チェックボックスにチェックを入れて利用規約に同意したら、登録ボタンを押しましょう。 パズルでロボットか確認 登録ボタンをクリックするとこのような画面が出てきます。botなどでアカウントを作るのを敬遠してのことでしょうね。 なんのこっちゃ、と言う感じですが、「Dran the left slider to verify」と書いてあるところで、左端の丸い部分をホールドして右にスライドさせると・・・

 

エイダコインの取引所に関するQ&A

日本語対応しているエイダコインの取引所は?

エイダコインを取り扱っている取引所の中で、現在日本語に対応しているのはHuobiだけでしたが、2108年12月31日に日本向けのサービスを終了しています。

Binanceも以前は日本語に対応していたのですが、2018年1月から日本語に対応しなくなってしまいました。

そのためエイダコインを購入したい方は少し大変かもしれません。

Binanceでエイダコインを購入する

今後エイダコインは国内取引所にも上場する?

これについては断言することはできませんが、今後国内の取引所に上場することもあり得るのではないでしょうか。

日本の取引所は海外の取引所に比べて上場させる通貨に対する審査が厳しいように見えるので、今後も順調に開発が進み詐欺コインではないと断言できるような状況になれば、国内の取引所に上場してもおかしくありません。

今後もエイダコインの開発を見守っていきましょう。

 

エイダコインの取引所まとめ

さて、ここまでエイダコインを購入するための取引所について見てきました。

エイダコインの取引所まとめ

  • 国内の取引所には上場していない
  • おすすめは手数料の安いBinance

取引量や手数料を考えると、エイダコインを購入するのに一番おすすめな取引所はやはりBinanceです。

Binanceに今すぐ登録してエイダコインを購入しましょう!

 

Binanceの登録はこちらから!