「モナコインってどんな通貨なの?」

と思っている方も多いと思います。

モナコインは日本発で、機能性の高い優秀なコインです。

そんなモナコインの特徴や将来性、評判、購入方法などをわかりやすく解説しています。

この記事を読めば、あなたはモナコインの全容を理解できるようになります!

 

仮想通貨モナコイン(MONA)とは?

通貨名 Monacoin
通貨単位 MONA
公開日 2013年12月
時価総額 35億円(100位)
発行上限枚数 1億512万MONA
ブロック承認メカニズム PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
ブロック承認速度 約90秒

モナコインはインターネット掲示板2ch(現5ch)から誕生した日本発の仮想通貨として注目されています。

またモナコインは、ライトコインをもとに開発されており、似たシステムを持っています。

今、世界で6番目の市場規模を誇る仮想通貨、ライトコイン(Litecoin)。Segwitがいち早く導入され送金時間も短く、アマゾンとの提携も、、、?気になるコインの全容を本記事で解明します!

 

モナコイン(MONA)の特徴

モナコイン(MONA)の特徴

  • 決済速度が速い
  • 熱烈なファンが支持している
  • 実用性が高い

決済速度が早い

モナコインは、ライトコインをもとに開発されているため、ブロックの生成速度が速いのが特徴です。

もともとはライトコインを真似しただけの通貨でしたが、最新技術をどんどん取り入れていき、ブロック生成速度が速くなりました。

  モナコイン(MONA) ビットコイン(BTC) ライトコイン(LTC)
ブロック生成速度 約90秒 約600秒 約150秒
ブロック承認メカニズム PoW PoW PoW
総発行枚数 1億512万枚 2100万枚 8400万枚

モナコインは、ビットコインやライトコインに比べてもブロック生成速度が速くなっています。

また総発行枚数も多く設定されています。

発行枚数が多いと、通貨に希少性が生まれにくく、比較的価格が安定します。

供給量不足になる心配もありません。

そのため、モナコインは実際の決済手段にとても向いている通貨の一つです。

熱烈なファンが支持している

モナコインは、2ch発祥のコインなので、熱烈なファンが日本には多くいます。

仮想通貨の発展には、その通貨のコミュニティが大きく関わっており、熱烈なファンが多いことは大きな武器になります。

モナコインの非公式マスコットキャラクター「モナコインちゃん」も人気があり、LINEスタンプも発売されています!

また、モナコインのプロモーション動画が秋葉原で流されたことでも話題になりました。

実用性が高い

現在はハッキング被害によりサービスを一時停止していますが、モナコインはオンラインウォレット「Monappy」で利用されています。

Moppyは、モナコインの管理だけでなく、投げ銭や食品や電子機器などの販売・購入を行ったり、写真の投稿も行うことができます。

またモナコインはブロック生成速度が速く、総発行枚数が多いため決済手段として向いています。

 

モナコイン(MONA)の仕組み

モナコインには2つの特徴的な仕組みを導入しています。

  • Segwit
  • アトミックスワップ

それぞれ簡単にわかりやすく解説していきます。

Segwit

Segwitとは、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。

モナコインはSegwitを実装しており、これによりスケーラビリティ問題とマリアビリティ問題を解決しています。

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨の取引量が増えることでデータ処理が遅延する問題のことで、取引承認の遅延が手数料の高騰も引き起こします。

マリアビリティ問題とは、取引データを改ざんし、二重取引ができてしまうという脆弱性のことです。

Segwitとは、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。実は、これは仮想通貨の抱える問題を解決する策の1つなんです!この記事では、Segwitの仕組みやメリット・デメリットをイラストも交えて解説します!

 

アトミックスワップ 

 

 

アトミックスワップとは、違う種類の仮想通貨を信用のない個人間で不正なく交換できるシステムのことです。

通常、仮想通貨の交換は取引所などの第三者を仲介して行われるため、取引所の破綻やハッキングのリスクがあります。

そのリスクをアトミックスワップの導入により解消し、安全に仮想通貨の交換を行うことができます。

また匿名性を保つこともできるため、非常に有用なシステムです。

取引所のハッキングリスクから逃れられる?信用のない個人間でも安全に取引ができるようになる?革新的な技術であるアトミックスワップはそれを可能にします。今のうちからアトミックスワップについてしっかり理解しておきましょう!

 

仮想通貨モナコイン(MONA)の評価

モナコインを簡単に評価すると以下のようになります。

知名度 ☆☆☆☆
将来性 ☆☆☆☆
投資リスク ☆☆☆☆
買いやすさ ☆☆☆☆
実用性 ☆☆☆☆☆

知名度

モナコインは現在時価総額が100位ですが、22位の時もありました。

日本発の仮想通貨なので、日本での知名度はとても高いですが、世界的にはあまり知名度は高くありません。

今後は世界に向けても知名度を上げるための取り組みが必要になってくるでしょう。

将来性

モナコインは決済手段として優れています。

そのため今後実用化が進む可能性は大いにあるでしょう。

投資リスク

モナコインは比較的取引高が高いため、価格は安定しています。

また、モナコインにはファンが多いため、大幅な値下げは考えられにくです。

そのため、投資リスクはあまり高くなく、投資対象として優秀であると言えます。

買いやすさ

モナコインはZaifbitbankbitFlyerなどの国内の大手取引所で取り扱っています。

そのため、モナコインはとても買いやすい仮想通貨です。

実用性

モナコインは日本で実用化が比較的進んでいる通貨の一つです。

モナコインは送金スピードが高く、決済手段として向いています。

そのため、現在もMonappyやTwitterでの投げ銭機能、コミケでの決済など多くの場面で活用されており、実用性は高いです。

仮想通貨モナコイン(MONA)の今後・将来性

 

モナコインは、国内大手のZaifやbitbank、bitFlyerなどの取引所で取り扱っています。

そのため、この実績を考慮して、海外の取引所に新たに上場する可能性があります。

下図のようにシンガポールの大手海外取引所BITBOXにモナコインが上場した際は、数日で25%の急騰がありました。

同様に、新たに海外取引所にモナコインが上場すると決まると、価格が大幅に上昇する可能性が高いです。

同様に、新たに海外取引所にモナコインが上場すると決まると、価格が大幅に上昇する可能性が高いです。

仮想通貨モナコイン(MONA)の価格

モナコイン(MONA)最新価格・相場・チャート

現在の価格はこちらから確認できます。

 

モナコイン(MONA)の今後

しばらくは同じように緩やかな下落が進むでしょう。

ただBITBOXに上場した際や、動画配信サービス「ツイキャス」と提携した際は大きな価格の上昇がありました。

そのため今後、モナコインが利用できる場面が増えると、どんどん価格が上昇する可能性があります。

モナコインのニュースを敏感になっていれば、大きな利益を上げられる可能性が高いでしょう。

モナコイン(MONA)の取引のポイント

モナコインは、bitFlyerに上場したことや仮想通貨バブルの波があったことなどの理由により、2017年12月に1MONA=2400円まで高騰しました。

その後、バブルがはじけて急落し、現在は緩やかに下落を続けています。

モナコインを購入した場合は、安全のためウォレットで保管するようにしましょう!

おすすめのウォレットは、安全性は抜群なLedger Nano Sです!

Ledger Nano Sを購入する

仮想通貨モナコイン(MONA)の評判・口コミ 

口コミとしては、以下のような意見が見られました。

買い物がスムーズにできた

  (37歳 男性)

コミケでモナコインを利用して漫画を購入しました! コミケは多くの人で混み合っているので、モナコインでスムーズに支払いを済ませることができてよかったです。 これからも積極的に使う予定です!

技術力が高い通貨

  (23歳 男性)

モナコインはとても技術力が高いですね! 最新の技術をどんどん取り入れているので、今後も楽しみです。 モナコインを決済として利用できる場所がもっと増えればいいなって思います。

仮想通貨モナコイン(MONA)のおすすめ取引所

モナコインを取引する取引所は、Coincheckがおすすめです。

仮想通貨取引所Zaifの特徴

    • アプリがとても使いやすい
    • モナコイン以外の通貨も種類が豊富
    • 貸し仮想通貨サービスがある

 

また、手数料も安いのでモナコインを取引するのに最適です。Coincheckでモナコインを購入しよう!

モナコインの購入方法については、下記の記事を参照ください。

日本発の仮想通貨、モナコイン!「気になってはいるんだけど、どこで購入すればいいんだろう・・・」そんなあなたのためにモナコイン購入方法を取引所選びからわかりやすく解説します!この記事を読んで、あなたもモナコインを購入しましょう!

 

仮想通貨モナコイン(MONA)のマイニング

モナコインは、PoWというブロック認証アルゴリズムを採用しており、ビットコインなどでも採用されています。

PoWは、改ざんにはとても強いですが、51%攻撃には弱いというデメリットを持っています。

51%攻撃とは、大きな計算能力を持ったマイナーがネットワークを支配し、不正な取引を行うことです。

モナコインは2018年5月に一度51%攻撃の被害に遭っており、被害総額は約24,000MONAだと言われています。

モナコインを所持する方法には、購入する以外にマイニングという手段があります。マイニングではモナコインの取引を承認することで報酬として仮想通貨をもらうことができます。この記事では、モナコインのマイニング方法について簡単に紹介しています。

 

仮想通貨モナコイン(MONA)まとめ

モナコイン(MONA)まとめ

  • 日本発の仮想通貨
  • 決済速度が速い
  • 実用性が高い
  • ウォレットはLedger Nano Sがおすすめ
  • 取引所はCoincheckがおすすめ

モナコインは実用性が高く、今後利用できる場が広がっていく可能性は高いです。

 価格が下がってきている今が買い時かもしれません。

Coincheckでモナコインを購入しよう!