ODLの取引を監視するツールがバイナンスによる送金を検知したと発表された。

同取引所は今年2月にリップル社との提携を約束しており、これが実行に移されたと見られる。

リップル(XRP)の需要増加に大きな一歩か

大手仮想通貨取引所バイナンスがリップル(XRP)をブリッジ通貨としたリップル社の国際送金技術On Demand Liquidity(ODL)を導入したかもしれないとリップルコミュニティのメンバーが報告した。

@CryptoCRUSADERx氏によると、ODLの追跡ツールがバイナンスから米取引所Bitstampへ送金されているのを検知した。

画像を確認すると、バイナンスからはロシア・ルーブルが送金されているが、Bitstampへは米ドルとして着金していることが分かる。

これはODLを使って両替が行われたためではないかと@CryptoCRUSADERx氏は見ている。

バイナンスCEOのチャンペン・ジャオ氏(通称CZ)は、同取引所はODLをサポートするため、将来、リップル社と絶対に提携すると2月に語っており、これが実行に移されたのではないかと見られる。

(引用元:The Daily HODL - XRP Transactions Trigger New Rumors of Partnership Between Binance and Ripple)

バイナンスは法定通貨の受け入れを拡大している

バイナンスは今年10月に初めて法定通貨の受け入れを発表し、ロシア・ルーブルによる入金を受け付け始めた。

その後、ナイジェリア・ナイラ、ユーロのサポートも開始している。

仮想通貨メディアThe Blockによると、今後、世界中の全法定通貨180種類に対応したいと語っている。

このような動きを見せているバイナンスがODLをサポートし、他の取引所の国際的な窓口となれば、仮想通貨市場参入の障壁となっていた通貨の垣根は取り払われることになる。

自国通貨で仮想通貨を買う手立てがなく投資を諦めていた層からの資金流入が期待できる。

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!