米最大手銀行であるJPモルガンがCoinbaseとGeminiに銀行サービスを提供することになったとウォールストリート・ジャーナルが報じた。

同社のCEOであるJamie Dimon氏は以前から暗号資産(仮想通貨)を否定していただけに、このサービス提供は暗号資産(仮想通貨)にとって大きな前進となりそうだ。

JPモルガンが仮想通貨業者にサービスを提供へ

米最大手銀行であるJPモルガンがCoinbaseとGeminiに銀行サービスを提供することになったとウォールストリート・ジャーナル社が報じた。

CoinbaseとGeminiの口座は4月に承認され、JPモルガンが取引する初めての大手暗号資産(仮想通貨)業者となる。

今回、JPモルガンはACH(自動決済機関)での引き出しと送金のサービスを提供することで、取引所の顧客がCoinbaseとGeminiとの間で出金、電信送金、入金の完了を可能にした

この同社のサービスの提供は、ビットコインのネットワークが広がる重要な架け橋になる可能性がある。

というのも、ビットコインのネットワークが大量に普及するためには、顧客が銀行口座を暗号資産(仮想通貨)取引所にリンクさせ、スムーズで迅速な送金を可能にすることが必須であるからだ。

そのため、主要な金融機関の参加がなければ暗号資産(仮想通貨)の市場範囲は限られたままになってしまう。

そういった意味で、暗号資産(仮想通貨)に批判的だったJamie Dimon氏率いるJPモルガンの審査を通過した両社の功績は大きい。

この取引が暗号資産(仮想通貨)市場拡大の大きな前進になるのか、今後の取引拡大に期待したい。

\無料アプリを使って/

暗号資産(仮想通貨)のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!