リップル(XRP)を使ったODLの潜在顧客増

リップル社の国際送金技術xCurrentを採用している銀行は世界で100行を超えたことが明らかになった。

ブロックチェーンの活用事例を紹介した文章の中でブロックチェーン技術は国際送金に応用されていることに触れ、「100以上の銀行がxCurrentに申し込んでいる」と明かした。

xCurrentではリップル(XRP)は使われないものの、これらの銀行はリップル(XRP)を用いた国際送金技術ODL(On Demand Liquidity)の有望な潜在顧客となるだろうと仮想通貨メディアThe XRP Dailyは見ている

ODL参加機関が増えれば、国際送金は効率化され、便利になる。

リップル社の存在感はますます大きくなっていくだろう。

また、リップル(XRP)の需要増加にもつながると考えられる。

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!