大手仮想通貨取引所Binanceの公式ツイッターアカウントの一つ、Binance Researchによる、HODL(ガチホ)に関するツイートが物議を醸している

当該ツイートによって、「ガチホはビットコイン投資戦略として、アリかナシか?」という議論が巻き起こった。

ビットコインのガチホは有効な投資戦略か?ツイッターで議論に

大手仮想通貨取引所Binanceの公式ツイッターアカウントの一つ、Binance Researchが、「ビットコインをHODL(ガチホ)し続けて利益を生むことは可能だ」という内容のツイートを行い物議を醸している。

Binanceのデータによると、一年間のビットコインの価格上昇の大部分は局所的に起きている

大きな価格上昇が起こる日は一年に10日程度しかなく、ガチホし続けることでその上昇を見逃さないようにすることができるとBinanceは主張している。

一方で、このツイートへの反対意見も上っている。

このJoe007というユーザーは、バブル期の大幅下落を例に挙げ、「ガチホは悪い文化ではないが、常にそれが最適とは限らない」と反論した。

確かにガチホをすることで、大幅な価格上昇のタイミングを逃さないというメリットはある。

しかし、それは同様に大幅な下落の影響も受けかねないというリスクがある。

ビットコインに投資する際は、ガチホと損切のバランスを考えることが重要だろう。

無料アプリを使って

価格の変動を素早くチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!