仮想通貨アナリストのWilly Woo氏によると、富裕層の投資家がかつてないペースでビットコインを購入しているとのことだ。

Glassnodeのデータは、1,000BTC以上を保持しているクジラの数が2,425頭に達したことを表している。

ビットコインクジラは増加の一途

アナリストのWilly Woo氏が、1,000 BTC以上を保有するビットコインアドレスの数が急増していることを示す集計ネットワークデータを引用し、クジラの増加を指摘した。

クジラが増殖期に入っている(1,000 BTC以上)。富裕層が続々と入ってきている。このサイクルは、これまでのどのサイクルとも異なるものだ。

同氏が指摘するとおり、Glassnodeのデータは1,000BTC以上を保持しているビットコインアドレスの数が2,425に達したことを表している。

この数は日に日に増え続けており、最高記録を更新し続けている。

この増加の背景には、2020年以来MicroStrategyを始めとする多くの会社がビットコイン購入へと踏み切っており、その動きに投資家たちが引っ張られているという事柄が挙げられるだろう。

1k以上のコインを保持しているアドレスの数はちょうど過去最高値の2,425に達しました。

Woo氏はまた、Glassnodeのデータを強調し、市場に流通しているビットコインの量が昨年3月以来、着実に減少していることを指摘した。

流通しているのはわずか1,490万のBTCで、流動性があるため410BTCだけが購入可能だ。

富裕層は、割り当てが必要だという通知を受けたばかりであり、私の考えではこれがビットコインが23,000ドルを超えた理由だ。

そして、ビットコインが2021年も好調を維持していることから、投資を検討している人が市場に参入するのは今からでも遅くないとWoo氏は考えている。

ビットコインパーティーに遅れていると思っているなら、考え直した方がいい。ビットコインのリスク調整後リターンは6年連続で同じ高レベルにある。スタート以来、他のすべての資産クラスを明らかに上回っている。

Woo氏はビットコインについて、10万ドルを超え、将来的には30万ドルにも達すると予測しているが、その予測通りに動くのなら今からでもビットコイン購入は決して遅くないだろう。

\無料アプリを使って/

暗号資産(仮想通貨)のニュースを逃さずチェック

この記事はTHE DAILY HODLの「Unprecedented Crush of Wealthy Investors Are Flocking to Bitcoin, According to On-Chain Analyst Willy Woo」を参考にして作られています。