仮想通貨分野で繰り広げられる、熾烈な中国vsアメリカの争い

米メディアbitcoinstによると、仮想通貨取引プラットフォームの研究責任者であるギャリック・ヒルマン氏が、「現在、中国が仮想通貨・ブロックチェーン業界においては世界的に一歩リードしており、アメリカはこの分野において中国に敗北を喫する恐れがある。」と公言したことが明らかになった

仮想通貨に対して積極姿勢の中国、消極姿勢のアメリカ

今年10月下旬に、習近平国家主席によってブロックチェーン技術の本格導入が発表された。その後、それまでビットコインなどの仮想通貨に対して貫いてきた否定的な姿勢から打って変わり、仮想通貨に対して肯定的な姿勢を見せ始めた。

「暗号法」と称される、仮想通貨に関する法的枠組みを直ちに策定するなど、中国はその道の世界的リーダーとしての地位を確固たるものにしつつある。

それとは対照的にアメリカは、仮想通貨Libraに対して否定的な態度をあからさまにするなど、ブロックチェーン・仮想通貨の検討や導入に大きな後れをとっている。

仮想通貨領域における、現状の中国vsアメリカの争いについての著名専門家たちの考察は?

ギャリック・ヒルマン氏はこの現状に対して、以下のように述べた。

「中国がブロックチェーン・仮想通貨に対して積極的な姿勢を見せているという事実は、中国にとってだけでなく、より広い世界にとっても非常に重要な進展だ。各国は、(ブロックチェーン・仮想通貨に関する分野以外でも)人工知能やロボット工学などの分野で戦略的技術を特定し、持続可能な競争上の優位性を開発するために競争している。習近平国家主席の積極的な姿勢は、これらの幅広いテクノロジー分野においてもとてもプラスになる。」

実際、中国によるブロックチェーン技術本格導入発表後、韓国、フランス、スウェーデン、リトアニア、EUなど多くの国々がCBCD(中央銀行発行のデジタル通貨)発行の意向を示しており、『グローバルに仮想通貨やブロックチェーン技術の拡大が進んでいる』ということが読み取れる

調査会社であるGartner社の専門家も、「ブロックチェーンテクノロジーが完全にスケーラブルになり、今後10年間最適化された場合、その分野を先導しているのは中国だろう。」と発言している。

CNBCの最近の報道によると、アメリカがブロックチェーン・仮想通貨などの新興テクノロジー分野でも、競争力を維持するためには、法規制の明確化が1番に求められているという。

これまでグローバルに圧倒的な地位を築いてきたアメリカは、ブロックチェーン・仮想通貨領域でもその地位を維持できるのか。

すべてはアメリカの法規制にかかっているのかもしれない。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!