リップル社の技術がバンク・オブ・アメリカで試験開始

全米で2番目の規模を持つバンク・オブ・アメリカが密かにリップル社の分散台帳技術を試験していたと仮想通貨メディアCoindeskが報じた

バンク・オブ・アメリカはリップル国際支払い運営グループに2016年から参加しており、両社で協力して試験を行ったとリップル社のスポークスパーソンは述べている。

バンク・オブ・アメリカは今月始め、リップルプロジェクトチームを率いる生産管理責任者を募集しており、リップル社の技術が導入されるのではないかと報道されていた。

両社のスポークスパーソンはコメントを差し控えており、採用される技術がxCurrentなのかOn Demand Liquidity(旧xRapid)なのかは明らかにされていない。

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!