仮想通貨の法整備についてアメリカ大統領候補が言及

アメリカ大統領候補のマイケル・ブルームバーグ氏が、仮想通貨に関する法整備の必要性とその具体的な改革計画を発表した。

ブルームバーグ氏は、現在のアメリカ政府が仮想通貨に関する法整備を一向に進めず、未だにアメリカ国内で仮想通貨に関する規制が不透明な点を危惧しており、この現状を打破することを狙いとしている。

同氏は、「世界的な金融競争が将来的に激化していくことが予想される中で、仮想通貨システムの明確化や消費者保護は欠かせない。」としており、規制当局と協力して仮想通貨の明確な法整備を推進することを誓約した。

仮想通貨業界からの注目を集めるブルームバーグ氏は、以下のように述べた。

「仮想通貨は数千億ドルの資産クラスになったが、規制は不透明なままであり、その点ではまだまだ発展途上だ。また、ブロックチェーン、ビットコイン、ICOなどすべての領域において、誇大広告、詐欺、犯罪行為もたくさん存在している。いち早い法整備が必要不可欠だ。」

具体的には、同氏の提案内容によると、『仮想通貨についての監督責任を明確にするとともに、ICOの法的枠組みを提供する。また、仮想通貨関連の詐欺や犯罪行為から消費者を保護し、仮想通貨投資への課税制度の明確化にし、仮想通貨を保有する機関資本の定義化を目指す。』としている。

ブルームバーグ氏は現在、アメリカ大統領候補者の中で最も仮想通貨法制に注力している候補者と言って良いだろう。

彼がアメリカ国内での仮想通貨発展におけるキーマンのひとりであることは確実だ。

今後もアメリカの動向を見守っていきたい。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!