ダラス連邦準備銀行総裁、ロブ・カプラン氏が、「中央銀行はデジタル版ドルの開発に関して積極的に検討中だ」と発言し、話題になっている。

中国EU、さらには民間のFaceBook社までが法定通貨に代わる仮想通貨システムを構築しようとする中、アメリカの動向が注目される。

米中央銀行、仮想通貨版ドルの開発に食指動かす

ダラス連邦準備銀行総裁のロブ・カプラン氏が、「中央銀行はデジタル版ドルの開発に関して積極的に検討中だ」と発言したと、米メディアが報じた

今や中国、EU、果ては民間のFaceBook社までもが仮想通貨プラットフォームを開発している。

カプラン氏はこの件について、「もし他国や他組織の仮想通貨プラットフォームが主流になった場合、アメリカは高い金利コストを被ることになるだろう」と発言。

現状ドルが占める国際経済の中心的役割を、他の仮想通貨プラットフォームに奪われることを危惧した。

もし奪われるようなことがあれば、ドル及び米国債といったドル資産の需要は低下し、それを補うために大幅な国際金利の上昇などが考えられる。

実際に、最近はFaceBookの開発する仮想通貨リブラに脅威を感じた米当局が、リブラとの提携企業に圧力をかけたというニュースも記憶に新しい。

こういった形でドルの需要が下がり、アメリカの経済的影響力が下がるというスパイラルを防ぐため、中央銀行にとってデジタル版ドルを開発して他プラットフォームを牽制することは急務と言えるだろう。

今後の展開に目が離せなくなりそうだ。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!