Bakktによるビットコイン先物取引開始

ニューヨーク証券取引所に上場しているインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)の子会社であるBakktは、9月23日に現物引き渡し決済のビットコイン先物取引を開始すると公式発表した。

Bakktは、これまでビットコイン先物取引のプラットフォームを提供するために必要な規制当局からの承認獲得に取り組んできた。 

Bakktはデイリー先物取引(日間)とマンスリー先物取引(月間)の、2種類のビットコイン先物取引サービスを提供する予定だ。

CEOのケリー・レフラー氏が綴った自身のブログによると、Bakktは既にCFTC(米国商品先物取引委員会)から承認を受けており、現在はユーザー受け入れテストが開始されている段階にある。

また、近年取引所による資金流出やハッキングなど、投資家にとって不安なニュースが多い中、彼女はブログ内で、投資家に向けてBakktビットコイン管理・清算の信頼性も強調した。

「有資格カストディアンであるBakkt Trust Company(Bakkt信託会社)を設立するために、正式にニューヨーク州金融サービス局から認可を得て、引き渡された先物ビットコインを安全に保管します。」 

昨年8月にBakktが設立された当初から投資家たちは、同社の先物取引開始を期待し続けてきたが、2度に渡り開始時期を延期したのち、昨年末にはそれを無期限延期としていた。

ビットコインの浸透を目指すICEにとって、ビットコイン先物取引開始は非常に大きな一歩だ。

今回の発表は、間違いなく今後のビットコイン市場の盛り上がりに向けての好材料となるだろう。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!