「取引所からウォレットに移さないととは思っているけどウォレットのことがよくわからない...」「ウォレットを開設するのはなんだか難しそう」とお考えではないでしょうか?

最近ではコインチェックの事件が起きたことで、これまでウォレットを作成しようとも思っていなかった方でも取引所に資産を置いたままにする危険性を実感したかと思います。取引所を置いて不安を抱えたまま過ごすことなく、安全に自分で資産を管理する仮想通貨ユーザーになることができたらいいですよね。

今回は国内産で人気コインのモナコインに対応したウォレットを目的別に分かりやすく紹介しているので、きっと自分に合ったウォレットが見つかることでしょう。さらに、この記事ではウォレットを持つべき理由をおさらいし、ウォレットを使う上での注意点まで解説しちゃいます!

この記事を読んで大事な資産を自分で安全に管理できる仮想通貨ユーザーになりましょう!

この記事を読んだらわかること!

  • あなたがウォレットを持つべき理由
  • ウォレットの使用目的にあったウォレット
  • ウォレットを使う上での注意点

そもそも仮想通貨のウォレットとは?

仮想通貨においてウォレットとはコインを保管する「財布」でありながら、他のウォレットに送金する機能も持っています。

ウォレットは大きく分けて秘密鍵を完全にオフラインで管理する「コールドウォレット」と利便性に長けている反面ハッキングがある「ホットウォレット」が存在します。

もう少し細かく分別すると、

の6種類に分けることができて、それぞれにメリット・デメリットがあります。詳しく知りたい方は下記リンク先から記事をご覧ください。

 

「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。そんなあなたに朗報です。この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!目次そもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットの種類一覧ウォレット作成のメリットウォレット作成の注意点通貨別のおすすめウォレット【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!まとめそもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。秘密鍵と公開鍵ウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです。秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイント!その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません。そのためウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。(詳細は後ほど)コールドウォレットとホットウォレットウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう。ウォレット比較の時の重要な視点秘密鍵を誰が持っているのかウォレットがネットに繋がっているのかどうか 

 


ウォレットで仮想通貨を保管すべき2つの理由

セキュリティが向上する

取引所はいつハッキングに合ったり倒産してしまうか分からないので、資産を置いたままにすることはとてもリスキーです。特に最近は膨大な額のお金が集まる大手取引所はハッカー達からの狙いの的です。

過去に実際におきた例で代表的なのが2014年におきたマウントゴックス事件です。当時レートで約480億円相当のビットコインが消失してしまい、世間に衝撃を与えました。2018年序盤に起きたCoincheck社のNEM大量流出事件は記憶に新しいのではないでしょうか。

仮想通貨取引所は日々セキュリティ改善に努めていますが、仮想通貨ユーザーとして自分の資産は自分で守ることは必須です。特に秘密鍵を完全にオフラインで管理する「コールドウォレット」で管理すると格段にセキュリティが向上します。

カウンターパーティーリスクを回避できる

カウンターパーティーリスクとは、取引所の信頼に関するありとあらゆるリスクのことを意味します。例えば、取引所に資産を置いておくリスクはハッキングや倒産で資産を失うことだけではありません。取引所の内部犯行によって資産を持ち逃げされたり運営側に問題が合った場合にも資産を失ってしまう可能性があります。

しかし、こんなリスクも自分のウォレットで資産を管理していれば全て回避することができます!

最適のウォレットは人によって違う!

モナコインのウォレットは目的別で選ぶべし

仮想通貨のウォレットは人によって使うべきものが変わります。

今回は

  • 頻繁にモナコインの入出金をする人におすすめのウォレット
  • 多額のモナコインを安全に管理したい人におすすめのウォレット
  • 仮想通貨がよくわからない初心者におすすめのウォレット

の大きく3つに分けてウォレットを紹介するので、この中から自分に最適なウォレットのタイプがどれなのか判断して検討しましょう。

また、「モナコインの入出金もするけど、しっかり保管もしておきたい」という方はハードウェアウォレットとモバイルウォレットを使い分けるなど、リスクヘッジとして資産を分散管理するのもおすすめです。

ウォレットを選ぶ際に重要な4つの基準 

ある程度自分の使うべきウォレットを絞ることができたら、次はこのウォレット選びで大切なこの4つの観点から実際に作成するものを検討していきましょう。

ウォレットを持ち仮想通貨を入金したからには秘密鍵を自分で管理しきらなければなりません。セキュリティが高い分、もし秘密鍵を紛失すると自分のウォレットにアクセスできなくなります。万一その秘密鍵が漏洩すると仮想通貨をごっそり持っていかれる可能性もあります。
ウォレットに関する知識が十分ではないまま秘密鍵を管理するのは大きなリスクになります。
自分のウォレットに関する知識や英語能力などに見合ったウォレットを使うべきでしょう。

ウォレットを選ぶ時、特にウェブウォレット、モバイル・デスクトップウォレットは秘密鍵をオフライン管理しているかかオンラインで管理しているかを必ず確認しましょう。
オンラインで管理しているとどうしてもハッキングのリスクが必ず付きまといます。コインチェックのNEMが流出したのはオフラインで管理がNEMにまだ対応していなかったことが原因でした。秘密鍵管理をオフライン管理しているかそうでないかはウォレット選びで最も重要な観点になります。
また、最近トランザクションの署名に複数の秘密鍵を必要とするセキュリティが強化された「マルチシグ技術」を搭載したウォレットも出現しています。
残念ながら使いやすいウォレットほどこういったセキュリティ面が劣っていく傾向にあるので、自分のリテラシーに合ったこのバランスにも注意しましょう。

特にリテラシーが十分ではない初心者の方はここを1番に重視するべきでしょう。ウォレットのセキュリティの高さと使いやすさ・利便性は相反することが多いです。、ウォレットに仕組みを深く知るまでは直感的な操作で使えるものを選ぶべきです。
また、取引を頻繁に行う場合も利便性・使いやすさは重視して選ぶべきです。
セキュリティを重視するがあまり操作ミスでセルフゴックスしては本末転倒なので、とにかく自分の目的に合ったものを選ぶことが重要です。

基本的にウォレットはダウンロードして無料で利用できるものが多いですが、物理的な物体として販売されているセキュリティの高いハードウェアタイプのウォレットは有料です。
自分の保有資産を安全に管理するのにお金を掛ける価値があるのか、しっかり考えましょう。

頻繁にモナコインの入出金をする人におすすめのウォレット2選

ウォレット選びにおいてセキュリティは重要な観点ですが、頻繁にモナコインの入出金や決済をする方は使いやすさを一番重視して選ぶべきです。

ここでは利便性の高いお手軽なウォレットを紹介します!

頻繁にモナコインの入出金をする人におすすめのウォレット

  • Coinomi Wallet:公式から推奨されているモバイルウォレット
  • Mona Wallet:iPhone・Androidに対応したモバイルウォレット

Coinomi Wallet:公式から推奨されているモバイルウォレット

Coinomi Walletはモナコインプロジェクトのホームページで紹介されている、公式公認のモバイルウォレットです。Androidのみの対応でしたが、最近になってiOSにも対応しました。とても多くのコインに対応しておりその数は70種類以上と、モバイルウォレットの中でも群を抜いて多いです。多くの種類のアルトコインを持つ人にはもってこいのウォレットですね。

日本語にも一部対応していて、使いやすいUI(ユーザーインターフェイス)になっています。これはユーザーからも高評価を受けていて、レビュー平均は3.9/5.0となっています。

Coinomi Walletについては詳しく書かれた記事があるので是非読んでみてください。

目次CoinomiとはCoinomiの仕組みCoinomiは実際どう?コインオタクの見解CoinomiのメリットCoinomiのデメリットCoinomiのおすすめユーザーCoinomiの使い方Coinomiについての気になるQ&ACoinomiまとめ Coinomiとは Coinomi(コイノミ)とは、70種類以上仮想通貨を管理することのできるモバイルウォレットのことです。保管機能を持つウォレットとしての役割だけでなく、シェイプシフト(Shapeshift)とチェンジリー(Changelly)といった両替所と直接つながっており、ウォレット内で仮想通貨を交換することができます。2017年12月現在ではAndroid版しかリリースされていませんが、公式ホームページを見るとios版についてもcoming soonと表記されているのでまもなくリリースされることでしょう。 ではそんなCoinomiを詳しく見ていきましょう。 Coinomiの仕組み Coinomiはモバイルウォレット(mobile wallet)アプリ! Coinomiはモバイルウォレットです!!モバイルウォレットとは、スマートフォンやタブレットで使用できるアプリを通じて秘密鍵を管理するウォレットのことです。モバイルウォレットは、取引所内のウォレットと異なり、自分で秘密鍵を管理できるという点でハッキングリスクが低かったり、ハードウェアウォレットと異なり持ち運びが便利というメリットがあります。逆にスマートフォンやタブレットの電源がなかったら使えないというデメリットもあります。 モバイルウォレットについてコインオタクが詳しく書いた記事は以下になります。 モバイルウォレットを使おう!仮想通貨をスマホで保管する方法を紹介!モバイルウォレットは「出先でスマホから仮想通貨を管理したい!」というあなたの要望に応えてくれる、かゆいところに手が届くウォレットです。今回は、そんなモバイルウォレットの仕組みやオススメアプリを紹介します!続きを読む Coinomiの対応通貨 ・Bitcoin・Bitcoin Cash・Bitcoin Gold・Dash・Dogecoin・Ecoin・Ethereum・Ethereum Classic・Game Credits


種類モバイルウォレット
セキュリティ普通
使いやすさとても使いやすい
価格無料
機能入出金/アドレスの作成/取引履歴の閲覧
対応通貨MONAの他にBTC/BCH/ETHなど全70種以上

Mona Wallet:最近リリースされた高評価のモバイルウォレット

MonaWalletは2018年2月に公開されたばかりの比較的新しいモバイルウォレットです。

ユーザーからのレビュー平均は4.3/5.0ととても高い数字になっています。

日本語に完全に対応しており操作も簡潔で、非常に使いやすいアプリになっています。

種類モバイルウォレット
セキュリティ普通
使いやすさとても使いやすい
価格無料
機能MONAの入出金/履歴の閲覧・アドレスの作成
対応通貨MONA

多額のモナコインを安全に保管したい人におすすめのウォレット2選

次に多額のモナコインを長期保有で、しっかり資産を管理したい向けのセキュリティ重視のウォレットを紹介します。

多額のモナコインを安全に保管したい人向けのウォレット

  • Trezor:最高峰のセキュリティでしっかり資産を守るハードウェア
  • Monacoin Core:マイニングにも向いたmac対応のデスクトップウォレット

Trezor:最高峰セキュリティでしっかり資産を守るハードウェア端末

Trezorはハードウェアウォレットで、秘密鍵をインターネットと完全に切り離したオフライン環境で管理することができます。

価格は12900円と決して安くはありませんが、多額の資産を少しでも安全な環境においておきたい人には購入してもいいでしょう。モナコインはTrezorのみで管理することはできず、Electrum-monaとの連携が必要です。

また、ハードウェアウォレットであるLedger Nano Sよりもボタン・画面が大きく、「ハードウェアウォレットは使いづらそう。。。」と怖気付く必要はあまりなく、意外と分かりやすく使うことができます。

種類ハードウェアウォレット
セキュリティとても高い
使いやすさ使いやすい
価格€89(4月4日現在日本円で11600円くらい)
機能MONA入出金/アドレスの作成/履歴・残高の閲覧
対応通貨BTC系/ETH系/NEM/MONA

Trezorの購入はこちら!

Monacoin Core:マイニングにも向いたmac対応のデスクトップウォレット

Monacoin Coreはモナコインプロジェクト公式によって開発・リリースされたデスクトップウォレットになります。Mac、Windows、Linux全てに対応しています。

公式ウォレットなので信頼度はとても高いです。

特に操作に難しいところがありません。

ただ、少し最初の同期にかかる時間が長く、容量も大きいのでPCには少し余裕を持っておきましょう。

種類デスクトップウォレット
セキュリティ普通
使いやすさ使いやすい
価格無料
機能MONAの入出金/履歴の閲覧・アドレスの作成
対応通貨MONA

仮想通貨がよくわからない初心者におすすめのウォレット2選

仮想通貨に関するリテラシーに自信がない人はとにかく使い方が簡単な、操作ミスすることが限りなく少ないようなウォレットを選びましょう。

初心者の方はセキュリティ面を重視して使いにくめのウォレットを使ってしまうと、操作ミスによるセルフゴックスの原因になりかねません。

仮想通貨がよくわからない初心者におすすめのウォレット

  • bitFlyer:最高峰のセキュリティでしっかり資産を守るハードウェア
  • もにゃ:マイニングにも向いたmac対応のデスクトップウォレット

bitFlyer:国内最大取引所で高セキュリティの取引所ウォレット

bitFlyerは国内取引所の中で取引量・登録ユーザー数・資本金3つで第1位を誇る国内最大手取引所です。

マルチシグ技術を仮想通貨取引所の中で一早く取り入れ、2段階認証を採用し不正ログイン対策をするなどセキュリティ対策は十分に行われています。

しかし、取引所に資産を置いておくのは前述のカウンターパーティーリスクはどうしても付きまといます。リテラシーに自信が付いたら自分のウォレットを作成し完全に自己責任で資産を管理することをオススメします。

種類取引所ウォレット
セキュリティ高い
使いやすさとても使いやすい
価格無料
機能モナコインの入出金/取引所の利用
対応通貨BTC/BCH/LTC/LSK/MONA/ETH/ETC

bitFlyerの登録はこちら!

もにゃ:日本語対応で使いやすいスマホアプリのウォレット

もにゃは直感的な操作が可能なとても使いやすいモバイルウォレットです。(Webブラウザでも利用可能)

Zaif payment、Monappyとの連携が可能で、Zaif paymentを使うとこのウォレットからモナコイン決済ができる店であればそのまま決済をすることができます。日本円・モナコイン建てで請求用のQRコードの発行がスムーズにできるのでいいですね。

種類モバイル・ウェブウォレット
セキュリティ普通
使いやすさとても使いやすい
価格無料
機能MONAの入出金/履歴の閲覧・アドレスの作成
対応通貨MONA、ZNY、BTCなど

<まだ見つからない方へ>対応モナコインのその他ウォレット2選

Electrum Mona

Electrum MonaはTrezorとの連携に必要なデスクトップウォレットで、公式サイトにも紹介されています。また、ブロックチェーンのダウンロードを一部省略し操作性が向上した「ライトウォレット」です。

Monappy

Monappyは決済に特化した使いやすいウォレットで、日本語にも対応していてとても使いやすいアプリになっています。ただ、コインはオンライン上で管理されるので仮想通貨の保管にはあまり向いていません。


Trezorでのウォレット作成方法と使い方

ウォレットの作成方法

モナコインをTrezorで管理するにはElectrum monaをインストールして連携しなければなりません。windows、OSX、Linuxの中から自分に該当するものをダウンロードします。

インストールできたらアプリを開き、誘導に沿って初期設定を始めます。

①"How do you want to connect a server?" ー "Auto connect"を選択 →Next

②任意のウォレット名を入力 例:"mywallet_mona" →Next

③ウォレットの種類を選択 ー "Standart Wallet"を選択 →Next

④ウォレット作成方法を選択 ー ハードウェアウォレットを使うので、写真の通り"Use a hardware device"を選択 →Next

⑤Hardware Keystore ー  Trezorが接続されていることが画面に表示されていることを確認 →Next

⑥Trezorの画面に表示されているPINコードをそのまま入力 →Next

⑦Derivation ー "legacy BIP44"を選択 →Next

これで作成が完了します。

ウォレットへの送金方法

①横バーから「入出金」をクリックし「MONA ご送付」を選択

②送付先、Trezorのアドレスとアドレスがなんなのかを印をつけるため、ラベルを入力します。ラベルを追加する時、2段階認証を行い認証後数量を入力して送付します。

Trezorの購入はこちら!

ウォレットを使う時の注意点

ウォレットを作成し、使い慣れてきた頃に油断でウォレット操作のミスをしてしまいがちです。本当に些細なミスで大切な資産を全て溶かしてしまうケースもあります。

ミスでセルフゴックスしてしまう前にあらかじめありがちなミスはいくつか頭の中に入れておきましょう。

同期・復元での操作ミス

同期・復元中にPCの電源を落としたり、アプリを終了してしまったりすると処理が正確に実行されません。ウォレットのデータに傷を負う可能性があるので同期・復元中は時間がかかっても辛抱強く待ちましょう。

送金先アドレスの間違い

イーサリアムを送るのにビットコインのアドレスに送ってしまったり、ライトコインをリップルのアドレスに送ってしまったりするパターンです。

ビットコインのアドレスは1,3のどちらかから始まる、などコインのアドレスにはそれぞれ少しずつ特徴があるのである程度覚えておきましょう。送金処理を行うときは焦らず正確に行うに気をつけてください。

パスワードを忘れてしまう

長期保有者は特に、ウォレットにかけたパスワードを忘れてしまいがちです。また、もしパスワードをどこかにメモしていても気をかけていないとパスワードをメモした紙は無くしてしまう可能性が高まります。ウォレットのパスワードを忘れると永久にそのウォレットにはアクセスできません。アクセスできないウォレットからは資産を引き出すことができないのでこれには本当に気をつけましょう。

最新版にアップデートしておく

ウォレットを最新版にアップデートをしていないと、ハードフォーク時にもらえるはずのコインが受け取れないことがあります。また、モナコインは投げ銭がありますがアップデートしていないともらったコインが受け取れないこともあります。

ウォレットのアップデートがあるときは必ず行い常に最新バージョンに保っておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

今回はモナコインに対応したウォレットを目的別に紹介してきました。ここでおさらいしておきましょう!

<頻繁にモナコインの入出金をする人におすすめのウォレット>

  • Coinomi Wallet :公式から推奨されているモバイルウォレット
  • Mona Wallet :iPhone・Androidに対応したモバイルウォレット
  • <多額のモナコインを安全に保管したい人におすすめのウォレット>

  • Trezor :最高峰のセキュリティでしっかり資産を守るハードウェア
  • Monacoin Core :マイニングにも向いたmac対応のデスクトップウォレット
  • <仮想通貨がよくわからない初心者におすすめのウォレット>

  • bitFlyer:最高峰のセキュリティでしっかり資産を守るハードウェア
  • もにゃ:マイニングにも向いたmac対応のデスクトップウォレット

自分にあったウォレットで大切な資産は自分で責任を持ち安全に管理しましょう!