ビットコインは110万円台を復帰

9月20日ビットコイン価格は11,102,350円、前日同時刻比で1,78%上昇となっている。

19日12時に104万円台まで急落したが、20日午前1時に上昇開始、午前5時には111万円台まで上昇した。

12日から18日まで6日間続いたレンジ相場は終わり、現在非常にボラティリティの高い相場となっている。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

現在オレンジラインと水色の111万円ラインとの間に形成された下降チャネルを実体で上回っている。

今後はレジサポ転換し、下降チャネル上端のオレンジラインがサポートラインとして機能する可能性も考えられるだろう。

  • 上昇のシナリオ

上昇のシナリオとしては下降チャネル上端のオレンジラインに注目である。

上述の通り、オレンジラインを実体で上回っている。

このラインを割り込まずに再度白ライン111万円台を上回れば、更なる上昇に期待できる。

  • 下降のシナリオ

下降のシナリオにおいても下降チャネル上端のオレンジラインに注目だろう。

再度このラインを下回った場合、一旦は水色ライン109万円までの下落は見込んでよいだろう。

そこも割り込んだ場合は直前の安値である104.5万円付近までの下落が考えられる。

ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインオタクの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!