リップル開発者への手厚いサポート開始!

リップル(Ripple)の投資部門及びイノベーション部門の子会社であるXpringは、仮想通貨XRPのさらなる拡大を図るべく、開発者をサポートするためのプラットフォームを公開した。

今回公開された新たなプラットフォームは、およそ1年前に公開された開発者向けのプラットフォームをアップデートした形のものだ。

このプラットフォームを通じて、開発者たちは『ウォレット、新しいツール、技術文書』などのあらゆるサービスを受けることが可能となる。

現在、世界中にはリップル関連の開発者は約2300万人いるとされており、彼らがひとつのプラットフォームで様々なサポートを受けられることは、作業効率化や最新の情報を入手することにおいて非常に大きなメリットとなる。

Xpringの上級副社長であるEthan Beard氏はブログ投稿にて、「Xpringを構築する取り組みの一環として、(Xpringのソフトウェア開発キットである)Xpring SDK、XRP Ledger、およびInterledgerにいくつかの新しいアップデートを提供した。」と、今回のプラットフォームの概要について語った。

リップルは今後、開発者が、ツール、サービス、およびドキュメントに容易にアクセスできるようにし、このプラットフォームを製品やアプリケーションでの支払いを可能にするためのハブとして機能させることを狙いとしている。

Ethan Beard氏は最後に、「現在のネットワークはかなり複雑なものになってしまっている。これを簡素化することで、XRPのユースケースは格段に高まるだろう。」と述べ、この新たなプラットフォームに対して期待感をあらわにした。

昨今、世界中各国でその利用者数を増やしているXRP。

ユーザーのみならず、開発者側へのサポートも手厚くすることで、リップルのますますの発展を目指す。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!