「ビットコインの価値は300倍に到達するだろう。」

仮想通貨業界でアナリストやジャーナリストとして活躍するMax Keiser氏が、将来的なビットコイン(BTC)の目標について自身の見解を明かした。
加えてビットコインの時価総額について、2021年内には「金の時価総額の半分へと成長する」とも主張し、さらなる市場拡大に期待を寄せる。

「ビットコイン(BTC)の価値は300倍に」“法定紙幣”か“仮想通貨”か――迫られる選択

仮想通貨業界でアナリストやジャーナリストとして活躍するMax Keiser氏が、将来的なビットコインの市場規模についてきわめて強気な見方を共有した。

Max Keiser氏とは、金融市場の分析やニュース配信などを行なっている「Keiser Report(カイザー・レポート)」でホストを務めていることなどで広く知られる著名アナリスト・ジャーナリスト。仮想通貨業界屈指の“ビットコイン強気派”としても知られており、これまでも幾度となく強気なビットコイン価格予測を展開しては業界を湧かせてきた。

そして今回、Max Keiser氏は「ビットコインの価値は300倍に到達する可能性が高い」との見解を示すとともに、「ビットコインが金や米ドルに取って代わるにつれて、ビットコインの価値は急激に上昇する」と指摘した。

ビットコインは金に取って代わらなければならないので、その価値はより一層高くなると思います。それは米ドルをも置き換える可能性があります。ビットコインの総アドレス可能市場(TAM/ Total Addressable Market)『約300兆ドル』です。今日の規模は『1兆ドル』です。ここから300倍もの道のりがあります。()
「あなたは、ボラティリティがゼロであるものの損失が確信されている“法定紙幣”を受け入れますか?それとも、ボラティリティはあるものの利益が保証されている“ビットコイン”を好みますか?…これらはあなたが選ぶべき2つの選択肢です。」

ビットコインが貴金属市場を支配へ、「2021年内に金の時価総額の半分に成長」=著名金融ジャーナリスト Max Keiser

また、Max Keiser氏は、「ビットコインが貴金属市場を支配する日が近づいている」とも主張する。同氏は、「ビットコインが数か月以内に銀を追い抜き、2021年内に金の時価総額の半分へと成長する可能性が高い」との予測を展開。

(ビットコインが) 金を超えると、その次に残るのは米ドルだけです。ビットコインについて言えることは…、それが“頂点の捕食者である”ということです(中略) 米政府はたくさんの“ドル”を印刷しますが、それらはやがてビットコインに支配されるでしょう。」

昨今、さまざまな業界から大きな注目を集めている仮想通貨ビットコイン。Max Keiser氏が主張するように、ビットコインは米ドルや金をも追い抜き、その確固たる立場を築いていくことができるのか――今後もビットコインのさらなる成長にますます期待は高まる一方だ。

\無料アプリを使って/

暗号資産(仮想通貨)のニュースを逃さずチェック

この記事は、dailyhodl.comの「Max Keiser Says Bitcoin Could Rise 300x, Top Crypto Targeting US Dollar Dominance.」を参考にして作成されています。