仮想通貨リップルにネガティブ材料、著名アナリスト続々と明言

仮想通貨リップルの最近の価格変動はネガティブな要素を含む部分が非常に大きく、今後の価格上昇には期待できないという意見が著名アナリスト及びトレーダーの間で飛び交っている。

2月初旬のビットコイン急騰に伴い、リップルも1月以前までの価格低迷から抜け出したという考え方が、先日まではリップル保有者の間で主流となっていた。

しかし、著名アナリストたちの分析によると、『リップルが0.35ドルにまで達するまでに大きな抵抗があり、ここ最近価格が伸び悩んでいるビットコイン市場の状況と相まって、リップルの価格上昇にあまり期待できない』との見方が存在しているとのことだ。

著名アナリストは「今後、短期的には『リップル価格大幅下落』も考えられる」と言い、 市場には不安感が高まる。

著名ベテラントレーダーで投資家たちから高く評価されているピーター・ブラント氏は、リップルに関する自身の見解を述べた。

「仮想通貨価格は全体的に、現在非常に弱気な形で推移している。特にビットコインの影響を大きく受けるリップルは著しく弱気なトレンドを形成しており、短期的には0.20ドルにまで下落する可能性が大いにある。これは私自身の単なる予想ではなく、分析だ。投資家はリップル下落に備えるべきである。」

また、こちらも著名仮想通貨アナリスト兼トレーダーであるCold Blooded Shiller氏も、リップル価格上昇の間に存する抵抗が強まりつつあることと週ごとの最低値を指摘した。

「リップルの週ごとの最低値を考慮した場合、今後の価格上昇について期待できる要素は少ない。今後も抵抗が強まり続けるのならば、我々投資家はリップルによる損失を覚悟しなければならないだろう。」

リップルの価格変動はビットコインの価格変動に大きく依存する可能性がある。

これ以上ビットコインが下落すると、リップルの弱気相場が確実なものとなってしまう。

また、リップルに関しては、ファンダメンタルズ的にはポジティブな材料が多く出揃っているために、現状の価格低迷から早く抜け出してほしいものだ。

リップル市場およびビットコイン市場から今後も一瞬たりとも目を離すことができない。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!