ビットフライヤーでのリップル(XRP)の購入・取引方法がよく分からない。。。

そう悩んでいるのではないですか?

確かに、使い始めたばかりだと慣れないところもあるかと思います。

そこで今回は、ビットフライヤーでリップル(XRP)を取引するやり方や手数料、取引するメリットや注意点をまとめました!

これを読めば、もうビットフライヤーでリップル(XRP)を取引するのに困ることはないはずです。

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー(bitFlyer)は、国内トップクラスの取引量を誇る仮想通貨取引所です。

ビットコインの取引量では国内No.1の実績があります。

もちろんリップル(XRP)も取引することができます!

まだ登録していない方は公式サイトで無料アカウントを作ってみましょう!

最短5分で登録

ビットフライヤー公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
 

ビットフライヤーでリップル(XRP)を取引する方法

ビットフライヤー(bitFlyer)に口座を開設する

bitFlyer(ビットフライヤー)

まずはビットフライヤー(bitFlyer)に口座を作りましょう!

アカウント作成だけなら最短5分で完了します。

ビットフライヤーの登録はこちら

こちらの記事にビットフライヤーの登録方法のやり方をまとめています。

ビットフライヤー(bitFlyer)に登録したい、でも口座開設って難しそうでできないあなた。いつ新規アカウント作成は再開するのか気になるあなた。ビットフライヤーの登録で悩みを抱えるみなさんのもやもやを解消します!
 

日本円を入金する

ビットフライヤーの入金方法を説明

銀行振込

まずはメニュー画面から日本円入金の操作を行います。

銀行振込を選択すると、振込先として三井住友銀行住信SBI銀行の二つが表示されるので、どちらか一つを選択します。

すると、振込先口座の情報が表示されるので、そこに日本円を振り込めば完了です。

クイック入金

クイック入金は、24時間365日入金ができるやり方のことです。

ビットフライヤーでは、「インターネットバンキング入金」「コンビニ入金」「銀行ATM入金」の3つから選択できます。

ちなみに住信SBIネット銀行から振り込むと手数料が無料になるので、まだ登録していない方はこの際に使ってみてください!

住信SBIネット銀行の詳細を見る

入金方法の詳細を知りたい方はこちら!

日本一の仮想通貨取引所ビットフライヤーでの入金法を教えます!仮想通貨の取引を始めるには入金が不可欠!やり方はもちろん、どの入金法をどういう時に利用すべきかがわかります。最も安い方法でお得に取引をしましょう!!
 

住信SBIネット銀行の詳細はこちら!

仮想通貨取引所への入金にお金をあまりかけたくないとお思いですか?あなたが普段利用している銀行ですと入金手数料がかかってしまうでしょう。そこで今回は入金手数料が無料になる住信SBIネット銀行の特徴やメリットを全て解説していきます。
 

リップルを購入・売却する

では実際にリップル(XRP)を取引していきましょう!

取引手順は次の3STEPです!

bitFlyer 販売所取引画面

  1. アルトコイン販売所でリップル(XRP)を選択する。
  2. 数量を選択する。
  3. 買いor売りを選択して注文完了。

これだけです!

リップル(XRP)は販売所での取引になるので、操作がとても簡単です!

もし、リップル(XRP)を取引したいと考えているなら、ビットフライヤーはまず登録しておくべき取引所と言えるでしょう。

国内トップクラスの取引所

ビットフライヤーに登録する

ビットフライヤーの使い方が分からない。ビットコインや他の仮想通貨を買ってみたいけど難しそうという方に向けて、ここでは1から順番に丁寧に説明して行くので仮想通貨初心者は必見です!
 

ビットフライヤーでかかる手数料

入金手数料

銀行振込は、利用した銀行が指定する手数料がかかります。

クイック入金の場合は住信SBIネット銀行を使うと手数料が無料になります!

それ以外の銀行を使うと330円/件がかかってしまいます。

出金手数料

出金手数料は、三井住友銀行からするのかどうかと、出金額が3万円を超えるのかどうかで、それぞれ変化します。

手数料をできるだけ抑えたい方は三井住友銀行の口座を作っておくのが良いかもしれませんね。

  3万円未満の出金 3万円以上の出金
三井住友銀行の場合 220円 440円
三井住友銀行以外の場合 550円 770円

 

取引手数料

リップル(XRP)の取引手数料は無料です!

ただし、販売所での取り扱いなのでスプレッドがあることに注意しましょう。

スプレッドとは、売値と買値の差額のことです。

相場が荒れている時は、スプレッドが広がりやすく損をしやすくなっています。

仮想通貨のスプレッドとは、買値と売値の差のことです。この差が広ければ、広いほど取引で損をすることになります! スプレッドは仮想通貨販売所で大きく発生する傾向にあります。スプレッドの狭いお得な取引所を紹介します!
 

送金手数料

リップル(XRP)の送金手数料は無料です!

他のコインは手数料がかかるものばかりなので、これは嬉しいですね。

手数料がかからないので、気軽に自分のウォレットや他の取引所に送ることができます!

 

こちらの記事でビットフライヤーの手数料をまとめています。

ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料は他の取引所に比べて高いのかな?と疑問に思っていませんか。ビットフライヤーの手数料の解説はもちろん、仮想通貨取引所5社と手数料を比較し最もお得な取引方法を徹底的にまとめました!
 

ビットフライヤーでリップル(XRP)を取引するメリット

ビットフライヤーで取引する
3つのメリット

  1. 販売所形式だから取引が簡単
  2. 運営会社の信頼性が高い
  3. 国内初の補償制度がある

販売所形式だから取引が簡単

リップル(XRP)は販売所での取り扱いとなっています。

販売所とは、運営会社のビットフライヤー(bitFlyer)と取引する場所です。

スーパーマーケットのようにあらかじめコインの価格が決まっているため、難しい操作が必要ありません!

あまり取引に慣れていない初心者の方にとっては非常に嬉しいですね。

運営会社の信頼性が高い

ビットフライヤー(bitFlyer)の信頼性が高いと言われている理由は株主の企業にあります。

株主にはなんと、三井住友銀行グループ・リクルート・第一生命・みずほキャピタル、などの超大手企業がずらりと名を連ねています。

ですので、ビットフライヤー(bitFlyer)は国内取引所の中でもトップクラスの信頼性があると言えます!

国内初の補償制度がある

ビットフライヤー(bitFlyer)には、国内初の補償制度があります。

万が一、私たちがビットフライヤーに預けている日本円が不正に出金された場合、最大で500万円まで補償してくれます!

詳細はこちら

二段階認証を設定しているユーザーは全て対象となるので、これはかなりありがたいですね。

「仮想通貨の取引所での2段階認証」なんとなく難しそうですよね?そもそも2段階認証が何かを知らない人もいるんじゃないでしょうか?今回はそんな人のために、2段階認証とはなんなのか、楽な設定の仕方などを東大生がいちばん簡単に紹介します!
 

国内トップクラスの取引所

ビットフライヤーに登録する

ビットフライヤーでリップル(XRP)を取引する際の注意点

ビットフライヤーを使う際の
3つの注意点

  1. スプレッドがやや広い
  2. 日本円でしかリップル(XRP)を購入できない
  3. リップル(XRP)のレバレッジ取引ができない

スプレッドがやや広い

ビットフライヤー(bitFlyer)のスプレッドはやや広いです。

公式サイトには0.1〜6.0%と記載されていますが、実際は3〜5%あたりを推移していることが多いように思います。

相場が荒れている時などは特に広がる可能性が高いので注意してください。

国内随一の規模を誇るbitFlyer。使いやすさに加えてお得に取引できたら言うことなしですよね。そこで、スプレッドを比較することで果たして本当にbitFlyerでの取引はリーズナブルのかを検証してみました!
 

日本円でしかリップル(XRP)を購入できない

ビットフライヤー(bitFlyer)では、日本円でしかリップル(XRP)を購入できません。

他の取引所ではビットコインでリップル(XRP)を買えるところもあります。

ビットコイン建てに対応していれば、日本円の残高がほとんどない状態でもBTCで購入できるので、急に価格が上がった時でも瞬時に対応できるというわけです。

ですので、日本円でしか買えないというのは、機会損失が出る可能性が高いということを意味しています。

リップル(XRP)のレバレッジ取引ができない

ビットフライヤー(bitFlyer)でレバレッジ取引ができるのは、ビットコイン(BTC)のみです。

リップル(XRP)はレバレッジ取引に対応していません。

ですので、利益重視の方にとってはビットフライヤーは合っていないかもしれませんね。

こちらの記事ではリップル(XRP)でレバレッジ取引ができる取引所も紹介しているので、参考にしてみてください!

【2020年最新】リップル(XRP)の取引所ってどこがいいの?って思っても取引所は沢山ありすぎて選べないですよね。そこでコインオタクがリップルを安く購入できるおすすめの取引所を厳選してランキング形式で紹介します。
 

ビットフライヤーのリップル まとめ

最後まで読み終えたあなたは、もうビットフライヤーでリップル(XRP)を購入する際に困ることはないはずです。

ビットフライヤー(bitFlyer)は国内でも非常に人気の高い取引所です。

リップルはもちろん、他のコインを取引するときでもぜひ利用してみてください!

国内トップクラスの取引所

ビットフライヤーで
XRPを購入する

bitflyer(ビットフライヤー)とは2014年1月に設立された日本初の仮想通貨取引所です!この記事では、bitflyerの評判やメリット・デメリットについて分かりやすく紹介します!