「仮想通貨を購入してみたいけど、なんだか難しそう...」

そんな悩みを抱えている方が多いと思います。

 

実は、仮想通貨を購入する方法はとても簡単です!

いまや日本人の7人にひとりが仮想通貨を持っていると言われています

複雑そうなイメージを持ってしまうかもしれませんが、ネットショッピングができるくらいの知識があればすぐに慣れるので安心してください。

 

この記事では、簡単な買い方や注意点、いつ買えば良いか判断する方法までを仮想通貨オタクが運営するCoinOtaku(コインオタク)がご紹介します。

仮想通貨の購入方法を簡単に説明

仮想通貨の購入方法

仮想通貨は、インターネット上の取引所を利用して購入します。

購入方法はこの3ステップでとっても簡単です。

100円程度の少額から購入することができますので、株や不動産などのまとまったお金が必要な投資に比べて簡単に始められます。

取引所は、最も簡単に購入できるCoincheck(コインチェック)がおすすめ!

\おすすめ取引所No.1!/

Coincheck公式サイト

仮想通貨は少額から購入できる

仮想通貨は1000円未満の少額でも買える アイキャッチ画像

仮想通貨の大きな特徴は1000円未満の少額から取引が始められることです

ここでは仮想通貨の購入単位について、ビットコインを例に説明します。

2017年12月後半に、ビットコインが200万円を超えたことがニュースになりました。当時からはずいぶん下がりましたが、現在でも1BTC=100万円程で取引されています。

ではビットコインを購入するには、最低でも100万円以上必要なのでしょうか?

実は違います。ビットコインには「BTC」の下に「Satoshi」という通貨単位があり、

1Satoshi=0.00000001BTC(1億分の1BTC)

を表していています。

ただし各取引所によって以下のように最低取引単位が定められているので、1Satoshiから買うことはできません。

取引所 最低取引単位
Coincheck 500円から
DMM Bitcoin 0.001BTC(100000satoshi)
GMOコイン 0.0001BTC(10000satoshi)
bitFlyer 0.001BTC(100000satoshi)

例えば1BTCの価格が100万円だった時にGMOコインでビットコインを購入しようとすると、

500,000×0.0001=100

つまり100円から購入できます。

仮想通貨は少額から購入できるのです!

最も簡単に仮想通貨を購入できるのはCoincheck(コインチェック)

コインチェックのバナー

Coincheck(コインチェック)は、2012年からある老舗の国内最大級の取引所です!

Coincheckは、現在マネックスグループの下運営されています。

Coincheckのスマホアプリは、とても使いやすいと評判です!ダウンロード数230万を超えるほど多くの方が使用しています

また、取扱い通貨数も10種類と国内取引所で最も多くなっています

現在では、セキュリティも大幅に強くなり、安心・安全な取引所です!

使いやすさ、安全性が非常に高いので初心者から上級者の方まで幅広い方におすすめの取引所です!

仮想通貨を購入するなら、必ず登録しておきたい取引所です。

\おすすめ取引所No.1!/

Coincheckで無料で会員登録!

Coincheckの最新の評判について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

2019年8月最新!コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
 

仮想通貨の購入手順

仮想通貨の購入手順 画像

仮想通貨は、インターネット上の取引所を利用して購入します。

そのためにまずは口座を開設する必要があります。

今回は、おすすめ取引所No.1のCoincheckを使って口座開設について説明します。

①取引所(販売所)に口座を開設する 

メールアドレスの登録

Coincheck登録

公式サイトから右上の「新規登録」から取引アカウントをクリックします!

Coincheck登録

メールアドレスとパスワードを入力します。

コインチェックからメールが届くので、URLから表させます!

SMS認証 

Coincheck登録

携帯電話番号を登録します。

「本人確認書類を提出する」をクリックします!

Concheck登録

「SMSを送信する」をクリックします。

Coincheck登録

SMSに届く6桁の認証番号を入力します!

本人確認書類の提出 

Coincheck登録

「本人確認書類を提出」をクリックします。

利用規約やプライバシーポリシーなど、すべてにチェックを入れます。

「各種重要事項に同意し、承諾してサービスを利用する」をクリックします。

Coincheck登録

個人情報を入力します。

氏名や性別などの個人情報を指示通りに入力します。

それが終わったら、本人確認書類をアップロードしましょう。

「ファイルを選択する」というところから、本人確認書類とIDセルフィー(確認書類の顔写真)をアップロードします。

ハガキの受け取り 

ハガキは直接受け取る必要がある

2〜3日以内にコインチェックからハガキが届きます!

必ず直接受け取る必要があるので、気をつけましょう。

ハガキを受け取り、情報を入力すれば登録は完了です!

Coincheck公式サイトはこちら

Coincheckでリップルを購入する

Coincheckの詳しい登録方法や2段階認証についてこちら

コインチェックは豊富な取り扱い通貨で人気の国内仮想通貨取引所です。 この記事ではコインチェックの登録方法について画像付きで紹介しています。またハッキングのリスクを抑えるのに重要な2段階認証の設定方法についても分かりや紹介しています!
 

②取引所(販売所)に入金する 

口座の登録が完了したら、実際に取引をしていくために日本円を入金します。

今回はCoincheckの入金画面の画像を使って説明していきます。

Coincheckでの入金方法は3種類(銀行振込、コンビニ入金、クイック入金)があります。

一番手数料の安い銀行振込の方法を解説します。

Coincheck入金Coincheck入金

1. 左のメニューの日本円を入金するをクリックする

2. 自分のユーザーIDを確認する

3. 指定の口座に指定されている自分名義の口座から振込をします

(この時、振込人名義にユーザーIDを入力することを忘れないようにしましょう!)

銀行振込以外での振込方法としては、金融機関宛への振込手数料が月最大15回無料の住信SBIネット銀行での入金がオススメです。

また入金までの所要時間は営業時間内であればおおよそ2〜3時間です。なお入金金額に関する制限は特にありません。

住信SBI銀行の登録・口座開設はこちらから

③仮想通貨の購入・売却方法

DMM Bitcoinでの仮想通貨の購入手順画像

仮想通貨の購入は上記の画像のように簡単に完了します

入金が完了したら仮想通貨の取引を行いましょう!

ここでも引き続きCoincheckを使って説明します。

Coincheckでのリップル購入

1. 左のメニューのコインを買うをクリックする

2. ①で購入する銘柄を選択する

3. ②で購入する仮想通貨の数量を入力する

4. 購入をクリックする

これで販売所での仮想通貨の購入は完了です!

\仮想通貨の取引なら/

Coincheckの登録はこちら

Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckの詳しい使い方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓

仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)の使い方を解説します!入出金や現物取引の仕方に加え、初心者でも使いやすいと評判のアプリの使い方も詳しく説明していきます。この機会にコインチェックの使い方を習得しましょう!
 

 

仮想通貨購入の注意点と対策

初心者は何に注意すればいいの? アイキャッチ画像

仮想通貨の取引が意外に簡単に始められることがわかり、仮想通貨に投資をして自分も大きな利益を上げられるかもしれない!とお考えかもしれません。

ですが、大きなリターンを見込めるのと同時に、仮想通貨の取引には大きなリスクも存在しています。

ここからは、仮想通貨の取引を行う際のリスクと、リスクを回避するために私たちが自分でできる対策を見ていきましょう。

仮想通貨取引のリスク・注意点

仮想通貨のリスクをしっかり理解しよう(オタフクロウ画像)

サーバーダウンする可能性がある

仮想通貨は2017年に爆発的に需要が伸びました。

しかし、この需要に取引所のインフラが追いついていなかったため、国内の取引所でサーバーダウンが頻繁に起こった時期がありました。

この時期に比べると現在はどの取引所もシステムの性能を向上させていますが、また予想を超える需要が生まれたときに、同じようにサーバーがダウンしてしまう可能性があります。

 

資産が盗まれる可能性がある

マウントゴックス(MtGox)事件をご存じでしょうか?

Mt.Gox取引所は2013年4月には、世界のビットコイン取引料の70%を扱うほど大きな仮想通貨の交換所でした。

しかし、2014年2月に顧客のビットコイン75万BTC(事件当時の価格で470億円に相当)、自社のビットコイン10万BTCと顧客からの預かり金約28億円の消失が判明したのです。

このビットコイン消失事件が「マウントゴックス事件」と呼ばれています。

最近では「コインチェック事件」も有名ですが、資産の管理方法に問題があったり、セキュリティの弱い取引所では今後も起こりうることです。

 

取引所を選ぶときは、セキュリティの強い取引所を使うことが大切です。

DMM BItcoinは仮想通貨FXに人気の取引所です。そんなDMM Bitcoinが実際にどんな取引所かを探るべく、この記事ではDMM Bitcoinの特徴やリアルな評判、登録方法や使い方をまとめました。
 

また、自分の資産を守る方法を利用者側も考えておかなければならないのです。

コインオタクではウォレットで管理することをおすすめしています。

気になるウォレットについてはこちらをご覧ください。

「自分のビットコインを大切に保管するためにウォレットを使いたい!」って考えていませんか?たしかに、自分の資産がハッキングなどでなくなったら嫌だから安全に保管したいですよね。そんなあなたのために、初心者向けに、コインオタクがビットコインの保管に適したウォレットを厳選しました!この記事では、まずそもそもどうしてウォレットが必要なのかを確認します。その後に、コインオタクがおすすめするウォレットを紹介していきます。初心者にはGMOコインのウォレットがおすすめ! 目次ウォレットとはビットコインの管理にウォレットはなぜ必要?ビットコイン用のウォレットってどんなのがあるの?おすすめのビットコイン用デスクトップウォレット3選スマホアプリで保管するならこれ!モバイルウォレット3選超スタイリッシュかつ安全に!ハードウェアウォレット3選超簡単かつ超安全 ペーパーウォレットの作り方ビットコインのウォレットに関するQ&Aビットコイン用ウォレットまとめ ウォレットとは ビットコインに限らず仮想通貨は、ブロックチェーンを用いた取引によって送信先のアドレスにプールされていきます。 このアドレスにアクセスし、いくら貯蓄されているかを確認したり、他の人に送金したりする際の手間を仲介してくれるのがこのウォレットです。ウォレットについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。仮想通貨EOS(イオス・EOS)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。そんなあなたに朗報です。この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!目次そもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットの種類一覧ウォレット作成のメリットウォレット作成の注意点通貨別のおすすめウォレット【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!まとめそも

 

 

詐欺が増えている

仮想通貨の価格が上昇してきたと同時に、詐欺の件数も増えてきています。

商業取引等を取り締まる米連邦取引委員会(FTC)で消費者保護を担当するAndrew Smith氏は、2018年末には詐欺被害が3300億円にまで拡大すると予測しています。

セミナーでの勧誘や有名人の名前を使った謳い文句で、知識があまりない人に仮想通貨を買わせるといったケースが見られます。

 

仮想通貨に関する詐欺について、詳しくはこちらをご覧ください。 

目次ビットコインは詐欺が多い?ビットコイン詐欺の手口とは?ビットコイン詐欺で逮捕例も!危ない仮想通貨と噂されるものとは?詐欺にあわないようにするには?まとめ:詐欺に巻き込まれないよう注意しよう! ビットコインは詐欺が多い? 詐欺が多いと言われるビットコイン。はっきりここでコインオタクが明言しておきましょう。 ビットコインでは詐欺が多いです。 そしてズバリそれは、大きく3つの理由によるのではと考えています。 ・仮想通貨全体が黎明期で、実際にその価格の変動が激しい(実際儲かりやすい) ・技術的に難しいので、詐欺のネタに適している ・正しい知識も持たずに運用したがる人が多い→カモが多い 1つめに関しては、例えばビットコインは創世期に比べると現在は100万倍以上の価値があります。他のコインも数万倍といった変動を見せています。ただの事実。 2つめに関しては、仮想通貨そのものがあくまでネット上で取引され、複雑な仕組みのものなので、「なんだかよくわからないけど儲かりそう」という感覚を持たせるのにピッタリな素材である、ということです。ただの性質。 そして3つめに関してですが、これは仮想通貨の事実でも性質でもなく、私たち自身の問題です。ですから、逆に言えば、私たち自身が正しい知識やどんな手口があるかを知ればもう恐れるものはありません。ここではビットコインに関する詐欺の手口や過去事例、対策まで徹底解説します! ここであらかじめ1つだけ初心者向けに付言しておくと、ビットコインそのものは詐欺まがいのものではありません。ビットコインはプログラミングによって生み出される電子データの形をした換金コインのようなもので、実際に今や多くの需要をもち株価と同じように毎日その値が変動しています。 ビットコイン詐欺の手口とは? ビットコインに関する詐欺はいくつかパターンがあります。どれもビットコインだけに当てはまるものではないですが、やはり「ここにはこんな危険性がある」ということを知っておくのは騙されないようにする上でとても大切な手段です。 セミナーで勧誘 まずこの類。仮想通貨のセミナーや交流会は危険なものが多いです。具体的には、以下のような場合に遭遇したら特に警戒しましょう。

 

 

リスクを回避するためにするべきこと

リスクはできるだけ回避しよう(オタフクロウ画像)

リスクを回避するためにするべきこと

  • 取引所は複数登録しよう
  • 2段階認証は必ず設定しよう
  • メールアドレスやパスワードは使い回さないようにしよう
  • 余剰金で売買しよう
  • 簡単に儲かる話には注意しよう

取引所は複数登録しよう

セキリュティの観点から考えると、複数口座開設は必須であると言えます!

資金を1つの取引所に全て預けてしまうと、万が一その取引所がサイバー攻撃を受け、資産が流出してしまった時に全資産を失ってしまう可能性があり大変危険です!必ず複数の取引所で資産を管理するようにしましょう!

また、取引所のサーバーがダウンしている時は、その取引所で取引を行うことができません

複数口座を持っていれば、ダウンしていない取引所で取引が可能ですので、やはり複数取引所に登録することがおすすめです!

まだ一つの取引所しか登録していないのですか?仮想通貨投資をするなら絶対に複数の取引所に登録しておくべきです。この記事では複数の取引所に登録することのメリット・デメリットだけでなく、注意点やおすすめの取引所の組み合わせまで解説します!

 

 

2段階認証は必ず設定しよう 

2段階認証は必ず設定しておくようにしましょう!こちらもセキリュティの観点から考えると必須の作業になります!

仮想通貨は取引の記録を書き換えることができないという特徴を持っており、一度送金してしまったら取り消すことはできません。

つまり、不正にアクセスされて取引を行われた場合、その資金を取り返すことがほぼ不可能だということです。

2段階認証も万能ではありませんが、セキリュティの強さは格段に上がります。ですので、しつこいようですが必ず2段階認証は設定するようにしましょう!

仮想通貨投資では、なぜ2FA(2段階認証)が必須なのでしょうか? 2FAで面倒な経験をしたCoinOtakuが、必須な理由と、2FAを設定しただけで安心してはいけない理由などを、どこよりも丁寧に解説します!!

 

 

メールアドレスやパスワードは使い回さないようにしよう 

メールアドレス、パスワードは共に使い回し厳禁です。

もしも同じメールアドレスとパスワードを使っていたら、せっかく複数の取引所に登録していても、一度不正アクセスされてしまうと他の取引所でも資産を抜きとられてしまうことも考えられます。

何個もパスワードを使い分けるのは面倒だと思いますが、不正アクセスによる被害をできるだけ小さくするためには、取引所ごとにメールアドレスもパスワードも変えてしまいましょう。

 

余剰金で売買しよう 

仮想通貨は余剰金の範囲で売買しましょう。仮想通貨はまだまだ不安定です。仮想通貨の価格が高騰することもあれば、大暴落することもあります。

損失を出してしまうことも真剣に考慮に入れた上で、ある程度失っても影響の少ない余剰金で売買することを心がけましょう。

 

簡単に儲かる話には注意しよう

「簡単に儲かる」「絶対儲かる」などの言葉で詐欺師は近寄ってきますが、そんなに美味しい話はないと思って疑うようにしましょう。

手法を教える、代わりに運用してあげる、といった感じで先にお金を払わせようとするものはほぼ100%詐欺なので注意してください。

仮想通貨の購入に関するQ&A

購入するときの疑問を解決! アイキャッチ画像

仮想通貨を購入する時に手数料ってかかるの?

取引所によってかかるところと、かからないところがあります。

売買手数料はかからなくても、販売所スプレッドが広く、取引する際にお金がかかる場合もあります。

取引所ごとの手数料について詳しく知りたい方は、手数料の比較を行った記事があるので、参考にしてみてください。

仮想通貨取引をするにあたり意外と馬鹿にならないのが取引所の手数料ですよね。有名仮想通貨取引所全てを徹底的に比較し、であるコインオタク編集部がどの取引所を使えばおトクに取引をすることができるかお教えします!

 

 

仮想通貨で儲かったら税金がかかるの?

仮想通貨の取引で利益が出たら税金がかかります。きちんと納めないと「脱税」になってしまうので、気をつけましょう。

税金についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

仮想通貨に税金がどのくらいかかるか理解していないと、知らないうちに損をしているかもしれません!この記事では、たくさんの例を用いながら税金のかかる条件や計算方法、さらに税金対策まで紹介しているので、誰でも簡単にイメージしながら理解できます!

 

 

仮想通貨購入におすすめの取引所

1位:Coincheck(コインチェック)

coincheck コインチェック

*仮想通貨交換業者登録番号 関東財務局長 第00014号

Coincheckの特徴
  • 人気もブランド力も圧倒的No.1!
  • 取引手数料無料
  • マネックス(東証一部上場)傘下の信頼性
  • 登録必須の殿堂入り取引所

 

\仮想通貨を始めるなら!/

Coincheckで無料で会員登録!

Coincheck公式サイトはこちら

Coincheck」は2012年に設立された超老舗の仮想通貨取引所です。

圧倒的な使いやすさが特徴で、アプリは230万ダウンロード以上と日本一!

当サイトでの人気ランキング1位・初心者登録数1位・信頼性の高い取引所ランキング1位など多くのランキングを独占しています!

登録から購入まで驚くほど簡単で、登録して入金さえしてしまえば最短10秒で仮想通貨が購入できます

さらに国内最多10種類の仮想通貨を取引可能!

仮想通貨取引をするならまず登録必須の取引所です。

Coincheckの登録方法こちら

Coincheckの評価項目

入金手数料 無料
出金手数料 400円
送金手数料 0.001 BTC
販売所の手数料 無料
取引所の手数料 無料
レバレッジ手数料 建玉ごとに0.04%/日

Coincheckは取引手数料がすべて無料です。

そのため仮想通貨の売買で手数料がかかることはありません。

販売所の手数料が無料の取引所は多いですが、販売所・取引所の両方で手数料が無料の取引所は大変珍しいです!

ハッキング事件により新規口座開設を停止していたcoincheckが一部サービスを開始いたしました!そんなcoincheckの手数料は?安く抑えるためのポイントを解説していくとともに、他取引所との比較もしました!

 

Coincheckの対応通貨は、国内最多の10種類
国内の他では買えない通貨もあり

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)

Coincheckの取り扱い通貨は10種類と日本トップクラスに多く、ここでしか買えない仮想通貨も数多く存在します。

特にリスク・ファクトム・ネムは他に取り扱っている取引所が非常に少ないです。

アルトコインは急な値上がりがしやすく、すぐに対応するためにCoincheckへの登録をおすすめします。

Coincheck(コインチェック)の取り扱い通貨は9種類あります。この記事では、取引所を選ぶ上で気になる取り扱い通貨について、それぞれの通貨の特徴や将来性についても詳しく解説しています!

 

Coincheckは最も使い勝手のいい取引所として有名です。

特にスマホアプリが優れており、ダウンロード数は230万以上と仮想通貨取引所としては日本一です。

また「スマホから10秒で買える」ほど、操作に迷うことはありません。

さらに、ビットコインをはじめ10種類の仮想通貨の価格をアプリを起動せずに簡単に確認できるウィジェット機能も搭載!

他の取引所にはない優れたウィジェット機能のおかげで、急な価格変動にもすぐに対応できます!

もちろん、本格取引に向いた取引画面も充実しており、上級者でも満足できます。

現在Coincheckの親会社は東証一部上場のマネックスグループで、信頼性は抜群です。

日本最大級の『マネックス証券』を運営するノウハウが生かされています。

また、大企業ならではのトラブル対応能力も期待できます。

Coincheckといえば、2018年のNEM流出事件です。

これはハッキングによるもので、その当時のセキュリティ不足が原因です。

しかしその後、マネックスの子会社となり、流出被害も補填されました。

セキュリティの大きな強化が行われ、2019年1月には金融庁の認可も受けています。

 

\最短5分で口座開設!/

Coincheckで無料で会員登録!

Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckについて”あわせて読みたい”おすすめ記事!

Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるよう、セキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の登録方法や日本円の入金方法なども解説しています。
 

2位:DMM Bitcoin

dmmbitcoin dmmビットコイン

*仮想通貨交換業者登録番号 関東財務局長 第00010号

DMM Bitcoinの特徴
  • 現物手数料はすべて無料!
  • リップルのレバレッジ取引ができる!
  • 新規口座開設するだけで1000円プレゼント!

ビットコイン買うなら!

DMM Bitcoinの口座開設をする(無料)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイトはこちら

DMM Bitcoin」は、FX口座登録数世界一を誇るDMMグループが運営する取引所で、アルトコインのレバレッジ取引ができるのが特徴です。

最大4倍のレバレッジをかけて、リップルやネムなども含む7種類もの通貨の取引も行うことができます。

 

さらにDMM Bitcoinは、コインオタクから登録した方のみ、最大1万円がキャッシュバックされるキャンペーン実施中です!!!

DMM Bitcoinキャンペーン

無料の口座開設などの条件を満たせば、キャッシュバックを受けられます。

↓↓↓Dmm Bitcoinの口座開設方法はこちら!↓↓↓

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の仮想通貨取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。
 

DMM Bitcoinの評価項目

入金手数料 無料(銀行手数料は負担)
出金手数料 無料
取引手数料 無料
送金手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04% / 日 

DMM Bitcoinでは現物取引にかかる手数料は基本すべて無料です

一方でスプレッドは多少広く、販売所としての機能しかないため注意が必要です。

DMM Bitcoinの各種手数料については以下の記事をご覧ください。

DMM Bitcoinって手数料が安いと無条件に思い込んでませんか?実は思っているほど超お得でもないかもしれません!入金・出金手数料は?公式ページでは絶対に明かされない知らぬ間に徴収されている手数料をコインオタクが教えます!

 

FXの口座数日本一のDMM FXを抱える大企業が運営する取引所であるため、取引に関する実績とノウハウを持っています。

そのためかなり信頼度の高いサーバー強度を誇っています

ただし、メンテナンスが行われている毎週水曜日の12:00~18:00は取引が行えないので注意が必要です。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨は以下の7種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)

DMM Bitcoinは取り扱い通貨数は7種類と国内でもトップクラスです

ただ現物取引が可能なのはビットコイン、リップル、イーサリアムのみなので注意が必要です。他のアルトコインはすべてレバレッジ取引となるので、長期の保有には向きません。

各通貨の特徴や将来性については以下の記事をご覧ください。

 「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)での取り扱い通貨にはどんなものがあるんだろうか?」なんて考えてはいませんか?実際どんな通貨が扱われているかを知るのは、口座開設するかどうかの大切な判断基準ですよね。この記事では、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取り扱い通貨の種類について解説します!また、それぞれの仮想通貨の特徴や将来性ついて詳しく解説していき、コインオタク編集部が選ぶDMM Bitcoin(DMMビットコイン)で取引することをおすすめする仮想通貨もピックアップしました!この記事を読めば、どのような人にDMM Bitcoinが向いているのかがわかります!この記事の要約DMM Bitcoinの取り扱い通貨数は全部で7種類!すべての通貨でレバレッジ取引可能!アルトコインのレバレッジ取引する人向きの取引所!現物取引可能通貨はビットコインとイーサリアムのみ!また、もしここまで読んでDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口座開設をしてみたいと思った方は登録は簡単にできますのでぜひやってみてください。アルトコインのレバレッジ取引をする人には非常おすすめできる取引所になっています!DMM Bitcoinで口座開設をする!目次【簡単におさらい】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とはDMM Bitcoinの取り扱い通貨・アルトコイン全7銘柄一覧DMMビットコインで購入可能銘柄の特徴と今後を分析!DMM Bitcoinで取引すべきオススメの仮想通貨!!取り扱い通貨数で他の取引所と比較!DMMビットコイン内の日本円で取引可能な仮想通貨一覧DMM Bitcoinの取り扱い通貨まとめ【簡単におさらい】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とはDMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは、株式会社DMM.comによって2018年1月10日に設立された非常に新しい仮想通貨取引所です。その特徴は取り扱い仮想通貨7種類すべてでレバレッジ取引が可能!ここでしかレバレッジ取引ができないアルトコインが豊富!入金出金取引手数料のすべてが無料!運営母体である株式会社DMM

 

DMM Bitcoinは映像・ゲーム事業などで有名な大企業「DMM.com」が運営しています

また土日祝含む365日のLINEでのカスタマーサポートも強い安心感の理由となっています。

仮想通貨交換業者として金融庁の認可も得ています。

*仮想通貨交換業者登録番号 関東財務局長 第00010号

DMm Bitcoinのチャートではトレードに必須なテクニカル指標を利用でき、使いやすさと見やすさに定評があります。

DMM Bitcoinチャート

また、無料スマホアプリでも高レベルのテクニカル分析をすることができるため、ユーザーの人気もかなり高いです。

DMM Bitcoinのアプリ

DMM Bitcoinの取引画面やスマホアプリの使い方はこちらの記事をご覧ください。

「新しく出来たDMM Bitcoin、気になるけどイマイチ使い方が分からない。。どうやって使えばいいの?」そのように考えている方も少なくないと思います。新しく出来た取引所ということもあって情報量が少ないし、これさえ見ればDMM Bitcoinの使い方がわかる!そんなサイトがあれば良いですよね。そこで!今回コインオタクではDMM BItcoinの使い方を画像付きでまとめてみました。この記事ではDMM Bitcoinの特徴を今一度おさらいし、初心者上級者問わず誰もがDMM Bitcoinを満足して使えるようにその使い方を紹介します!この記事を読んでDMM Bitcoinで取引を始めましょう!目次DMM Bitcoinの基本情報をおさらいDMM Bitcoinでの二つの取引方法を知っておこうDMM Bitcoinの口座開設と本人確認をするDMM Bitcoinで入出金を行う パソコンでDMM Bitcoinを利用しよう スマホアプリからDMM Bitcoinを利用しようDMM Bitcoin使い方まとめDMM Bitcoinの基本情報をおさらいDMM Bitcoinの特徴まとめ運営会社は十分な知名度と実績を誇っており取引所の信頼度は国内随一!レバレッジ取引ができるアルトコインのペア数は国内最多!手数料は基本的に無料!ただしスプレッドが広いことに注意!DMM Bitcoinは2018年1月にオープンした新規の仮想通貨取引所です。設立からの月日は浅いですが、Webサービスにおける超大手企業のDMMグループが運営しているということで今最も注目の取引所の一つとなっています。 DMM Bitcoinが提供するサービスの中で最も特徴的なのはアルトコインでレバレッジ取引ができる点です。国内でレバレッジ取引きができる取引所は数多くあるものの、そのほとんどがBTCのみの対応となっています。それに対してDMM

 

使いやすいアプリなら!

DMM Bitcoinで無料会員登録!

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinについてあわせて読みたいおすすめ記事!

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の仮想通貨取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。
 

3位:BitMEX(ビットメックス)

bitmex ビットメックス

BitMEXの特徴
  • レバレッジ最大100倍
  • 世界最大級の取引所
  • アルトコインFXも人気
  • 日本語対応で安心

みんな登録している!

BitMEXで無料で会員登録!

BitMEX公式サイトはこちら

BitMEX(ビットメックス)は海外に拠点を置く世界最大級の仮想通貨デリバティブ取引所です。

海外取引所であるため、金融庁の規制対象外であり100倍のレバレッジ取引をすることができます!

国内取引所は2019年からレバレッジ4倍規制が予定されているので、BitMEXの優位性が高くなります。

コインオタクからBitMEXに登録すると、半年間手数料が10%オフになります!

BitMEXの登録方法はこちら

BitMEX(ビットメックス)の評価項目

入金手数料 無料
出金手数料 0.0002BTC〜
取引手数料 -0.05~0.25%
Funding手数料 -0.375~0.375%

BitMEXの取引手数料は少し複雑ですが、理解すれば国内の販売所よりも安くお得に取引することができます。

BitMEXの手数料はこちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

BitMEXは追証なしで100倍までレバレッジをかけられる取引所として有名です。とはいえ、手数料がとても複雑で、「儲けたつもりが、手数料込みで考えると損していた!」そんなことを防ぐために、手数料について完璧に理解しましょう。
 

BitMEXは海外の取引所なので最大100倍のレバレッジをかけて取引できます。

国内取引所は2019年から規制によって4倍が上限となっているので、より大きな利益を狙うことができます。

またBitMEXは世界のビットコインの取引高の約20%を占めるビットコイン取引高世界一の取引所です。

BitMEXの取り扱い通貨は以下の8種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • エイダコイン(ADA)
  • イオス(EOS)
  • トロン(TRX)

ビットコインは100倍、他のアルトコインは20〜50倍のレバレッジをかけて取引が可能です。

ただし証拠金のBTC以外、送金はできないので注意が必要です。

BitMEXは日本の金融庁の認可は受けていないので、不安に思うかもしれません。

しかし、長い間世界最大の取引所であり続けており、世界中の人々が使っているにも関わらず、今までハッキングなど大きな問題を起こしたことがないので、とても安心できる取引所だと思います。

顧客資産は全てコールドウォレットで管理され、1日1回しか出金が出来ない仕様にもなっており、そのセキュリティは世界的にも認められています。

通常の取引所ではサーバーのエラーなどでロスカットが遅れ、証拠金を超える損失が生まれた際には、損失を補填する「追加証拠金(追証)」が請求されます。

高いレバレッジをかけていると、この追証が莫大な額になって、返せない場合大量の借金を追ってしまいます。

しかし、BitMEXでは損失がでた場合でも追加証拠金が発生しないため、元手がゼロになることはあっても借金が発生することはありません。

BitMEXの公式ホームページにおいても借金が発生しないことが明言されているので、高いレバレッジ倍率でも安心して取引することができます。

Q 破産する可能性はありますか?
A いいえ。弊社の証拠金・清算プロセスは、BitMEX でのトレーダーの証拠金残高がゼロ未満になるのを確実に回避するように、巧妙に設計されています。

Source: BitMEX公式ホームページ

最短1分で登録完了!

BitMEXで無料で会員登録!

BitMEXの公式サイトはこちら

BitMEXについて”あわせて読みたい”おすすめ記事!  

ビットメックス(BitMEX)は、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。目玉のレバレッジはなんと最高100倍!しかも日本語対応!そんなBitMEXの取引方法やレバレッジのせ設定方法まで、使い方をコインオタクがわかりやすく解説します。
 

仮想通貨の購入方法 まとめ

仮想通貨の購入方法まとめ
  • 仮想通貨の購入は、少額から簡単にできる
  • 取引所は複数登録しよう
  • 購入・売却の手順も難しくない
  • リスクもあるので、注意して取引しよう
コインチェックのバナー

Coincheckの無料登録はこちらから