ビットコイン価格は2020年の第二四半期では、史上3番目を記録した。

第一四半期は新型コロナウイルスの影響で低下していたが、今後は上昇の見込みがあるだろう。

ビットコインの今後は?

仮想通貨分析会社Skewは、2020年の第二四半期のビットコイン価格は史上3番目を記録したことを報告している。

「今回の第二四半期のビットコインは、今までの四半期ごとのランキングではベスト3を記録している。」

またこのツイートのグラフでは、今年は新型コロナウイルスなどの懸念もあり、ビットコインが潜在的に弱気のパターンを引き起こす可能性があるという継続的な懐疑論が広がっていたにもかかわらず、第1四半期の6,420ドル(約69.1万円)の価格は、過去の第一四半期の中では、2018年以来の2番目に高い数値を記録している。

そして第二四半期での収益は約42%増加している。

このグラフは、前年度などからもわかるように第3四半期は通常ビットコインにとって最も困難な時期あることを示している。

また2017年と2018年にも、ビットコインは第3四半期に21.50%から40.14%の範囲で損失を記録している。

2020年の第1四半期は、新型コロナウイルスなどの影響により、ビットコインが最初の3か月間で苦戦していたため、達成された損失が10%を超えていることは想定内だと考えるべきだろう。  

このことからは、今年の第四四半期には価格が上昇する等考えもできるだろう。

現在は、多くの投資家がビットコインを貯蓄していることから今後価格が急騰するタイミングは訪れると推測することができる。

引き続き今後のビットコイン価格上昇には期待していきたい。

\無料アプリを使って/

暗号資産(仮想通貨)のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!