「ビットコインを始めるには口座開設が必要らしいけど何をすればいいんだろう」

そんな風に思ってはいませんか?

ビットコインを始めたいと思っても何から始めれば良いのか分かりませんよね。

この記事ではビットコインを始めるための口座・ウォレット開設に必要なものと手順を一から説明します。

この記事を読んであなたもビットコイン投資家の仲間入りを果たしましょう!

ビットコインの口座開設をざっくり説明すると...

  • ビットコインを取引するには、①取引所の口座②ウォレットが必須!
  • どちらかでも悪いものを選んでしまうと、大損失を被る可能性も。
  • 口座もウォレットも、兼用でおすすめできるのがbitFlyer(ビットフライヤー)!
bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内最大級の取引所です。

ビットコインの取引量国内No.1の実績を持ち、超がつくほどの人気があります。

取引所選びで迷っている方は、bitFlyer(ビットフライヤー)を使えばまず間違いないでしょう。

ビットコイン買うなら

口座開設の流れとおすすめ取引所

ビットコインの口座開設とは

ビットコインの口座とは

ビットコインを始めるには取引所の口座が必要!

取引所でビットコインを売買できる

ビットコインを日本円で購入するには、銀行や証券会社などの口座ではなく、暗号資産(仮想通貨)取引専用の暗号資産(仮想通貨)取引所の口座が必要になります。

口座を開設すると、ビットコインの売買や他の暗号資産(仮想通貨)取引所にお金を送金したり、反対に受金することができるようになります。

また、取引所によってはレバレッジ取引にも対応している取引所もあります。

暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設は難しくないので一度口座開設してみましょう!

今すぐおすすめを紹介!

レバレッジ取引って何?という方はこちらの記事をご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

取引所と販売所の違い

販売所と取引所の違いの説明

暗号資産(仮想通貨)のやりとりをする場所を総じて暗号資産(仮想通貨)取引所と呼んでいますが、取引相手によって2種類に分類することができます。

販売所では販売所の運営会社と取引します

ですので、お店のように提示された金額でビットコインを購入したり売却することができます。

提示されている金額が入金されていれば本当に簡単に購入することができるので初心者の方にはおすすめの購入方法です。

しかし、販売所ではスプレッドという実質的な手数料が取引所よりも高くつきます。

取引所ではユーザー同士で取引をします

しかし、注文方法がいくつかあったり、ビットコインを買う値段や売る値段などを全て自分で決める必要があるため初めてビットコインを買う方にはハードルの高い方法です。

販売所に比べて取引所の方が手数料が安いため、資金をできるだけ節約したい方は取引所を利用してみてもいいかもしれません。

取引所と販売所の違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

暗号資産(仮想通貨)の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。

ウォレットとは

ウォレットは暗号資産(仮想通貨)の財布

ウォレットとは暗号資産(仮想通貨)を保管しておくための財布です!

ウォレットには大きく2種類あり、ネットに接続しているホットウォレットネットに接続していないコールドウォレットに分けられます。

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所では安全性の問題から、ユーザーの暗号資産(仮想通貨)の多くをコールドウォレットで管理しています。

取引所に口座を開設すれば自動的にウォレットが使えるようになるので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。
口座開設の流れとおすすめ取引所

取引所口座開設の基本的な流れ

取引所口座開設の基本的な流れ

口座開設の前に準備するもの

口座開設の前に準備するものは

  • パソコンまたはスマートフォン
  • 本人確認書類

の2点です。

登録の作業をするために、パソコン、スマホやタブレットを用意しましょう。

国内暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設する際には、本人確認書類の提出が必ず必要になります。

どの取引所でも、基本的に運転免許証もしくはパスポートがあれば本人確認をすることができます。

口座開設の基本的な手順

基本的な流れ

  • STEP1:メールアドレスの登録
  • STEP2:個人情報の入力
  • STEP3:本人確認書類の提出
  • STEP4:本人宛郵便の受取
  • STEP5:ログイン情報の入力

1.まずは、メールアドレスの登録をします。

2.メールアドレスの登録が完了すると、住所や名前、生年月日などの個人情報や金融資産や投資経験などの基本情報を記入します。

3.本人確認確認書類はこのタイミングで画像で送付することができます。

4.次に、本人宛郵便の受取を行います。この郵便にはこれから使うログイン情報などが書かれています。

5.最後に、郵便に記載されていたログイン情報をログインページで入力します。

これが、暗号資産(仮想通貨)取引所の基本的な取引の流れです。

口座開設の流れとおすすめ取引所

初心者におすすめの仮想通貨取引所!

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング

暗号資産(仮想通貨)取引所選びのポイント

運営会社の信頼性と取引のしやすさが重要

暗号資産(仮想通貨)取引所選びのポイント!

  • 一番大事なのは安全性!
  • 初めてでも簡単に取引できる使いやすさ!

初心者がビットコインを購入する上での、取引所選びのポイントは、①安全性②使いやすさの2つ!

前者は、運営会社の大きさや、実績が影響してきます。

後者は、コインパートナー編集部が実際に使ってみて判断しました。

ここで紹介する3社から選べば、まずは間違い無いでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー )

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量国内No.1の実績を持つ取引所です。

ビットコインの取引手数料が無料なので、とても取引がしやすい環境だと言えます。

さらに、ビットコインのレバレッジ取引ができるので、元手が少ない方でも大きな資金での取引が可能です。

ビットコインを取引するなら、bitFlyerへの登録は欠かせません!

ビットコイン取引量国内No.1

bitFlyerの公式サイトへ

bitflyer(ビットフライヤー)とは2014年1月に設立された日本初の暗号資産(仮想通貨)取引所です!この記事では、bitflyerの評判やメリット・デメリットについて分かりやすく紹介します!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、超大手企業のDMM.comが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です!

大手企業ならではの手厚いサポートと強固なセキュリティが人気を集めています。

一攫千金のチャンスが大きいレバレッジ取引も非常に人気です。

また、入金手数料・出金手数料・取引手数料が全て無料なため、かなりお得に利用することができます!

一攫千金狙うなら!

DMM Bitcoinの公式サイトへ

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!

Coincheck(コインチェック)

コインチェックのバナー

Coincheck(コインチェック)は、国内最大級の取引所です!

東証一部上場のマネックスグループによって運営されており、安全性・信頼性がかなり高いです

Coincheckのスマホアプリはとても使いやすいと評判で、なんと230万ダウンロード突破で日本一に輝いています。

取り扱い通貨は全部で12種類あり、国内最多となっています!

①安全性・②使いやすさは共に最高峰の取引所と言えるでしょう。

使いやすさNo.1

Coincheck(コインチェック)の公式サイトへ

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
取引所ごとの口座開設方法

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法

bitFlyer(ビットフライヤー )

bitFlyerの口座開設6STEP

  • メールアドレス・パスワードの登録
  • 二段階認証の設定
  • 本人情報の登録
  • 取引目的の確認
  • 本人確認書類の提出
  • ハガキを受け取って口座開設完了

まずは公式サイトへアクセス

まずはビットフライヤー公式サイトへアクセスしましょう。

登録自体は5分程度でできるので簡単です!

bitFlyer公式サイトへ

メールアドレス・パスワードの登録

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

1.公式サイト右上の「新規登録」をタップします。

2.メールアドレスを入力します。

このアドレスにメールが送られてくるので、添付されているリンクを開きましょう。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

3.次にパスワードを設定します。
セキュリティの観点から、できるだけパスワードは使い回さないことをおすすめします。

4.同意事項をよく読んでチェックを入れます。

 

STEP2:二段階認証の設定

二段階認証は、簡単に設定することができる強力なセキュリティ対策です。

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

やり方は、SMS認証と専用のアプリを使う認証方法の二つから選ぶことができます。
(上の画像ではSMS認証を選んでいます。)

どちらも5分程度で設定することができます!

 

専用のアプリを使うやり方はこちらの記事で解説しています↓

「暗号資産(仮想通貨)の取引所での2段階認証」なんとなく難しそうですよね?そもそも2段階認証が何かを知らない人もいるんじゃないでしょうか?今回はそんな人のために、2段階認証とはなんなのか、楽な設定の仕方などを東大生がいちばん簡単に紹介します!

 

本人情報の登録

bitFlyer(ビットフライヤー) 本人確認

住所や電話番号など、本人情報を入力してきます。

 

取引目的の確認

bitFlyer(ビットフライヤー) 取引目的の確認

1.この項目では、あなたの職業・資産・取引の目的、などを回答していきます。

この情報は、あなたが本当に暗号資産取引をしても大丈夫かどうかを判断するために使われています。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 内部者確認

2.あなたが内部者かどうかを入力します。

内部者とは、bitFlyerが取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の発行者やその関係者かどうか、という意味です。

大半の方は当てはまらないと思いますので「該当しません」を選択しましょう。

 

本人確認書類の提出

bitFlyer(ビットフライヤー) 本人確認

1.bitFlyerでは「クイック本人確認」と「対面での本人確認」の2つの方法で本人確認を行います。

 

クイック本人確認

ご自身の顔と本人確認書類をスマホで撮影して、それをbitFlyerに送ることで本人確認をするのが、このクイック本人確認です!

本人確認書類として使えるのは、運転免許証・在留カード・マイナンバーカードの3つです。

それに加え、ご自身の顔写真と動画を撮影します。

 

先ほど登録した本人情報と本人確認書類の内容が一致していれば大丈夫です。

早ければ申し込み当日中に本人確認審査が完了します!

bitFlyer(ビットフライヤー) クイック本人確認

 

対面での本人確認

bitFlyer(ビットフライヤー) 対面での本人確認

この方法はその名の通り、対面で本人確認をするというやり方です。

 

申し込むと佐川急便の配達員が後日自宅にやってきます。

その際にあらかじめ指定した本人確認書類を配達員に確認してもらいます。

運転免許証・パスポート・マイナンバーカードの中から一つ用意しましょう。

配達員がやってくるのは申し込みから1〜2日後になります。

 

あとははがきの郵送を待つだけ!!

ビットフライヤー登録完了のはがき

後日、登録した住所に確認はがきが郵送されてきます。

本人確認を終えてからだいたい数日後です。

ハガキが届いたら口座開設は完了です!

 

ビットコイン取引量国内No.1

bitFlyerの口座開設はこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)に登録したい、でも口座開設って難しそうでできないあなた。いつ新規アカウント作成は再開するのか気になるあなた。ビットフライヤーの登録で悩みを抱えるみなさんのもやもやを解消します!
取引所ごとの口座開設方法

DMM Bitcoinの口座開設方法

DMMBitcoinのキャンペーンバナー

DMM Bitcoinの口座開設6STEP

  • メールアドレスの登録
  • パスワードを設定
  • 基本項目の確認と個人情報の入力
  • 本人確認書類を提出
  • 携帯電話番号の認証
  • ハガキを受け取って口座開設完了

メールアドレスの登録

まずは、DMM Bitcoinの公式サイトにアクセスします。↓

公式サイトで、画面一番下の「口座開設(無料)はこちら」というボタンがあるのでクリックしてください。

すると、上のような画面になります。↑

まずは、メールアドレスを入力します。

入力するメールアドレス自体はフリーでも問題ないので、Googleで新規のメールアドレスを作成して登録することも可能です。

認証をクリックして「同意して登録する」をクリックしてください。

そうすると登録したメールアドレスにDMM Bitcoinからメールが届きます。

パスワードを設定

DMM Bitcoinから届いたメールに付いているURLをクリックすると上のような画像になります。

ここでパスワードの設定をします。

これで仮口座登録が完了となるので、マイページにログインして次に進みます。

基本項目の確認と個人情報の入力

ここからは本口座開設になります。

まずは、上の画像のようになりますので、各項目を確認してチェックを入れてください。

次に個人情報の入力を行います。

入力が終わると、確認をしてから次に進みます。

本人確認書類を提出

本人確認書類の提出を行います。

本人確認書類として使えるものは以下のものになります。

本人確認書類として使えるもの

  • 【顔写真付き 1つ提出】免許証・パスポート・住人台帳基本カード・在留カード
  • 【顔写真なし 2つ提出】各種保険証・住民票の写し・年金手帳・印鑑登録証明書・その他官公庁から発行又は発給された書類

携帯電話番号の認証

最後に電話番号認証を行います。

「コードを発行する」をクリックすると、登録した電話番号に認証コードが届きます。

そのコードを入力して「認証する」を行えば、本登録は完了です!

ハガキを受け取って口座開設完了!

審査が通ると、数日後にDMM Bitcoinから郵便物が届きます。

これを受け取り、記載されている6桁の数字をマイページから入力すると、登録は完了です。

いつでも取引を行うことができます!

DMM Bitcoinの公式サイトへ

一攫千金狙うなら!

より詳しい口座開設方法はこちらの記事を参考にしてみてください。↓

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の暗号資産(仮想通貨)取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。
取引所ごとの口座開設方法

Coincheck (コインチェック)の口座開設方法

コインチェックのバナー

Coincheckの口座開設4STEP

  • メールアドレスの登録
  • SMS認証
  • 本人確認書類の提出
  • ハガキの受け取り

メールアドレスの登録

Coincheck登録

まずは、Coincheck(コインチェック)の公式サイトにアクセスします。↓

公式サイトへ移動したら、右上の「新規登録」から取引アカウントをクリックします!

Coincheck登録

メールアドレスとパスワードを入力します。

コインチェックからメールが届くので、メールに記載してあるURLからアクセスします。

SMS認証

Coincheck登録

携帯電話番号を登録します。

「本人確認書類を提出する」をクリックします!

Concheck登録

「SMSを送信する」をクリックします。

Coincheck登録

SMSに届く6桁の認証番号を入力します!

本人確認書類の提出

Coincheck登録

「本人確認書類を提出」をクリックします。

利用規約やプライバシーポリシーなど、すべてにチェックを入れます。

「各種重要事項に同意し、承諾してサービスを利用する」をクリックします。

Coincheck登録

個人情報を入力します。

氏名や性別などの個人情報を指示通りに入力します。

それが終わったら、本人確認書類をアップロードしましょう。

「ファイルを選択する」というところから、本人確認書類とIDセルフィー(確認書類の顔写真)をアップロードします。

ハガキの受け取り

ハガキは直接受け取る必要がある

2〜3日以内にコインチェックからハガキが届きます!

必ず直接受け取る必要があるので、気をつけましょう。

ハガキを受け取り、情報を入力すれば登録は完了です!

Coincheck公式サイトはこちら

Coincheckの詳しい登録方法についてこちら!

Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるよう、セキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の登録方法や日本円の入金方法なども解説しています。
取引所ごとの口座開設方法

ビットコインの口座開設に関するQ&A

未成年でも取引所口座は開設できますか?

できない取引所がほとんどです。

しかし、無料で暗号資産(仮想通貨)をもらえるアプリや海外取引所なら利用できます。

未成年の口座開設について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

暗号資産(仮想通貨)は未成年でも取引できます!暗号資産(仮想通貨)を未成年のうちから始めることはとても経済などの勉強になります。暗号資産(仮想通貨)を未成年が始めるには少し注意しなければいけないこともあります。この記事では、注意点や暗号資産(仮想通貨)の始め方など詳しく解説します。

口座数に制限はありますか?

ありません!

様々な取引所に口座を作っておくことで、資金を分散させてリスク回避をより確実にすることができます。

多くのトレーダーが複数の取引所を使い分けています。

取引所の複数利用はコインパートナーとしてもおすすめ

複数の取引所に登録するメリット・デメリットをまとめた記事はこちら!↓

まだ一つの取引所しか登録していないのですか?暗号資産(仮想通貨)投資をするなら絶対に複数の取引所に登録しておくべきです。この記事では複数の取引所に登録することのメリット・デメリットだけでなく、注意点やおすすめの取引所の組み合わせまで解説します!

口座が凍結させられる場合はどんなときですか?

凍結してしまう理由

凍結する一番ありうる要因は、ホットウォレットで顧客の暗号資産(仮想通貨)を保管していた運営会社がネット攻撃を受けた時です。

次に考えられるのは、ユーザー本人が限度額を超えた入出金をするなど契約違反を犯した時です。

ネット上なので、動作不良などもあるかと思いますが、大きく分けると凍結の原因はこの2点に絞られるかと思います。

まとめ

ビットコインの口座開設まとめ

ビットコインの口座開設 まとめ

  • ビットコインの口座開設は簡単
  • 初心者には暗号資産(仮想通貨)販売所を利用してみよう
  • おすすめの暗号資産(仮想通貨)販売所はbitFlyer(ビットフライヤー)

今回の記事では、ビットコイン投資を始めるための口座開設方法について解説してきました。

まずは、口座を開設して少額からでも取引してみることで、暗号資産(仮想通貨)の知識はたくさんついてきます。

ぜひ、一度ビットコインを購入してみてください!

おすすめの取引所No.1

暗号資産(仮想通貨)の始め方を初心者向けに解説します!この記事では初心者が必要な知識を紹介するだけでなく中級者になるために必要な考え方まで説明します!