ビットコインの空売りって一体なんなんだろう。。。

そのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

空売りをうまく使いこなせば、現在の下落相場でも大きな利益を上げることができます。

この記事ではコインパートナーが空売りの仕組みや空売りにおすすめの取引所を詳しく解説します!

また、それに加えて空売りの注意点や疑問点もまとめました。

この記事を読めば、あなたもすぐにビットコインの空売りを理解し、自分で使いこなせるようになるでしょう!

ビットコインの空売り(ショート)とは

空売りとは、「先に売って、後で買い戻す」という取引手法です。

通常の現物取引では、先に買って、後で売りますよね。

そのため現物取引では、2018年のような下落相場で儲けることは難しくなっています。

しかし空売りでは、価格が高い状態の時に先に売り、後々価格が下落した時に買うことで利益を上げることができます。

そのため、空売りを使えば下落相場でも稼ぐことができます。

現在、暗号資産(仮想通貨)のトレードで数百・数千万円も稼いでいる人はほとんど空売りを使っています。

この空売りという手法は、FX取引または信用取引で行うことができます。

ビットコインFXとは、ビットコインを用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、証拠金を担保に大きな額の取引が可能になります。ただし、ビットコインFXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。ビットコインFXをよく知っておきましょう!
 

ビットコインの空売り(ショート)ができるおすすめ取引所

空売りができる取引所BEST3

  • 1位:bitFlyer(ビットフライヤー)
  • 2位:GMOコイン
  • 3位:DMM Bitcoin

bitFlyer(ビットフライヤー):ビットコイン取引高日本一

bitFlyer(ビットフライヤー )

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年から運営されているビットコイン取引量が国内No.1の実績を持つ取引所です。

bitFlyerのビットコインFXは「bitFlyer Lightning」と言い、豊富なトレードツールが揃っており上級者の方からの評判がとても高いです。

レバレッジ取引の手数料が無料である上に、スマホアプリでも簡単にビットコインFXができます。

「他の暗号資産(仮想通貨)はいいから、ビットコインのFXがどうしてもやりたい!」という方にはぴったりの取引所です。

ビットコインFXならココ!

bitFlyerで取引を始める

ビットフライヤーについてさらに詳しく知りたい方ははこちら↓

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
 

GMOコイン:スマホ一台で暗号資産(仮想通貨)FXが可能

GMOコインは、東証一部のGMOインターネットが運営している暗号資産(仮想通貨)取引所です。

ビットコインの他にも、イーサリアム・リップル・ライトコインといった、全5種類の通貨がFXに対応しています。

さらに、GMOコインが提供するスマホアプリ「ビットレ君」を使えば、スマホ一台で暗号資産(仮想通貨)FXをすることも可能です。

暗号資産(仮想通貨)FXをするなら登録必須の取引所です!

おすすめ取引所No.1

GMOコインで取引を始める

GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!東証一部上場企業が運営する国内最大級の取引所の実態はどうなのか。手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に一読下さい。
 

DMM Bitcoin:豊富なアルトコインでFX取引ができる

DMM Bitcoinは超大手企業のDMM.comが運営しており、信頼性・安全性が非常に高いだけでなく、FX事業においては口座数日本一を獲得しています!

とても使いやすい上に、全14種の通貨ペアでレバレッジ取引をすることが可能です。

とりあえず始めたいという初心者にも、上級者にも幅広い方にオススメの取引所です!

アルトコインの取引なら

DMM Bitcoinで取引を始める

DMM Bitcoinについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!
 

ビットコインの空売り(ショート)の方法

GMOコイン レバレッジ取引画面

注文方法を「成行」「指値」の2つから選択します。

売買の方法を選択します。今回は空売りをするので「」を選びましょう。

取引数量を選択します。

④最後に「確認画面へ」を押し、注文内容を確認しましょう。内容に誤りがなければ注文を確定して終了です。

 

取引所ごとの詳しい取引方法は以下の記事を参考にしてください。

DMM Bitcoinは広告塔にローラを起用したこと、手数料が安いことで有名ですが、レバレッジ取引ができる国内の取引所ということでも有名です。システム、手数料、具体的な操作の仕方をしっかりと把握したうえで取引にのぞめるようになりましょう。
 
GMOコインでレバレッジ取引をしようと思っているけどよくわからない。。。そんなあなたのためにGMOコインの取扱通貨や手数料といった特徴から、レバレッジ取引のやり方まで、徹底解説します!さっそく暗号資産(仮想通貨)FXを始めてみよう!
 
bitFlyerではビットコインのFX取引をすることができます。難しそうに見えるFX取引ですが、実際は簡単に行うことができます。実際のやり方から注意するポイントまでご紹介して行きます!
 

ビットコインの空売り(ショート)の注意点

少額&低レバレッジで始めよう

暗号資産(仮想通貨)のFX取引は、少額&低レバレッジで始めましょう。

レバレッジとは、預け入れした資金の数倍の金額で取引できるような仕組みです。

レバレッジをかけた取引は、ハイリスクハイリターンになっており、初心者には少し難しくなっています。

FX取引は、1000円からでも始めることができます。

初心者は慣れるまで、少額で低レバレッジで取引を始めることをおすすめします。

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

 

追証とロスカットを理解しよう

レバレッジ取引には追証とロスカットというものがあります。

追証とは追加証拠金の略で、レバレッジ取引で一定の損失により証拠金が所定の比率を下回った際に追加でお金を振り込まなくてはならないことです

簡単に言えば、レバレッジ取引で抱えた借金のことです。

現物取引では借金を負う可能性はありませんが、レバレッジ取引では大きな借金を抱えてしまう可能性もあります。

ロスカットとは、損失の拡大を未然に防ぐため、損失が一定のラインよりも大きくなった際に強制的に決済してしまうことです。

しかし価格変動があまりにも激しいと、ロスカットが発動せず、追証が必要になる場合があります。

取引所によって、追証の有無やロスカットのラインが異なるので、取引を開始する前に確認しましょう。

暗号資産(仮想通貨)FXでは聞き慣れない単語が多いと思います。こちらの記事では、暗号資産(仮想通貨)FXに関する用語集をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

暗号資産(仮想通貨)FXを始めてみたけど専門用語が難しくて挫折しそう・・・。FXをやっている誰もが最初に感じるこの悩みを抱えているあなた。安心してください、そんなあなたのためにFXにおいてとても重要な用語を分かりやすく解説しました。
 

ビットコインの空売り(ショート)に関するQ&A

ビットコインの空売りは儲かる?

ビットコインの空売りは儲かります!

ただ、売買のタイミングが非常に重要で、誤ったタイミングで取引をしてしまうと大きな損失を抱えてしまう可能性があります。

初心者には、正しいタイミングで取引をするのがとても難しいです。

ビットコインの空売りが規制・禁止されるって本当?

2018年3月のG20でビットコインの空売りの規制・禁止について議論が行われました。

しかし、現在のところビットコインの空売りの規制などはありません。

ただ、ビットコインは株などと比較して、価格変動(ボラティリティ)が激しいため、規制を訴える声もあります。

もし空売りが規制されてしまうと、取引量が減り、暗号資産(仮想通貨)市場が全体的に流動性が低下してしまう可能性があります。

ビットコインの空売り(ショート)まとめ

ビットコインの空売りまとめ

  • 空売りとは「先に売って、後で買い戻す」手法のこと
  • 少額かつ低レバレッジから始めるのがおすすめ
  • 利益をあげるにはテクニカル分析が必須

今回は、ビットコインの空売りについて解説してきました。

空売りを利用すると上昇相場・下落相場の両方で稼ぐ事ができます。

レバレッジ取引をするならbitFlyer(ビットフライヤー)が一番おすすめです!

無料口座開設はこちら
(bitFlyer公式)