「AAVE(Aave/アーベ)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

あなたは今こうお考えではないですか?
確かに将来性がある仮想通貨なら購入しておきたいですよね。

この記事では仮想通貨AAVEの特徴やチャート分析を踏まえた将来性、分散型レンディングプラットフォームAaveについて解説していきます!

この記事を読めばAAVEの特徴や将来性を理解したうえで購入~ウォレット保管まですることができます。

AAVEトークンの魅力

  • 分散型レンディングプラットフォームAaveのトークン
  • 効率的に資産運用できるAaveは超将来性が高い
  • Aaveに必要不可欠なAAVEトークンも将来性が高い
  • 安定的なステーキングができる優秀なコイン
  • AAVEの取引量No.1はBinance

\ AAVE購入におすすめ /

Binanceの詳細を見る

仮想通貨AAVE(Aave/アーベ)とは?

通貨単位 AAVE
時価総額 ¥480,121,338,156
時価総額ランキング 25位
発行量 16,000,000 AAVE
コンセンサスアルゴリズム PoP
公式HP 公式HP
Twitter

(CoinMarketCapより引用/2021.3.30.)

AAVEトークンは分散型取レンディングプラットフォームAaveのトークンです。
2020年夏のDeFiブームではプロトコルにロックされた通貨総額で1位を誇り注目を浴びました!

プラットフォームAaveは今後も需要があり、Aaveの利用者が増えればAAVEトークンの価値も上昇する可能性が高く、将来性抜群の通貨です!

分散型レンディングプラットフォームAaveとは?

プラットフォームAaveとは

  • 貸し手も借り手も得する分散型レンディングプラットフォーム
  • 信頼性抜群!DeFiプロジェクトで唯一金融ライセンスを持つ

AAVEトークンの将来性について知るにはプラットフォームAaveの特徴やメリットを知ることが必要不可欠です。
ここからはAaveについてわかりやすく解説していきます!

分散型レンディングプラットフォーム

Aaveは分散型レンディングプラットフォームになります。
中央集権的な期間を挟まず、ユーザー同士が直接やり取りするため借り手と貸し手の両方が得をする画期的な仕組みを提供しています!

借り手
無担保で資金を借りれる。固定金利と変動金利を選ぶことができる

貸し手
借り手の金利を受け取ることができる。資金提供手数料を受け取ることができる。

Aaveは仮想通貨にコミットしている人に向けたもので、仮想通貨が一般的に利用されていく中で今後はさらに需要が高まっていくと思われるプラットフォームです!

金融ライセンスを持つため信頼性がある

2020年8月にAaveのイギリス法人Aave Limitedはイギリスの金融行動監視機構(FCA)から電子マネー機関のライセンスを取得しました。DeFiプロジェクトで初の金融ライセンスになります!

これにより、Aaveはイギリスで決済サービスを提供し、法定通貨から仮想通貨へ直接アクセスすることができるようになります!また、この取り組みはヨーロッパ全土に広げていく方針だそうです。

DeFiプロジェクトで初のライセンス取得はますますAaveの信頼性と実用性を高めたといえるでしょう。今後のAAVEトークンの価格上昇にも期待が持てますね!

\ AAVE購入におすすめ /

Binanceの詳細を見る

仮想通貨AAVE(Aave/アーベ)の特徴

AAVEトークン自体でできること

  • ステーキングで金利が手に入る
  • ガバナンス投票に参加できる

ステーキングで高利率な金利が手に入る

AAVEトークンの魅力は何といってもステーキングです!AAVEトークンはAaveプラットフォーム内でステーキングができます。

Aaveの資金不足対策としてAAVEトークンのステーキング資金を保険とするセーフティモジュールという機能があります。
つまりAAVEトークンのステーキングは、プラットフォームAaveの仕組みの一部として機能するので常に需要があります!

AAVEトークンのステーキングについてはこちら

ガバナンス投票に参加してAaveの未来を決められる

先ほども紹介したようにAAVEは分散型レンディングプラットフォームAaveのガバナンストークンです。

ガバナンストークンとは分散型プロトコルの経営方針の決定権を持つトークンです!トークンが投票権のような役割を務めます。

つまり、AAVEトークンを持っていればAaveの改善案を提出したり投票したりしてAaveの在り方について自分たちで決められます!
投票権はAaveプロトコル指導者に委譲することもできるので詳しいことがわからなくても大丈夫です。

以前のガバナンス投票では前身トークンであるLENDトークンからAAVEトークンへの移行が決定しました。
このようにガバナンス投票ではユーザー自身にとっても重大なことが決められます!

\ AAVE取引量No.1 /

Binanceの詳細を見る

AAVE(Aave/アーベ)は購入するべき?将来性を踏まえて解説!

AAVE(Aave/アーベ)の最新チャート


2021年の2月は仮想通貨バブルの影響で急騰しましたが、3月に入り徐々に落ちつきを取り戻した状態です。

次の仮想通貨バブルでも同じように急騰する可能性があるので下がってきたら買い時とも言えます!
ただ、価格が下落しきっていない可能性もあるので注意してください。

AAVE(Aave/アーベ)の将来性は?

プラットフォームAaveは仮想通貨が一般化されていくなかで仮想通貨運用をする人も増え、将来的には更に需要が増すと考えられます。
そのプラットフォーム上で仕組みの一部として利用されているAAVEトークンもまた今後需要が高まっていくと考えられます!

また、ステーキングをすると一定期間預けた資産は動かせません。
ステーキングする人が多いコインということは、大勢の人が一気に売って価格が急落する可能性も低いと言えます!

外的要因がない限り急騰する確率は低いと思われますが、長期的に見れば非常に将来性が高いと思われます!
またステーキングができることもあり長期保有に向いています。

AAVE(Aave/アーベ)購入におすすめの取引所

取引方法 現物取引・信用(マージン)取引・先物取引
最大レバレッジ 信用(マージン)取引:10倍
先物取引:125倍
取扱通貨数 200種類以上
手数料 【スポット取引】
~0.1%
【先物取引】
メイカー:~0.02%
テイカー:~0.04%
日本語対応 公式HP:〇
公式アプリ:〇
日本語チャット機能
公式サイト 公式HP
Twitter
Facebook

AAVE購入におすすめの取引所はBinanceです!

AAVEの取引量はBinanceが圧倒的No.1です。よって、流動性も高くスムーズに取引することができると思います。

BinanceはCoinMarketCapの海外取引所ランキングでも世界第1位の実力、手数料も安く取扱通貨数が豊富なうえに日本語対応もしているので英語が苦手な方も安心して利用できます。

AAVEは以下の通貨で取引することができます。
USDT・BUSD・BNB・BTC・ETH

Binanceの詳細を見る

AAVE(Aave/アーベ)の保管におすすめのウォレット

AAVEトークンにおすすめのウォレットはマイイーサウォレットです。

2020年8月からプラットフォームAaveとマイイーサウォレットを連携することができるようになりました!これで資産運用も保管も一気にできます!

また、AAVEトークンは保有しているだけでなくステーキングなどの資産運用をして増やすことができるのでぜひ挑戦してみましょう。

AAVEのステーキング・レンディングがおすすめ!

ここからはAAVEのステーキングについて以下の2つの点から解説していきます!

AAVEステーキングとレンディング

  • ステーキング・レンディングの年利
  • AAVEのステーキング方法

ステーキング・レンディングの年利

ステーキング

クールダウン期間 10日
ステーキングAPY 6.77%
最大フラッシュ 30%

(AAVE公式サイトより引用/2021.3.30.)

AAVEトークンのステーキングの年利(APY)は6.77%になります!
この数字は変わることがあるので公式サイトから最新の情報を確認してください。

クールダウン期間とはセーフティーモジュールからステーキングを解除するまでの期間を呼びます!
セーフティーモジュールとは、プラットフォームAaveの資金不足対策としてAAVEトークンのステーキング資金を保険とする機能のことです。

レンディング

通貨 APY
USDT 6.13%
USDC 7.01%
DAI 5.94%
WBTC 0.13%

(AAVE公式サイトより引用/2021.3.30.)

AAVEでは23種類もの通貨をレンディングすることができます!
その他通貨の年利は公式サイトから確認してください。

レンディングではステーブルコインの年利が高いようです!

ステーブルコインとはドルなど安定した通貨(法定通貨)と価格連動したコインです。
銀行の年利が0.001%なのでほとんど紙幣と変わらないものを超高金利で運用できるというわけです!

ステーキング・レンディング方法

まずはAave公式サイトを開きます。
公式アプリ版のサイトは日本語対応なのでわかりやすいかと思います!

右上の矢印部分に接続とあるのでそこからウォレットを接続します。

HP上からステーキングまたは預金(レンディング)を選択して、預ける量をなどの必要事項を記入しましょう。

AAVE(Aave/アーベ)に関するQ&A

AAVEに関するよくあるQ&A

  • 日本では購入できないの?
  • LENDとAAVEは同じトークンってこと?
  • プラットフォームAaveの利用に必要なものは?

日本では購入できないの?

AAVEトークンは日本では購入できません。また、今のところは国内取引所に上場する予定はありません。

よって先ほど紹介したようなBinanceなどのAAVEトークンを取り扱っている海外取引所に登録する必要があります!
Binance以外にはFTXBitfinexなどの海外取引所からも購入できます!

\ AAVE取引量No.1 /

Binanceの詳細を見る

LENDとAAVEは同じトークンってこと?

LENDトークンとAAVEトークンはそれぞれ異なる役割で存在しました。

しかし、Aaveのガバナンス投票の結果でLENDトークンがAAVEトークンに移行することが決定されました。
100LEND=1AAVEになります。

よって、同じというよりはLENDトークンというものがなくなったという認識の方があっているかと思います。

LENDトークンを持っている人はAAVEに交換することでできます!

プラットフォームAaveの利用に必要なものは?

Aaveの利用には証明書類などは必要ありません。

ウォレットを接続しないと利用できないので下画像にあるようなウォレットを用意しましょう!

AAVE(Aave/アーベ)まとめ

AAVEトークンまとめ

  • レンディングプラットフォームAaveのトークン
  • 効率的に資産運用できるAaveは超将来性が高い
  • Aaveに必要不可欠なAAVEトークンも将来性が高い
  • 安定的にステーキングできる優秀なコイン
  • AAVEの取引量No.1はBinance

AAVEトークンの魅力は分かっていただけたでしょうか?
AAVEトークンはプラットフォームAaveに必要不可欠な存在であり、ただのガバナンストークンではありません!

比較的価格が落ち着いてきたら買い時とも言えます!

この機会にぜひ購入を検討してみてください。

\ AAVE購入におすすめ /

Binanceの詳細を見る