ビットコインATMは銀行口座を持てない層に大きなメリット

仮想通貨ATMの設置場所や台数をモニターしているCoin ATM Radarは世界のビットコインATMの設置台数が6000台を超えたと発表した。

アメリカの設置台数が最も多く、3900台以上が稼働している。

米マイアミ国際空港では、利便性とセキュリティを求める旅行者の声を反映してビットコインATMの導入を決めた。

次いでカナダが約650台、イギリスが約270台となっている。

日本では福岡に2台しか設置されておらず、普及はまだまだこれからだ。

ビットコインATMの取引手数料は通常のATMと比べると高額で、最大15%にもなることがある。

しかし、経済的・社会的な理由から金融機関のサービスを十分に受けられない「アンバンクト」や「アンダーバンクト」と呼ばれる層でも安全に資産を保管できるところに大きなメリットがある。

ビットコインATMの数は仮想通貨の需要の大きさを表すとして業界から注目されている。

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!