カナダ最大手銀行が仮想通貨取引プラットフォーム提供へ

総資産が965億ドルを超えるカナダ最大の銀行であるロイヤルバンクオブカナダ(RBC)が、仮想通貨プラットフォームの開設を目指していることが、現地メディアの報道で明らかになった 

同銀行は、カナダとアメリカそれぞれの国内で計4つの特許を申請し、仮想通貨を事業に統合する戦略を進めている。 

仮想通貨のユーザーにとって、仮想通貨資産の取引は複雑すぎて困難な場合があるとともに、状況によっては、仮想通貨取引の確認・承認に時間がかかる場合もある。 

同銀行はこれらの問題点を解決することを狙いとしている模様。 

RBC代表のJean Francois Thibault氏は取材に対し、「他の多くの組織と同様に、特許申請を提出して独自のアイデアや概念を保護する」と述べ、現段階ではプラットフォームの立ち上げに関するコメントは控えている。

RBCはカナダ国内に1,400以上もの支店をもっており、世界34カ国で事業を展開する世界的なメガバンクだ。 

世界有数のメガバンクが仮想通貨取引プラットフォームを提供するとなると、仮想通貨ユーザーが世界中あらゆる場所に格段に増加すると見込まれる。 

驚異的なスピードで実需を高めていくビットコイン含む仮想通貨は、その勢いをどんどん加速させていく。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!